晴れのちトキドキ曇り。。☆ Part2

書きたくなった時に気ままに思いをつらつらと…。

ごぶさたです

最近、ひと月に1記事のペース?? (^_^;)

ここのところ気分のスッキリしない日々を過ごしておりました。
現在進行形かな。
まあ、ここに書いてることはそんなことが多いですけど (^_^;)。
身体のナカミの循環もよろしくない感じがしていて、
体温も低めです (ーー;)。
気持ちが停滞する時って身体のナカミも停滞するんだろうなぁと思ったり。

昨年の秋頃からずーっと迷っていました。
お仕事のこと。

今年度いっぱいで
日数が減っていた方のお仕事がとうとうなくなることになったんです。
途中抜けたことはあったけど、
ここには10年以上お世話になったんですよね。
データを入力するお仕事なんですが、この仕事についた当初に比べると
今は誰でもパソコンを扱える時代になってしまいました。
それで、だんだん仕事が減っていってしまったんですね。

この仕事と、カウンセリングの仕事を半々でしているので、
さてどうしよう…?と。
今の仕事が抜ける曜日にできる仕事がうまい具合に見つかるのか?とか
カウンセリングの仕事はこのまま続けるのか?とか…。
今の現場でカウンセラーとしてずっとやっていける自信のなさとか、
雇用の形態の不安定さとか、
勤め始めた頃にはなかったけど、ここ数年私の中にわいていた思いとか。
そんなものがごちゃ混ぜになって。
今後、どうしていこうか…と。

身体に目を向けるようになってから出てきた思い、、、。
心だけでなく、身体の方からもアプローチできる方がいいのではないか?
という思い、、、。

たぶん
今の現場での私の仕事の仕方から出てきた思いだと思うのですが…。

自分自身が身体へのアプローチを体験して
その良さを感じているからというのもあるけれど、
カウンセリングに対するモチベーションが高くないとき、
心を動かすのがしんどいときや、向き合いたくないとき、
身体の状態が心に良くない影響を与えそうなとき、
そんなときは心に触れながら身体にアプローチしていく方が
本人さんにとってより負担が少ないのではないか?と、
そんなことを思っていました。
心というその人の一部分に関わるよりも
( 部分は全体を含むというふうにも考えられるかもしれないけれど ) 、
心と身体の両方の方が情報ははるかに増えるので
よりその人を捉えられるし、
それは本人さんにとっても同じなのではないか?と。

以前ここにも書いたけれど、いつも心に余裕があるわけではないから…。
何か自分にとって重要なことが起こって、
人のことより自分のことを大事にしたいとき、
自分の心の自然な動きを邪魔したくないとき…。
自分のものでない相手の心を感じるのに、
自分のモヤモヤした気がかりを残しつつなんて
器用なことは私はできないんですね、、、。
ある程度自分でわかっているものなら横に置いておけるのだけど、
そうでない場合は
忘れるという手段をとって相手のためにスペースをあける、
そんな感じになってしまう。
そういうことにも不安を感じていたから。
心しかないと、私の心を全力で使う感じになってしまう。
身体にもアプローチできるのであれば、自分の心に少しゆとりを残しておけるかもしれない。

自分自身のこれからに対する不安を感じつつこのまま行くことを選ぶか、
援助の仕事をいっそやめてしまうか、
新たに身体にアプローチするための勉強をするか、、、。

とどまることも進むことも不安…。
援助の仕事を辞めて、私に何ができる?
事務系の仕事にはほとんどついたことがありません。
同じ新しい世界に行くなら
今できることにプラスした方がいいのではないか…?

   
 
どうせ勉強するなら国家資格の方がいい。
鍼灸、、、指圧、、、。
学校に通うとなると3年、、、。
若くないし、お金はかかるし、
私にできる?コケたらそこから先はどうなる、、、?
現在の体調も万全じゃないし、、、。

やってみようかという思いとムリ、、、という思い…。
グダグダに迷いながら試験を受けたら落っこちて…。
こんな気持ちで受験したことに少し落ち込んで…。

その後、自分だけで決断できなかったから何人かの人に相談して。
何人かの人に 「 いいんじゃないかなぁ 」 という言葉をもらって。
それでもやっぱりずっと迷いがあったのだけど、
その言葉を力に以前より少しだけ勉強して2次試験を再度受験した。

そしたら今度は受かってしまいました。

カウンセリングの仕事を続けられるかというお返事を
待っていただいていました。
やめるなら次の人を探していただかないといけないので
あまり迷うこともできず、やめるということをお伝えしました。

もう後には引けない、、、。

昔はもっと思い切りよく動けたのだけど、
体調を崩してから臆病になってしまったみたいです。
不安ばかりが渦巻いていて、学校に行くことをイメージすると
先の不安も一緒にイメージしてしまって
ドッと気分が重くなってしまいます…。
先のことを考えるといいことを考えないので、
今はちょっとそちらに意識を持っていかないようにしています。

今の鍼灸の先生にも相談していて、
受験することも話していたので報告すると
「 亡くなった先生も喜んでると思いますよ 」 って、、、。
2年生くらいになったらうちで良かったらバイトに来て下さいって。
鍼とかお灸とか?技術的なこともいつでも実験台になりますよ
って言ってくれた。
不安で仕方なかったから
先生のいろんな言葉が嬉しくて泣きっ放しでした。

試験が終わるまで、いろんなことが手につかず放っておいたので
3月は気分的にもバタバタしそうです。
確定申告にも行かなくちゃだし。

何年か後にこの文章を見て、
こんなに不安だったっけ?とちょっと笑えるといいのだけど。

今の近況&心境でした。

☆ コ メ ン ト ☆

ぎんぺーさんへ

お返事ありがとうございます。
肉体改造とはそういうことだったんですね。
中国語もそういうことだったんですね。

ぎんぺーさんの肉体改造やその後の変化のお話を読んで、
いいなぁ~、楽しそうだなぁ~、私もこんな感じがいいなぁ~と
思っちゃいました。
ぎんぺーさんのお話をイメージしながら読んでいると、
なんだかこちらまで楽しい気分になってきて、
元気をわけてもらった感じがしました。
いいお話をどうもありがとう (^o^)。

ウオーキングがジョギングに変わったのかぁ~、そうかぁ~、すんごいなぁ~。
新しいプロジェクトかぁ。。。魅力的な響き~。。。
何かがいい方向に回転しはじめると、
意欲が上がって、またまたいい循環になる。。。
そんなことってありますよね。
また機会があれば、その後のお話なんかも聴かせて下さいねー。

> pさんが患者として先生さがしのあれこれについて
> 書かれていた記事を読めば、ステキな治療者になられることは判りますよ。
> それと今回の記事に書かれていた動機。僕もpさんらしい部分に期待しています!

患者の立場から人のことを言うのは簡単なんですけれど… (^_^;)。
" こうるさい " かもとも思っていたのですけれど…(^_^;)。
ありがとうございます (ToT)。
励まされました (ToT)。

turtleさんへ

この記事を読んだ同僚に 「 学校、行く…んだよ…ね…?? 」 と聞かれたんです。
" おめでとう " と言ってよいのか??という感じを持ったみたい (^_^;)。
コメント書きづらい記事じゃないかなと思いますが ( いつもか?(^_^;))。
そんな記事にとっても前向きなコメントをありがとうございました。
なんだかちょっと勇気づけられました。

> 受かったって言うことは、その道が開かれたってことですもんね。

私はどちらかというと、
重たい大きな扉を開けて、その向こうにある道のりを目の前にして
それに圧倒されて、
すっごーく小さな歩幅で止まりながら進んでいる、、、、、、
そんな状態でいたと思います。
そんな私がこのturtleさんの言葉を読んだとき、
扉が開いて、向こうから 「 いらっしゃ~い 」 「 おいでおいで 」 をされているような
感覚になりました。迎えられた感じというのかなぁ。
なんか一瞬ホッとしたんですよね。
言葉って不思議ですね。
もしかしたら、
turtleさんがそういう気持ちで書いてくれたから
私にもそういう感じが伝染したのかな。。。

山田ズーニーさんの文章の紹介も、ありがとうございました。
私も時々読んでいるけれど、この文章はたぶん読んでなかったかもです。

今の私にはこの文章のここのところが響きました。

しっかり「感謝」して、進んでいるということは、
自分を益する情報を、自分で認識し、よく取り込めている、
ということであり、
挫折感に周囲との関係性を見失ったときも、
「ありがとう」「ありがとう」を
手がかりに進んでいけば、
自分を生かす、明るい方向へ必ず出られると、私は思う。


明るい方向へ出たいという気持ちがどうやら強いらしい?です (^_^;)


turtleさんもズーニーさんの言葉に励まされながら頑張っているんですね。
自分の足りないところを知りつつなお、
" 信じて進み続ける " ってけっこう難儀なことなのかもしれんですね。

援助職、、、。
私がこういう方向にがっつり進んでいこうとしているのが
とってもとっても不思議なのですが、、、
だからこそ、本当にいいのだろうか、、、?とも思ってしまうのですが、、、 (^_^;)。
そう考えるのもほどほどにしようと思います (^_^;)。
turtleさんの言葉、嬉しかったです、どうもありがとうございました (TへT)。

papierluftballonさんへ

先のコメントのタイトルに関してですが。
きっかけは昨秋に受けた健康診断。「えっ、…中性脂肪ちょっと多め?」
見た目は太っていないし、身体の健康に対しては(根拠のない)自信があったのですが・・・。そういえば体脂肪が少し増えてきたような、身体の動きが以前より重くなってきたような・・・。ヤバッ、もしかして内臓脂肪v-405 自分のお客様にアドバイスしていることは実践しないとイカン、イカン。
ということで、週3回ほどウォーキングを40分、あわせて自宅や職場で簡単な筋トレをはじめました。フォームにこだわって続けていたら、確実に身体は締まってきましたし、何より動きが軽くなり、慢性的な腰痛もラクになりましたv-291
最近はジョギングに切り替わり、身体のキレは半年前とはだいぶ違います。

で、カラダが変わってくるといろいろヤル気が出てくるもので。まず同業の仲間と新しいプロジェクトに取り組みはじめました。
そして中国は昔から興味のあった国でしたが、いっちょ中国語の勉強でもと独学ですが続けています。けっこう面白いですよ!

両方ともバリバリ本格的なものではないですが、少しずつ確実に身についていっています♪

「ツボ」とは、そうです、そんな意味で言ってみました。内なるものが表れる反応点であり、的確に刺激すれば響くもの・・・。

pさんが患者として先生さがしのあれこれについて書かれていた記事を読めば、ステキな治療者になられることは判りますよ。それと今回の記事に書かれていた動機。僕もpさんらしい部分に期待しています!

応援しています!

合格、おめでとうございます!
受かったって言うことは、その道が開かれたってことですもんね。
pさんがカウンセリングのお仕事を辞められるのは、軽く驚きましたが、
考えてみれば、カウンセリングって言うのは、援助職の中の1つでしかない訳ですしねー。
身体からのアプローチを含む、援助のお仕事。 よりpさんらしいのではないでしょうかv-22

私は、山田ズーニーさんの、
「何歳になっても、夢を追い続けていられる人は、
 向こうからまだ終わりがきていない、
 夢を追う資格がある証拠だと私は思う。」
という言葉がすごく好きで、
http://www.1101.com/essay/2003-10-08.html
( ↑ こちらの、最後の3行なのですが)
もしダメなんだったら、向こうから納得できる終わりが来るから、
それが来ないのであれば、信じてそちらに進み続けていいのだ、というメッセージに、しょっちゅう力づけられています。
(すぐ、自分には無理なのか? とかって、くじけそうになるので(笑))
そして、個人的には、pさんには、やっぱり何らかの援助職を続けていただきたいです(勝手な思いですが~)。

まとまりませんが、これからも、pさんの思いを読ませていただけたら、嬉しいです!

ぎんぺーさん、コメントありがとうございます。
平常心、平常心、平常心、、、、、と心をなるべく揺らさないようにしているpでございます (^_^;)。
今日は久々にお風呂にでかけ、自分を " まったり " させてきました。

ぎんぺーさんの後輩さんも鍼灸の学校に行かれるんですね。
同じ時期からスタートを切るなんて、不思議な偶然?ですね。
私が行く学校も年齢も幅広く、いろんな人が来ていそうなので
ぎんペーさんの後輩さんのような感じの人もいるかもしれません。
タイ古式マッサージやっていますっ!
という人がいたらビックリしちゃうかも (^_^;)。


> 僕は身体だけでなく、
> 心にも言葉にもツボ(って言うのか?)はあると思っています。
> そしてそれらは繋がっているのだな・・と。経絡ではないけど(^_^;)

鍼を刺した時に感じる感じを " 響き " というふうに表現するみたいなんですが、
心や言葉にも " 響く " ものは人それぞれありますね。
響き方はちょっと違うかも?しれないけれど、ツボに入っているからこそなのかも?と。。
ぎんぺーさんの言われる " ツボ " とは
ちょっと意味が違うかなぁ?? (^_^;)


> paperluftballonさんはステキなアプローチができる人になれますよ!

ありがとうございます。
そうだといいのだけど、、、、、、。
でも、嬉しいです (;_;) 。
自分で自分に今言ってあげられない感じなので、
そう言ってもらった人の言葉を
ずっと心の中に残しておこうと思っています。
ついでに、" ステキな " ってどんなふうに?
なんて聞いてみちゃったりなんかしちゃったりして (^_^;)

最近、何人かの私の知り合いや友人の生活環境が変わっているんです。
会社勤めをやめて陶芸の道に入った女性、
ピアノ講師をやめ、猛勉強の末社労士の資格をとりその仕事のスタートを切った女性、
NPOで引きこもりの青年を支援することに力を注ぎはじめた女性、、、。
3人とも充実している感じなんですよね。
旦那さんの転勤で慣れない土地に急に住むことになった友人もいて、、、。
みんな生活が大きく変わって不安もないわけではないだろうなぁと、、、。
頑張っているんだよなぁ…って思って。
そういう人たちの姿に背中を押される感じがどこか私にはあったかもしれません。

頑張れる自信は今はないけれど、不安という感情とともに
できることを一つずつとにかくやっていこうとぼんやりと考えています。

今年のぎんペーさんは中国語と肉体改造なんですね。
どうして中国語?肉体改造とはいかに???
もし差し支えなければ教えて下さいv-415


> ・・・このブログは続けていただけます、よね?

ほとんど更新してないのにどうもありがとう (ToT)。
あまり書けないかもしれないけれど、やめる予定はないです。
今後ともどうぞよろしくお願いしますね v-344

今年の僕は肉体改造と中国語。

と、いうことは4月から学校に行かれるわけですね?
それは大きな決断をしましたね!

僕の後輩で、海外留学をきっかけにタイ古式マッサージの世界にはまり、一時はそれ系の店の店長までしていた人がいます。 この前、久々に会ったら、4月から鍼灸の学校に通うことにしたそうです。
彼女はタイ古式は大好きだけど、それ故にもっと身体のことを極めたい。そして自分なりにタイ古式を昇華させていきたい・・・という理由だそうです。

学校に通い直すのは、やっぱり悩んだそうですが、そのときはもう生き生きと話してくれました。

僕は身体だけでなく、心にも言葉にもツボ(って言うのか?)はあると思っています。そしてそれらは繋がっているのだな・・と。経絡ではないけど(^_^;)
僕はまだ未熟なので見えてないものが多いのですが、paperluftballonさんはステキなアプローチができる人になれますよ!

・・・このブログは続けていただけます、よね?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://konekonohirune.blog41.fc2.com/tb.php/139-dae8fe07

 | HOME | 

☆ calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

☆ Monthly

  

☆ Categories

☆ BlogPet

☆ Recent Entries

☆ Recent Comments

☆ Recent Trackbacks

☆ Author

papierluftballon

papierluftballon

 心の持ち方や行動の仕方と
 体調の関係、
 体つきや動作と心の関係…。
 自分なりの
 こたえを見つけることが
 最近のテーマ?な感じ。。
 

FC2Ad