晴れのちトキドキ曇り。。☆ Part2

書きたくなった時に気ままに思いをつらつらと…。

疲れる…

ひさびさにメンタル系グチ記事 ( 恐らく… ) を書こうと思います。
ここのところずーっとガーデニング blog と化していたしー。

思ったことをまとめて出すので、長くなりますが

鍼灸の学校を卒業して3年目。
卒業してからほぼ毎週通っている鍼の勉強会。
それを主催している先生に対するモヤモヤがなくなりませんっっ!!
ここにも何度か記事を書いてきたんですが、最近なんだか超疲れるカンジ!!!
なのです…。はぁ~~… 

そこに参加しているメンバーは、
先生のことをすっごく尊敬していて、崇拝している感じの人も少なくありません。
モヤモヤしている私がおかしいのか??と不安になります

前にも書きましたが、先生は人の話をあまり聴きません。
患者さんの話も聞いて振り回されるな、聞いているふりをすればよい
というようなことを言ったり、
自分の症状を延々と訴える患者さんのことを困った患者さんのように言ったり…。
先生一人がそう思うのなら別にいいんですが、
それを他のメンバーに指導者的な立場から伝えるし、
笑いながら言うから、ちょっとバカにしているようにも感じられるし
もう、そんな時はモヤモヤ感はピークです
先生の対処が悪いんじゃん!!
患者さんの不安を感じ取ってあげんからでしょ!!
なんでそんなふうに受け止めるのかわからん!!
相手を悪者にすんな!!
と言いたい気持ちになるのですが、言えません…
先生は、" 聴かない " ではなくて
たぶん " 聴けない " のだと思うのです…。

先生は " 聴かない " やり方で作り上げてきた人間観、治療観、勉強法。
私は " 聴くことをもっとも大事にして " 作り上げてきた人間観、治療観、勉強法。
全然違うんですよね…。
私は生き生きとした人間関係のやりとりから学びたいと思うけれど、
先生は本がもっとも大事。
先生が、〇〇すべきというようなことを話すと、私には合わないので
それを聞き流さないといけないんですが、その作業がとっても疲れるのです…
メンバーの誰かに同意を求めたりするんですよね…。
「 でしょ? 」 みたいに…。
「 そうですね! 」 みたいに同意する人が少なくないのでよけいに疲れるのです…

それから、最近気づいたのですが
私は " 嬉しい " を軸に生きている人が好きらしいのです。
私もたぶん " 嬉しい " を軸に生きています。
" 楽しむ " ことは大事だし、
楽しめない人にはあまり魅力を感じません。
でも " 楽しい " を軸に生きている人はあまり好きじゃないらしいのです。

この話を、治療をしてもらっている鍼の先生に話したら
「 それ ( 嬉しい ) って私よ 」 と。
そうそうって私も思いました。
だから私は先生を選んでいるのだと思います。

勉強会の先生は、
鍼が 「 楽しくて仕方ない 」 ということをよく言われます。
楽しんで生きている人は好きなので、
初めの頃は 『 へー ( いいなぁ ) 』 と聴いていましたが
だんだん " 楽しい " が過ぎることにモヤモヤする自分が出てきました。
自分が楽しいということにばかり焦点があたってない?と。
嬉しいということも言われるのですが、それも楽しそうで、
嬉しそうには感じられないのです。

" 楽しい " を軸に生きている人は、
どこか他人の痛みに鈍感に見えてしまうのです。
ちょっと無神経に見えてしまうのです。
特に、辛くて治療に来ている患者さんの話をしている時に
その無神経さを感じてイラッとしてしまうのです…。
先生の鍼の楽しさは、辛い患者さんがいることとセットなんだけど!と…。

勉強会のメンバーは、その " 楽しむ " ことも上手ではなさそうな人が
多いように感じています。
純粋に先生の楽しんでいる感じに憧れているように私には見えます。
その中にいるとなんだかとってもアウェイ感……

先日は、勉強会のメンバーの一人 ( 女性 ) が
身内が病気で鍼の治療をしようか迷ってしまう、
怖いと感じてしまうという話をしました。



続きを読む »

カウンセラーの居る動画。。。

以前ここにチラッと書いたことがあるのですが
私は15年くらい前、心理学のセミナーに行っていました。
心に興味を持ち始めた頃、ちょうど良いタイミングでご縁があったので
行ってみることにしたのでした。

その時の講師の先生が林泰弘先生。
このセミナーの本拠地?は大阪。
代表の衛藤先生は当時もとても人気があったようですが、
私は林先生が好きでした。
衛藤先生は、研究の講座にいくつか来られたのですが
私にはちょっとテンポが速いことと、
テンションの高さが頑張りすぎ ( ワーカーホリック的? ) に
感じられてあまり魅力を感じませんでした。
実は今も、私は衛藤先生にあまり魅力を感じていません。
なんというか……、
アクセルを踏みっぱなしの感じが見ていてしんどいんです…。
気持ちが先走っていて、
言葉が追いついていないことがあるように見える時があって
却って人に伝わらないのでは…と思ったこともあります。

林先生は語り口がソフトで速くなく、笑顔が優しくて好きでした。
最初に出会ったのが林先生だったからかもしれませんけどね
衛藤先生に先に出会っていたら
もしかすると違った感想だったかも?しれません
( 林先生は現在はそこでの講師はされていません )

久しぶりに先生のブログにアクセスしたら
先生の出版した本と、動画のリンクがありました。
何年か前に、講座の再受講に出かけた時、
挨拶を交わしたことがあったのですが
昔とだいぶ雰囲気が変わっていて、
ちょっとした戸惑いを感じたことを覚えています。
なんというか…、純粋さ?素直さ?みたいなものが
表情から伝わりにくくなっているようなそんな感じ?
それを覆ってしまっているような感じ?
そんなふうに感じたかもしれません。

喋っている先生を見るのは超久しぶりだったので
とても楽しみに動画を見ました。

youtubeを張り付けるのがマイブームというわけではありませんが
この動画です。



この動画を見て、私以外の人はどんなことを感じるのかなぁと思いました。

私の感想は 「 続きを読む 」 以下に書きました。
もしよければ、
動画を見た方はご自分の感想と比べてみて下さい。
ついでに、感想をお聞かせいただけちゃったりしたら嬉しいです




続きを読む »

春休みです

広告が出現 → 消さなくてはっ
ってコトでがんばろう・・

日々、いろいろ感じることはあるのですが、なかなか書けずにいました。
喋る方がラクですね

ここのところずーっと
実は勉強会の先生にイライラ・モヤモヤしていました。
簡単に言うと、人の話を聴かないところ。
ものすごいマイペースで、
そこも魅力の一つと思われるところとも思うのですが
自分が患者の立場になった時や勉強の方向性について自分のペースを守りたい時
こちらの思いにきちんと耳を傾けてよ!と思っていました。
以前にも何度か違和感を記事の中で書いていますが( ココとかココとか )、
だんだん流せなくなっていたんです。

問診が雑!と。
カウンセリングというものが問診だけで成り立っているようなものだから
なおさらこんなふうに私は感じてしまうのかもしれませんが…。
「 患者さんの言うことはあてにならない 」 と勉強会で話され…。
だから私が患者として治療を受けに行った時もあんな感じだったんだ と。
確かにそういうこともあるとは思います。
でも、自分の聴き方をちゃんと振り返ってるの?患者さんのせいにしないでよ!
と思ってしまうのです。
『 うんうん。。。 』 と熱心にメモを取りながら聴いている
まだ学生の人がいるところでそんなふうに言わないでよ!
先生の影響大きいんだから!とも思ってしまうのです…。

ここのところは治療を受けに行くと、イライラしてしまうので
勉強会の参加だけにして、少し距離をとっていました。
治療に行っても症状も取れないし…。
定期的に治療に通っている先生の良さとありがたさを
今まで以上にヒシヒシと感じる今日この頃です
こちらに通っても症状が取れないのは変わらないのですが
聴いた上で対処してくれているのが感じられるので、
共同作業をしている感じがするというか、
自分本位にすすめられている感じがしないというか
とにかくすごくホッとします。

こんな感じでここ数か月過ごしていたのですが
先日の勉強会の時、先生が自分の過去の話をしたんです。
先生は治療の話をするつもりなので
ふつうに笑いながら話していたのですが
その中に、子どもの頃、辛い思いをしたのだな…
ということが感じられるエピソードがありました。
その頃はきっと
自然なコミュニケーションができていなかっただろうな…と。
私としては、ああそうか…と…。
人の話を聴けない理由が見えた気がしました…。
時々、ネガティブな発言をすることもきっと…。

そういうことがテーマの話ではなかったので、
先生と同じように笑いながら聴いている他のメンバーの中で
私だけ意味不明にウルウルしていました

過去にうまくいかなかったことに関しては、
今は全然能力が上がっているのは間違いないし先生自身もそう語っています。
鍼も特殊なやり方を究めているし、普通以上の技能も持っているのに…。
頭では理解できていても心がまだ恐れているのではないかと
いう気が私にはしたのです。
だから、相手の気持ちを聞き返せなかったり、確認できないのではないかと…。

どうしてこのケースの話ばかりするんだろう?
ケースの話がしたいのではなくて、先生自身の感情を語りたいのでは?
その遠回りな感じがいやらしいと感じることもありました。

あっけらかんとしているようで、ねじれている感じがしたり…。
根っこは同じところから来ているのではないかとこの頃思います。

同じ人間としてはせつないような感じもするのですが、
患者の立場に立つと、やはりいい気がしません。
治療者としての先輩、治療を学ぶ先生として見ると残念な気持ちがします。
患者さんの言うことがあてにならないと言うことは
患者さんの言うことはちゃんと聴くに値しないと言っていることと
大差ないと思うのですよね…。
いちばんあてにならないのは、先生の聴き方かもしれないのに。
そういう自覚をするだけで
言い方も態度も違うものになるんじゃないかと思うんですよね。

最近は接点を勉強会だけにしていても、
そこでの発言にモヤモヤモヤモヤ……

1.患者さんのための治療なのか
2.自分の研究のための治療なのか、
3.自己満足(自分自身の不安解消)のための治療なのかとか…。
この3つのバランスは難しいところかもしれませんが
先生の場合、3>2>1 のように思えて仕方ありません…。

いつも患者さんのためであれ!とは言わないけれど、
どんなに素晴らしい先生でも、
このバランスに関しては少なくとももがいていて欲しいなぁ
なんて私は思ってしまうのですよね。
私は患者の立場でもあるので、
研究のために治療をしたフリをするというような話を
フツーにされるのを聞けば 『 まじか!? 』 と思ってしまいます。

自分一人で自由気ままにやってきたがゆえに形作られた価値観もあって
" 誰かとともに " という視点にも欠けるし、
他の道を歩んできて別のスキルも持っている人に関心も示さない。
自分が否定されるような感じがしているの?というふうに見えることもありました。

それでも別に構わないのだけれど…、
自分と他人は違うということだけ、常に忘れないでほしいなと思うのです。
何年も臨床経験のある先生の発言は重いんですよね。
断言的に話されると不安になります。

取りにくいボールばかり投げられるし、
投げっぱなしで、こちらが受け取ったかも確かめようとしない。
うーん…、この行動がすでに相手のことを考えてないよね…。
相手から返ってくるボールを取るのが嫌だから
取れないボールを投げるんだろうか…。

超メンドクサイです
…自分の感情のコントロールが

見てるだけ?よ~く見ること?

お久しぶりです。

今日は、私もやや怪しい人の仲間入りかも?なお話を(笑)

自分で自分の身体を緩めてみたりしているのですけど、
人にもできるのかな??と思って、友だちに一度やらせてもらいました。
指を1本少しだけ引っ張って、
その余波?がその人の中でどう広がっていくか
意識でずっと追っていくんです。
友だちは凝ってて痛かったところが軽くなったと言うので
調子に乗って全部の指で同じことをやらせてもらいました。
指によって余波?の広がる部位が違う感じがするのです。

後日、彼女からその日はよく眠った。
ツキモノがとれたようだったと聞きました。

マジで??と信じられない気がしたのですが、
バイト先でもスタッフの人にさせてもらったりして、
やはり変化は出るらしいということが感じられ…。
今、余波がこの辺に行っているという私の感じと
相手の感覚とが一致したり。

最近は、バイト先でも、学校の治療所の実習の時にも
ちょっとだけ取り入れています。
硬いところを押さえてその余波?を感じて追う。
私は身体の中の動きを追っているんですけど、
受けている方は、意識を集中して身体の内側に向けなければ
身体の一部分を押さえられているだけにしか感じられない
ということの方が多いと思います。
痛キモチイイという感じも多分あまりないし、
『 何やってんの? 』 と思われちゃうので、ちょっとだけです。

妹のだんなさんに先日、3時間くらい、
しかも足だけさわって、その方法でやってみましたが、
終わったあと 「 姿勢が変わった!背が伸びた! 」 と妹がびっくり。
だんなさんも 「 軽くなった 」 と。
家に帰って身長を測ったら実際に1cmほど伸びていたそうです。
でも、どこかが緩むとしても少しずつしか緩まないので、
時間もかかって効率はあまりよくないんですよね。
もっといい方法がないかなぁと思っています。

自分で自分にやっている時も思うのですが、
動きを追っていくだけで、
動きを見ているだけで、
どうしてバランスが変化していくんだろう??と
不思議です。

心も、変えよう変えようと無理に頑張らなくても、
自分を知っているだけで、
自分をちゃんと見ているだけで、
自然に変化は起こるべく方向に起こっていく気がしています。

それと同じなのかなぁ。



続きを読む »

出た!!

現在も引き続き学校の先生のところに治療に行っております。
半年が過ぎました。おぉ!
学校の生徒は私だけでなく何人か来ているようです。
私の前に治療を受けていた人が出てきたのを見て、
あれ?見たことあるぞ?とか、
この前は、待合室で待っていると治療室の中から
聞いたことのある声が…。そして会話の内容から誰か確信。
出てきたのはクラスメイトでした
先生によると、
毎年1~2人はいるけど今年度はなぜか多いとのこと。

このごろの治療は、神社の話題も出ず 、非常にフツー。
鍼をされている最中は、何の感覚も感じないことが多いかなぁ。
手を使っているときの方が変化はわかりやすい気がしています。

最近は、治療の途中だったり、終わった後だったりに
大抵みずおち(みぞおち)の辺りが詰まるのです。
何回かそれを訴えたのですが、そのうち散っていくからと。
まあ、確かにずっと続くわけではなく、
日常生活の中では波があるのですけど。
先日は治療を始めてすぐに、またそこが詰まってきて
『 また…? 』 という感じ。
足の方から鍼をしていくんですけど、
刺激がそこでストップして上にあがっていけない感じなんですよね。
「 先生…、また詰まってきました… 」 と訴える私。

少しすると先生はスペースを出ていき、椅子を持って入ってきました。
『 ?? 』


続きを読む »

 | HOME |  »

☆ calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

☆ Monthly

  

☆ Categories

☆ BlogPet

☆ Recent Entries

☆ Recent Comments

☆ Recent Trackbacks

☆ Author

papierluftballon

papierluftballon

 心の持ち方や行動の仕方と
 体調の関係、
 体つきや動作と心の関係…。
 自分なりの
 こたえを見つけることが
 最近のテーマ?な感じ。。
 

FC2Ad