晴れのちトキドキ曇り。。☆ Part2

書きたくなった時に気ままに思いをつらつらと…。

お久しぶりです (長文の感想文ですー (^_^;))

やっと夏休みに入りましたー。
毎日暑いですね。

さてさて、昨日は楽しみにしていたセミナーの最終日でした。
最終日っていっても2日間だけなんですけどねー。
鍼灸でもなく、マッサージでもなく、指圧でもなく…。
それでも行かずにいられませんでした。
私が現在治療を受けている手技のセミナーの入門編。
ジーッとしているやつです

講師の先生はけっこう口も悪く過激な物言いをする方らしいことを
事前に先生から聞いていたので
この前のカリスマ鍼師の時のような感情が
再び沸き起こりはしないか?とちょっぴり緊張。
デモンストレーションのモデルになりたい気はマンマンでしたが
今回は絶対に慎重に行こうと決意 (笑)。
セミナーが始まってかなり早いタイミングでデモンストレーションを
することになり、希望者を募りましたが手は挙げませんでした。
たまたまセミナーを受けに来ていた昨年のクラスメートが
モデルに選ばれて、 『 うぅ…いいなぁ… 』 とやや後悔したり(笑)。

でも私は " 緊張しいな人 " なので、まあこれで良かったんですけどね。
最初にバクバクしちゃうと、その後が落ち着かないから

セミナーはとても面白かったです。
でも、とても難しかった。
やっぱり繊細な感じだし、知識は全然ダメダメだし




頭蓋骨の動きを感じるとか、仙骨の動きを感じるとか。
また、いろんなところのリリース(緩める)を体験しましたが、
緩んでいるかどうか感じるのも
『 これ?これで緩んでるの?? 』 なんて心もとない感じで

例えば爪のリリースは、
手の1本1本の爪の硬さをそっと圧をかけて比較して、
一番硬い爪を更にチェック。
その爪が屈曲しやすいか、伸展しやすいか、
外に曲がりやすいか、内に曲がりやすいか、
ちっちゃい爪を相手に格闘しながらチェック
自分の親指に力が入りやすいから
曲がりやすいと感じるだけじゃないか?とか、とにかく心もとない
これでいいのかなぁ???と思いつつ終了して
腕の可動域のチェックをする。
可動域が広がっていると
「 うおぉ~ おめでとう~」 となるのだけど、
そうなってもまだ信じられない。

ちっちゃい感覚とか、繊細な感覚って慣れるまではきっと
こんな感じのものなのかもしれません。
塩分薄味もそのうち慣れるっていうのと似てるのかな??

そういえば、
心の方はこんなふうにすぐには可動域をチェックできませんね。
まあ、可動域が広がることと全体が良くなることは
必ずしも一致しないので可動域だけではあまり意味はないですけど、
本人さんには " つながり " は認識してもらえるかなと思います。

講義にもほとんどついていけなかったです。
横隔膜の穴には何が通ってる?
腸間膜根に仙骨尖に鞍隔膜に硬膜外葉と内葉などなど……。
解剖学用語がズラズラーっとあたり前のように出てきて
『 も、、もうちょっとゆっくり……… 』 って感じでした
参加者は
ただの学生の人は少なかったみたいで、殆どの人が免許持ちで
仕事に就いている人だったようです ( クラスメイトも柔整持ちだし ) 。
「先生はどう思われますか? 」 と先生に何度か聞かれました。
「 学生です 」 って言っても、
何回かそのことを忘れられて 「 先生 」 と呼ばれ…。
途中でやっと覚えてくれて 「 現役!わかるか?(答えてみろ) 」 とか
言われて、「ええと……」 「わかりません…」 ということ数回。
席が一番前だったから、これまた目が届くんだな…
講義を聴いている時に、目をジーッと見て反応しながら聴くからか
目が合う率が高く、そういうのも関係してるかも。
他の人も意外と答えられてなかったです。
わからないと言いやすい学生で逆に良かったかもとも思ったり…。

デモンストレーションの時は、ピューッとその場所に行き、
ずずずいっと先生の近くの場所をキープし、
実技がわからない時はほとんど躊躇せず手を上げて先生を呼びとめ、
周囲への気配りは………。
全然しなかったかも…ということに後で気づきました。
デモを見ている時は、一応しゃがんだりはしていたけれど
『 邪魔じゃー! 』 と思っていた方も
ひょっとしたら少なくなかったかもしれません…

そのお陰か?
途中から先生は私のことをちゃんと名前で呼んでくれて、
ちょいと嬉しかったです。

実技は隣の席の人と
ペアを組んでやることがほとんどだったんですが、
私の隣は繊細な感じのする
細身の真面目そうな理学療法士さん(男子)でした。
初対面で、直接肌に触れたりすることも多かったので
ガツガツっとした感じの人じゃなくて良かったです。

先生は、確かに口は悪かったし、激しいし、
けっこう極端な物言いをする人でした。
でも、カリスマ鍼師よりはずっと親しみを感じました。
何の違いなんでしょうね。

一部の人や団体をけっこうボロクソに批判したりしていましたが、
「 僕はそう思います 」 という言葉が入っていたからかもしれません。
鍼師の方は、それではダメだと言って言いっぱなしだったように思います。

時折、かわいらしさがふと感じられたり、
若いお弟子さんがセミナーのお手伝いに来ていたんですが
上下の関係がそれほど極端ではなかったり。
私は、アンケートの記入に手間取って帰るのが最後になったので
会場の後片付けを頼まれてちょっとだけ手伝ったんですが
先生も一緒になって机を片付けていたんですよね。
お弟子さんもそれを止めないし、妙に崇め奉っている感じもなく
冗談を言い合って、穏やかな関係という印象がありました。

こちらの先生の方が、人に助けられている感じもあったかもしれません。
病気を治すことに生きがいを感じるというより、
人が好きなんじゃないかという感じがしたかもしれません。
鍼師の方は前者な感じ。

国外に、自分より腕のいい人間がいることや、
そういう人に対する敬意のようなものを持っている感じもしました。

会場の片付けに残ったとき、私のことを
「 感性が大事。けっこういいと思うよ 」 とそう言ってくれて、
それでちょっとポイントもあがってるかも?です

カリスマ鍼師も今回の先生も、
日本のその業界ではかなり上の方にいる方のようです。
そういう人や、そういう人の周囲にどんな人がいるのか。。。
そういった出会いと、そういう人との正直なコミュニケーションは
自分を方向づけていくのにとても貴重だなぁと感じます。

お値段的にはちょっぴりお高いセミナーでしたが、
いろんな意味で行って良かったと思えるセミナーでした

☆ コ メ ン ト ☆

うおぉ…ぎんぺーさん (ToT)/


ありがとうございますぅ。
なんかちょいとウルウルしましたですよー e-259

セミナー、
ホント面白かったですよ~。
ぎんぺーさんはいろんな勉強をして、
いろんな技?とか理論を持っていそうだから
ぎんぺーさんが参加していたら
きっとまた違った感想になるかもですねー。

いちばん最後に先生が
受講生を立たせて、身体に触れないで状態を変化させたのも
うおぉ e-451 という感じでした。
こんなこともできるけど、
治療院ではあまりやらないでくれと言われる (笑) とのこと。

以前ならこういうのは信じなかったのだけど、
バイト先の例のスタッフさんは私の頭の上に手をかざしただけで
" 何か " を読み取るのですよ。
そして、私の中に " 邪 ( じゃ ) " があるのを掌で感じて
「 痛っ! 」 と言ったりするのですよ。
( 邪とは、身体に悪さをするいろんなものです e-284
熱とか風とか湿とかで、熱邪とか湿邪とか風邪とか言います )
バイト中に彼女の練習のモデルになったことがあるのだけど、
鍼を刺されてなくても、身体の中のモノが移動するのを感じるのよ。
「 あ、こっちに移動した。あ、ここに戻った 」 って。
その私の感覚と
彼女が私の身体を診ている状態はちゃんと一致してるの。

信じられる??
こういう私の話、ぎんぺーさんに響きますか?e-264

その講師の先生は
「 目に見えないものを信じれるかだ 」 とか言っていましたが、
バイト先のスタッフさんも
「 空気や風は見えないでしょう?でもそれはあるでしょう? 」
と言うのです。
確かに。。

" 普通の感覚 " と微妙に離れていく自分を感じたりして e-351
知らないことってたくさんありますねぇ e-350

私の "感性 " も、
もっと磨かれるとこんなふうにできるようになるんでしょうか~v-361v-361

> 数年前、このブログに目が留まったのも、たぶん感性的なものです

ずっと変わらずに、お付き合いを続けてもらっているんですよねーと
あらためて嬉しく思いました e-259

おもしろそう♪

執筆お待ちしていました~v-411

興味深そうなセミナーですね!参加してみたかったなぁ。

感性。とっても大事ですよね。人対人のお仕事ですし。
仕事でもそれ以外でも感性の合う人の話はスッと受け入れられるように思います。こちらの話も響いてる気がしますし。

数年前、このブログに目が留まったのも、たぶん感性的なものですe-317


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://konekonohirune.blog41.fc2.com/tb.php/195-ccd2eb76

 | HOME | 

☆ calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

☆ Monthly

  

☆ Categories

☆ BlogPet

☆ Recent Entries

☆ Recent Comments

☆ Recent Trackbacks

☆ Author

papierluftballon

papierluftballon

 心の持ち方や行動の仕方と
 体調の関係、
 体つきや動作と心の関係…。
 自分なりの
 こたえを見つけることが
 最近のテーマ?な感じ。。
 

FC2Ad