晴れのちトキドキ曇り。。☆ Part2

書きたくなった時に気ままに思いをつらつらと…。

うまく繋がっていない…

全然まとまっていないのですが、書き始めてみようと思います。

心と身体をつなぐというか、
心から身体を見るというか、身体から心を見るというか。。。

自分の心が何を求めているのかとか、何を訴えているのかとか、
そういうものは感情をたよりにすることである程度わかります。

心が困っているとき、
「 わかったわかった。こうなんだね 」
って自分に言ってあげることもできます。
自分の心に寄り添って見守っていくということも
ある程度できます。

だけど、身体のそれというのが私にはほとんど掴めていないようで…。

身体が困っているとき、
同じような言葉を自分にかけることができていないのです。
できていなかったらしいのです。

先週、治療に行ったとき、先生と言葉を交わして
その日の帰りは珍しくテンションがダダ下がりになりました。

治療が終わっても相変わらず回ることに、焦りや不安を感じた私。
先生は少しずつ良くなっていると言うのですが、実感がありません。
治療中、身体の中のどこかに " 動き " を感じることはあるのですが
それがいい方向に動いているのかどうかということはわからなくて。
先生のことは好きなんですが、
言葉の使い方が違いすぎて理解できない部分も多く、
そして、見ているところが私と違うかもしれない?
と思ったりもするのですが、私には変化がよくわからないのです。

「 本当に大丈夫かな…?良くなる? 」
という類の不安を何度か口にした私に
「 自分の身体を信じてあげて。 」
と言った先生。
「 自分を信じてあげて 」という言葉は、
私がクライエントさんに対していつも願っていたことだし、
そういう言葉をかけたこともあります。
「 私も仕事をしていた時は、そう言っていたけど… 」 と私。
先生のことは、治療してくれる人というだけではなく、
同じ援助職の人というふうにも見えてしまうので
そういう言葉をかけたくなるのもわかるけれど…、でも……、
と私は思ってしまったんですよね。

その後、
「 大丈夫って言ってあげなきゃ 」
というようなことを帰り際に先生に言われて
途端にウルウルしてきた私…。
「 急にワケわかんないですよね
とちょっと焦りながら私が言うと
「 きっと、pさんの細胞が話を聞いていたんだわ 」 と先生
細胞が聞いていたとも言えるかもしれませんが
ウルウルには理由があったんです。



続きを読む »

 | HOME |  »

☆ calendar

« | 2010-04 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

☆ Monthly

  

☆ Categories

☆ BlogPet

☆ Recent Entries

☆ Recent Comments

☆ Recent Trackbacks

☆ Author

papierluftballon

papierluftballon

 心の持ち方や行動の仕方と
 体調の関係、
 体つきや動作と心の関係…。
 自分なりの
 こたえを見つけることが
 最近のテーマ?な感じ。。
 

FC2Ad