2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.04.16 (Mon)

またまたヨイトマケ(笑)

米良さんのヨイトマケの唄、
他の人はどう感じたんだろうなんて思って、
いろんなトコを回って見てみたのだけど感動した人がどうやら多そう。

あるところにYouTubeの、米良さんが以前に歌った時の映像が
リンクされていたので再度聴きに行ってみた。
ココ → http://www.youtube.com/watch?v=QK_kPgCuNpU
もう一回聴いてみたけど、やっぱりちょっとイマイチなカンジがした。
うまく言い表せないのだけど、バラバラな感じ?がするのよ。
歌い方はすごいし、部分部分に感情はこもっているのだけど、
まとまった " 人 " が浮かんでこない感じがするというか…。
そしたらそこに中村美律子のヨイトマケの唄もあったので、
そっちも聴いてみようかなと思って聴いてみた。
それは ココ → http://www.youtube.com/watch?v=TYaxv-Pwk_0&NR=1

この唄に出てくるのは " 僕 " なので、
女性の歌だと違和感あるかもなぁと思ったのだけど、
米良さんよりこっちの方がよかった。
昔の思いと今の思い(昔の僕と今の僕)が
ちゃんと繋がっている感じがした。
こちらも美輪さんとは違うけれど、違った形のまとまりがある感じがした。
" かあちゃん " の苦労を
子どもなりに受けとめてきた感じとか、
大人になった僕がかあちゃんを誇らしく思う気持ちとか、
かあちゃんに対して感謝してる気持ちとか、
そんなものが伝わってくる気がした。
こちらからは美輪さんのを聴いたときのような、
怒りとかやりきれなさとかはほとんど感じられなかった。

YouTubeにはなぎら建壱と泉谷しげるのもあるみたい。
この際だから、こちらも今度聴いてみたい。

今日は遅いので、もう寝よ!
まだ明日は週の初めだし (^_^;)


EDIT  |  01:18  |  フツーの日々  |  TB(1)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment


コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

中村美律子が歌う「だんじり」に日本作詞大賞

 第40回日本作詞大賞が25日、決まり、大賞は演歌歌手、中村美律子(57)が歌う「だんじり」に輝いた。同曲の作詞家、松井由利夫(82)は「とにかく、古い言葉をうんと使おうと思って書いた。祭りが好きで欠かさずに行っているので、それも(詩に)でたかもしれな
2007/11/26(月) 20:02:06 | Newsエンタメ/デジタル
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。