晴れのちトキドキ曇り。。☆ Part2

書きたくなった時に気ままに思いをつらつらと…。

モヤモヤ、イライラするのは……

久々にメンタル系?の記事を書いてみようかと。。。

私自身が
関わっていてモヤモヤ、イライラする人がいます。
また、他人とトラブルを起こしがちな人がいます。

そういう人に共通していることがあるかも…と
最近思ったことを書いてみたいと思います。

大雑把に言ってしまうと、
自分が動かずに、周りを動かそうとする傾向があるなということ。
それは自分の身体を使わなかったり、
使えなかったりするからというのもあるかな…と思うのです。
こちらが知らないだけで、
目に見えない障害がある方も中にはいらっしゃるかもしれませんが。

「 聞く 」 と 「 聴く 」
「 見る 」 と 「 視る 」

どちらも 「 みる 」 だし、どちらも 「 きく 」 です。
人の話をちゃんと 「 きく 」 という時は
後者を使うことがふさわしいと言われますね。
「 みる 」 は、明確には区別されないようですが
後者の場合、注視する・凝視するという熟語もあるように
より注意して視線を注ぐ、といった意味合いで使われることが多いようです。

なぜ、聴くと視るを例に挙げたかというと、
先に書いた
私がモヤモヤ、イライラしやすい人、
他人とトラブルを起こしがちな人に共通することの1つだと思ったからです。

障害がなければ
目も耳も使うことができて、見えるし、聞こえます。
見えるのに視ていない、聞こえるのに聴いていないと感じることが多く、
ちゃんとみた?
ちゃんときいた?
と問いたくなるのです。
見えると視るを混同していたり、
聞こえると聴くを混同していることが少なくないように感じます。

その人に何らかのしみ込んだ 「思い込み 」 がある場合、
視るや聴くを放棄してる?ようにさえ感じることもあります。

人はもともと備わっている、
見える機能、聞こえる機能を使いながら
視て、聴いて、受動性から能動性へと、
受動的であったり能動的であったり選ぶことができるようにと
成長していくものなのではないかなぁと思うのです。
子どもは親を見て、親から聞き、
親以外の人と出会うにつれ、
視ることや聴くことを育てていくのだと思うのです。
また、そういう機会が増えることで
自分が親以外にも、様々な人から支えられていることに
気づいていくのではないかなぁと思うのです。

視る、聴くというのは
知るということとの繋がりも大きいのではないかなぁ。

大人である私の周囲にいるのは大人がほとんどです。
視よう、聴こうということを普通にしている方には
私はあまり、モヤモヤしたりイライラしたりしていない気がします。
イラッとか、モヤッとか、瞬間的なものは当然ありますけど
私がモヤモヤしたりイライラしたりするのは、
その相手の中にあるモヤモヤしたりイライラしたりしている感情が
感染するからなのかもしれません。

視て、聴く機会が増えるほどに
見える範囲も広がります。
視野が広くなります。
よく見えれば、つまづいて転んで大けがをすることも少なくなります。
そういう実感を重ねている人は
危険を回避することに必死でもないから、
ゆとりがあるし、自然に周囲を思いやる気持ちを持っているように感じます。

視て、聴くということをしないで年齢だけ重ねると
見える範囲が狭く、不安ではないでしょうか。
モヤモヤしたり、イライラしたりすることも少なくないのではないでしょうか。
年齢を重ねていくほど、周囲との差を感じて
見えない自分と向き合うことがしんどくなるのではないかとも思います。
視る、聴くことに取り組まず
周囲を操作しようとしたり、
攻撃したりして自分の身を守ろうとすることもあるのではないかと思います。

今回の記事は、障害のある方のことは考えずに書いたのですが
注意深く視ることや聴くことが苦手だといわれる障害があります。
注意深く視られなくなる、聴くことができなくなることは
ゆとりがなくなれば誰にでもありうるし、
成長の過程でその部分を意識して過ごしてきた人も少なくないと思います。
障害のある方のことを説明するときに
今回記事にしたことを思い出すことは役に立つかもしれないな…と
思ったりもしました。



自家製 ピーナッツバター

ピーナッツバター の写真、
  お味噌みたいな色ですが
  ピーナッツバターです
  地元の農協市場に
  フラッと寄ったら生落花生を発見。
  私、食べたことなかったのです。
  生落花生。
  どうやって食べるのか
  スマホでその場で検索すると
  ピーナッツバターが作れると。
  おぉっ!やってみたい~
  となり即買い

作り方をネットで調べると様々だったので迷いましたが、
でも、けっこうテキトーでもなんとかなるみたい。 ( ←ホントか?(笑) )
気にしたのはどのように、どのくらいローストするかというところくらいかなぁ。
私はそのままピーナッツとして食べてもいいかなと思って
ビニール袋に入ったものを2袋購入しました。( 合計700円分くらい )
グラムも量っていません

私は、殻ごとオーブンで焼く方法を選択。
2日、外に干すというレシピを見たのですが、
私は外に干したのは半日程度。
あとは、部屋の中にやる気が出るまで干してました
2~3日部屋に干してたんじゃないでしょうか。

オーブンの天板に重ならないように並べて160度で40分、
様子をみながら焼きました。
真っ黒になると怖いので、だいたい時間通りにオーブンから出して
殻をむいてみたのですが、ほとんどのピーナッツがナマっぽく…。
我が家のオーブンは古いのでレシピどおりにはいかなかった模様。
買ってきた落花生はちょうど天板2枚分くらいでした。
とりあえず、その温度と時間で全て焼いてしまい、
取り出したピーナッツをあらためてまた180度で10分くらい焼きました。

焼いたものの薄皮を取ると、中のピーナッツはちょっと茶色っぽくて
市販のおつまみのところで売ってるような白い色ではなかったけれど
生っぽくはなかったので、よしとすることにしました。

ピーナッツバター全ての薄皮を取って、ミルサーに投入。
少しずつ回すのですが、
油が出てあっという間に回らなくなります。

そうなったらすり鉢へ移動。   
全部すり鉢に入ったら
ピーナッツのツブツブをひたすらすり潰します。
だんだん油が出てきて、
右の写真のようになってきます。
ここまでの状態になるのに、
けっこうな時間がかかりました。

まだボソボソしそうだな、、、
滑らかじゃないな、、、とか、確認しつつ
テレビを見ながらゴリゴリ…ゴリゴリ………。
1時間くらい擂ってたかも

ピーナッツバター  滑らかになったら別の器に移して、
   バターを投入。
  バターは冷蔵庫から出しておいて
  やわらかくなったものを投入。
  グラムはだいたいで
  30gくらいかなぁ…。
  バターは加塩のものを使いました。
  バターを入れると、更に滑らかになって
  パンに塗れそう感がUPしました
  甘みは、メープルシロップで。
  入れては、味をみるって感じで
  これもテキトー

すぐに食べる分を小さな容器に移して、ラップをして冷蔵庫へ。
残った分はジップロックに薄く伸ばして入れて
冷凍庫に入れました。
冷凍した分はまだ食べてないので、どんなふうになるのか謎ですけど
酸化しやすいらしいので、冷凍してみました。

翌日、パンに塗って食べてみましたが、
ちゃんとそれっぽく仕上がっていて感動しました。
美味しかったです
でも、ちょっと硬かったかも。
冷蔵庫に入れておいたら、冷えてだいぶ固まっていました。
一番最初にのせた写真がそれですが、作りたてとだいぶ違うでしょう?
( 色は光の加減で、なぜか3枚とも違う色に写りました… )
もう少し、甘みがあっても良かったかなとも思いました。
そのまま食べるのと、パンに塗るのとでは感じ方も変わりました。
出来上がったものに、生クリームをプラスしても美味しそうな気もします。
カロリーUPしちゃうけど。。。

作った日の翌日は
特に朝方、布団の中で手が痛くてダルくて…。
伸ばしても曲げても辛くて手の置き場に困りました
すりこ木作業は、しばらく封印したい…

落花生が買える時期も限られているので
買ってピーナッツの状態にしておくといいかなぁと
思っています。

美味しかったから~


  

ミュージカル 『 マディソン郡の橋 』 ビジュアル解禁~

来年、2018年3月2日から始まる ( プレビュー公演は2月24日~26日 )

ミュージカル 『 マディソン郡の橋 』

    
プロモーション映像が公開 されました。

ちょっとちょっとー!!なんてカッコイイの~山口さん!!
と動画を見て心躍った私。
奇跡の61歳っ
素敵すぎるー!!!
若くてビックリしました。カメラを持つ手もステキ
涼風さんもキレイです。こちらも驚きの57歳。。。
二人ともウツクシすぎです
つい、何度もクリックして見てしまふ~。。。

マディソン郡の橋というタイトルと、不倫のお話ということだけしか知らなかった私。
この動画をきっかけにあらすじなんかをネットで検索してみたのですが
不倫だけど、
全然ドロドロしている系ではないのね…とわかりました
また、韓国版のミュージカルを観に行かれた方のブログも読んでみたのですが
それを読んでいるだけで
これはきっと泣くな…と容易に想像できた ( 笑 )
その文章を
山口さんバージョンで想像するだけでヤバかったから ( 笑 )
涼風さんが涙する姿は貴婦人の訪問で見ているので
なんとなくどんな雰囲気になるのかも想像できたりします。
今度の山口さんは、
貴婦人の時のキャラに比べるとだいぶ素敵になる予感。。。

これは超、楽しみ
私はたぶん、大阪公演しか行けないけど
何回か観たいなぁと思っています。



自家製麹で手作り味噌 ( 2016年11月末仕込み )

昨年の秋、赤味噌を作ってみたくて初めて豆麹を作りました。
味噌作り4年目にして、麹からやれたら…という気がムクムクと ( 笑 )
自分で作れたら安上がりかも なんて思いもあったのですけど。
豆麹づくりの様子は以下 です。
  生き物は簡単じゃなぁ~いっ
  緑だー!! \(*^。^*)/

お味噌を仕込むのは真冬が適しています。
麹は、作ったのが秋だったので、まだ仕込むには早いかな…と思い
冷凍庫に保存していました。
でも、いつもの大豆や糀をそろそろ注文しなきゃと思う頃、
甕も空けなきゃな…と思い、
その中のお味噌を冷凍庫に移動させることにしました。
冷凍庫のスペースが足りないため、
早いけど、結局11月末頃に仕込むことに。。。

豆麹で作る味噌の作り方はネットで探してもあまり多くヒットしませんでした。
その中で私が参考にしたのは
コチラです
  『 手作り赤味噌(豆味噌) 』
  『 2014 味噌仕込み 』

作り方は、クックパッドの方のやり方で。
しかし、冷凍庫から出した豆麹が解凍されないうちに作業したため
触るのが超冷たいわ、余分な水分が出て丸めた味噌玉は
ベチャベチャになるわで、同じようには作れませんでした。

プラスチックのバケツで作っていたので、外側からうっすら中の様子が見えます。
仕込んでからしばらくは外から様子を見まもっていたのですが、
だんだん気泡のようなものがたくさん見えるようになってきました。
わいてる??ガスがたまってる??
と心配になり…。

春にどんな感じか恐る恐る開けてみることにしました。
すると…
納豆臭い……
おまけに混ぜてみるとネバネバと糸を引く……
めっちゃ失敗の予感……
しかし、捨てることができないあきらめの悪いワタクシ
もうちょっと様子を見ることにしたのです。
蓋を閉める前に、味噌の表面に豆麹のモトである、豆麹用種麹を撒いてみました。
大豆のツブツブもまだたくさんあったので
ここでまた新たに麹が増えて納豆菌が負けてくれることを願いました。

そして約10ヵ月後の秋の今日、だいぶ涼しくなったので
再び蓋を開けてみることにしました。

恐る恐る開けてみると、フチには白と青のカビが……。
ニオイをかぐと、ん?納豆臭くはない?という感じ。
でも、いい香りでもなくない?という感じ。
カビをとって上の方を少し削ると、中からわりと普通っぽいお味噌が出てきました。
家人に 「 納豆臭い? 」 と尋ねると、「 いいにおい 」 と。
そうかぁ?と信じられないワタクシ
納豆臭を探してしまうワタクシ
またまた恐る恐る少し味見をすると、やはり納豆っぽくはない感じ。
味も悪くない感じ。
試しに今夜のお味噌汁に使ってみることにしました。

そしていざ、恐々実食……
…………。
臭くないー!!!
普通にお味噌汁だー!!!
捨てなくて良かったー!!!

どうやら、納豆菌に勝利したもよう?

ただ、赤味噌という感じはあまりしませんでした。
豆味噌は2~3年くらい熟成させるもののようなので、
今の時期に食べるのはまだ早く、
また、ラップとオモシをして熟成モードに戻しました。
その際、また頑張っておくれ  と種麹をふりかけておきました。
↑まだ納豆菌がシンパイなワタクシ

あ、材料は……
 乾燥大豆  1290g ( 残り物を使ったので中途半端
 豆麹     1900g ( これも仕上がりがこの量だったので )
 塩       652g
                 です。

カビを取って、表面を削ったあと姿を現した豆味噌 いきいきペールで作ってます
( 黒いのは昆布です。古い大豆だったので硬くて粒が所々に残ってます )
        味噌(豆麹)

昨年、豆麹を作った後
前に失敗した米糀づくりのリベンジがしたくなり、
豆麹と同じ道具で、米糀も作ったんです。
また失敗するかもと思い、お米は古米を使用。
仕上がりは以前失敗した時よりちょっと良さげでした
その際撮った写真です
 米糀 米糀 米糀

この米糀も、ダメモトで仕込んでみることにしました。
時期は上の豆味噌と同じ頃。
こちらも別のいきいきペールで。
 乾燥大豆 1000g ( 残っていた古めの大豆 )
 米糀    1400g ( 古米で作った米糀全部 )
 塩      542g  ( とみしろ塩&シママース ← これも残り物 )  

こちらも、豆味噌と同じ日にオープン。( 春は開けていません )
ちょっとこちらもフチがカビていましたが
そこを削り取り、表面を取り除くと出てきたのがコチラ
      味噌(米糀)

なんか、大丈夫そうでした
ちょっと味見をすると、甘めな感じ。
いつもは大豆と糀を1:1にしますが、今回は糀が多めだからかもしれません。
こちらの米味噌は10ヵ月経ったのでもう食べてもいい頃なので
これから使っていく予定。

豆味噌の方は、納豆菌は無事そうですがまだまだ安心できない私です。
ドキドキしながら出来上がりを待ちたいと思います。

自家製の麹は買うよりお値打ちだけど
ちゃんと仕上がるか安心できません
家で培養するので、他の菌も一緒に増やしてしまっていないかと
心配なんですよね。
今回は、残り物で作ったので失敗してもまだ諦めがつくのですが
有機の大豆とか思い切って実験はなかなか…

何回か作ると自信もてきるのかもしれないですけどねー。
今後はどうしようかなぁー。


心屋さんのところのホームページに載っていないこと

こちらに何度かコメントを下さった re810 さんが
心屋さんのところへ疑問に感じていたことを問い合わせされ、
同じように疑問に思われる方がいらっしゃるかもということで
こちらにコメントの形で書き込んで下さいました。

こちらの記事のコメント欄に書いて下さいました。
  わかりにくい… (^_^;) ( 心屋さんの責任はどこまで? )

今回、こちらに書いて下さったのは
マスターコースに関連したことのみですが
講師の方がカウンセラーとしての資質があるかどうかということは
やはりあまり考慮されていない感じですね。
受講料の設定の理由が、私には意味がよくわかりませんでした。
心屋さんがよく言われる、存在給的なものでしょうか…。
こういうのを、消費生活センターに相談すると
どういう回答をしてくれるのかなと、思ったりします。
相談しませんが (^_^;)

今回、この記事を書くにあたって確認したいことがあり
心屋さんのところのホームページを見に行ったのですが
よくある質問の一つ一つがクリックしても開きませんでした。
どうしたんだ??と思い、他のところも見てみたのですが
表記が変更されていました。
マスターコースの後に、
カウンセラー養成コース という文字が新たに加わっています。
講師の方はカウンセラーとして資質があるかどうか
あまり考慮されていないのでは?? (^_^;)
そのように心屋さんは回答されたのでは?? (^_^;)
それなのに、カウンセラーを養成するコースだという言葉を
わざわざ新たに加えたっていうのは…。
意味不明です…。

よくある質問の一つ一つが開かないのは、
書き換えの途中なのかもしれません。

re810 さんがこちらに寄せて下さったコメントは
全てではないかもしれませんし、
質問の内容もマスターコースに関することのみです。
受講を検討中の方は、
くれぐれも、わからないこと、心配なことはご自身で確認の上
ご判断くださいね。

***** 関 連 記 事 *************
・わかりにくい… (^_^;) ( 心屋さんの責任はどこまで? )
・心屋流を利用する ( セルフヘルプの一方策として )
・カウンセラーの選び方… ( 私の場合 )< その1 >
・カウンセラーの選び方… ( 私の場合 )< その2>
・愛情を感じる?
・心屋仁之助さんが気持ち悪いわけ
・カテゴリの編集をしました
・ナイナイアンサーの心屋さん < その1 >
・ナイナイアンサーの心屋さん < その2 >


 | HOME |  »

☆ calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

☆ Monthly

  

☆ Categories

☆ BlogPet

☆ Recent Entries

☆ Recent Comments

☆ Recent Trackbacks

☆ Author

papierluftballon

papierluftballon

 心の持ち方や行動の仕方と
 体調の関係、
 体つきや動作と心の関係…。
 自分なりの
 こたえを見つけることが
 最近のテーマ?な感じ。。
 

FC2Ad