晴れのちトキドキ曇り。。☆ Part2

書きたくなった時に気ままに思いをつらつらと…。

あいづち

Dr.コトー、毎週楽しみに見ています。
ドラマを見ながら、以前にも何となく思っていたのですが
第5話の放送を見て更に思いが大きくなったというか、
印象に強く残ったというか。。
まとまるかどうかわかりませんが
( いつものごとく多分ムリだと思うけど(^_^;) )、
ちょっといろいろと思いつくままに書いてみたいと思います。

コトーを見ていて、感じていたんです。
このドラマでは、自分の思いなどをまっすぐに語り、
それを誰かが聴くということがわりあいとあるのですが、
聴いている人が、むやみにあいづちを打たない感じが
印象に残っていて、それが、なんかいいなぁ と。
どういう場面だったかとか、
聴いていたのが誰だったかというのは覚えていないんですけど、
ある時のコトーは確かにそうでした。

このことを書こうと思ったきっかけの第5話では、
剛利 ( 時任三郎 ) がコトーに、
剛洋 ( 時任三郎の息子役 ) が父の剛利に、
自分の思いを語ったのですが、それを聴いていたコトーも、
息子の話を聴いていた剛利も、
あいづちを一切 ( たぶん ) 打たなかったんですよね。
どちらもけっこう長い時間の語りでした。
剛利なんてコトーに 「 なぁ、先生 」 みたいに語りかけてから
話したりすることもあったのに、コトーは返事すらしないんです。
でもどちらも違和感がなくて。

私は仕事でもプライベートでも、
人の話を聴く時は結構あいづちを打つ方だと思うんですよね。
自然に、「 うんうん 」 言ってしまう方で。
だから、こんなにあいづちを打たなくても
話が聴けるんだなぁ。。みたいな?
それで、あいづちを打つということをまた考えてみたというか。。

あいづちを打つことは、
相手に " 聴いている " ということを伝えることができたり、
" 聴こうとしている態度や聴きたいという思い " を
伝えることができたり、
こちらの理解の度合いを伝えることができたりすると思うんですが、
( ※ この辺りから仕事のことを考えながら書いています )
あいづちを打つことのマイナス面もあるかもしれないなぁと
今回ちょっと思って。。
あいづちのマイナスって
今まで考えたことがなかったかもしれないなぁ、と。
ほとんど聴いていないのに、
「 ふんふん 」 なんていうのは勿論ペケだけど、
そうでなくてちゃんと聴いているとしても
あいづちのマイナス面もあるのではないかなぁと。


続きを読む »

 | HOME | 

☆ calendar

« | 2006-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

☆ Monthly

  

☆ Categories

☆ BlogPet

☆ Recent Entries

☆ Recent Comments

☆ Recent Trackbacks

☆ Author

papierluftballon

papierluftballon

 心の持ち方や行動の仕方と
 体調の関係、
 体つきや動作と心の関係…。
 自分なりの
 こたえを見つけることが
 最近のテーマ?な感じ。。
 

FC2Ad