晴れのちトキドキ曇り。。☆ Part2

書きたくなった時に気ままに思いをつらつらと…。

ブログ再開(長文です (^_^;))

Yahooのブログの方にも書いていますが、
ブログを書くことがどこか義務のようになってしまい、
続けるのがしんどくなってしまった私は、
ブログをやめることにしました。
そうすることで気持ちはラクになったし、
夜もわりと早く布団に入ることができるようになったし、
『 おぉ!なかなか健康的? 』 というような日々を送っていた、と思います。

そういう状態にあった私がブログを再開しようか…?と
迷い始めたのは、
自分の思いを言葉にした方がいいのではないか?
と思ったからでした。

お世話になっていた整体の先生が急に亡くなってしまって…。

Yahooのブログに先生のところに通っていた記事を
いくつか書いていましたが、年齢は書いてなかったと思います。
まだ全然若かったです。
日本人女性の平均寿命の半分も生きてませんでした。
こんなことが起こるなんて考えたことがなかったです。

そのことがあって以来、
自分の中からいろんな思いが浮かんできたり、
自分の今までの価値観が揺らぐ感じがしたりしていて…。
ちゃんと考えた方がいいのでは?と思いつつも
何となく日常に流されている…。

このままでは仕事に差し支えるのでは…?と…。
話を聴く自分の基準に揺れがあるから言葉を発した後、
いつもより余計に不安が残る。
とりあえずは今までの基準をもとに仕事をしているのですが…。

少し時間が経っているので
思い出すと寂しくて悲しくて仕方がない…という時期は
過ぎてはいるのですが、
先生の話をすればやっぱりまだ悲しくて泣けてきてしまう…。
たぶん私はまだ悲しんでいたいのだと思います。

ここのところは
ブログの代わりに手帳に日記をつけていたのですが、
価値観のゆらぎのことも、悲しい気持ちのことも
どちらも書く気にはなれないでいました。
価値観の変化をつきつめて考えると、
悲しい気持ちや、先生とまだ共にいたい気持ちを
遠ざけてしまうような気がしていたんだと思います。
一人で手帳に向かって悲しみに焦点を当てると、
そこに浸りすぎてしまって、仕事ができなくなってしまう気が
して怖かったのだと思います。

人に聴いてもらうなら、悲しみに浸りすぎることなく
価値観についても考えられたかもしれません。
でも人に話すとなると、聴いてくれている相手の気持ちや表情が気になって
話したことを後悔してしまう。

ブログだったら、
話している間(書いている間)は人の顔は見えない。
でも、人に向かって話すという面もあるから、
自分の感情に振り回されすぎることもなく、少し客観的になれる気もする…。

そんなことを考えました。

それでも、ブログを続けることがしんどかった私そのものは
たぶん変わっていないし、
言葉にした方がいいのではないかと思いつつも、
やっぱり書くことができないかもしれない…。
でも、言葉にしたいと思ったときに
書ける場所を作っておきたい…。
そう思って思いきって再開することにしました。

今度は本当に気ままにやっていけたら…、
と思っています。
今度は無理にこたえを出そうとするのではなく、
出来事とふと思ったことをセットで書き留めておくだけ
という記事もたぶん書いていくのではないかと思っています。

そんなブログですが(長くてわかりにくい? (^_^;))
よろしかったらどうぞお付き合いください。
あらためて、よろしくお願いいたします m(_ _)m。

☆ コ メ ン ト ☆

ありがとうございます

ichiro_hさん、ありがとうございます。
このコメントを初めて読んだとき、
PCの前で大泣きしている自分がいました。
その後も読むたびに泣いてる私がいます。
悲しいのとも違うし、嬉しいというのともちょっと違う感じで…。
なんてお返事したらいいのか、ずっと言葉を探していました。

優しさ、思いやり、あたたかさがわーっと入ってきて…。

やっぱりうまく言葉にできないんですが…、

私の気持ちを勝手に想像するのでもなく、
大事にしたいものを持っている私まるごとを大切に思って
言葉をかけてくれている感じがしたのかもしれません…。

そして、そっと待ってくれている感じ…。

後ろから私の肩に黙ってポンと手を置いてくれたような、
そんな感覚が
いちばん受け取った感覚としては近いかもしれません。

ichiro_hさんが今日書かれた記事の中の言葉を借りれば、

『 私が勝手に(!)色を感じてしまうんだなぁ 』

なのかもしれませんが…。
でも、
『 お互いの気分や感覚といった言葉にはならない何かが行き交 』 って、
それを受け取れていたならいいな。。と思います。
(言葉、借りちゃってごめんなさい。)

ichiro_hさんは私に、泣いていいよ、と言われたわけじゃないし…。
私はまだまだ、泣き足らなかったのかもしれませんね…。

こんにちは
この記事を読んで、大切なものを守るために、言葉をそっと書き留めておられるように感じました。変にコメントしてしまうと、その、「そっと」を壊してしまうように感じて、なかなかコメントできませんでした。
大切な記事だと思ったのですが、コメントがなくてちょっと寂しい気もしたので、この記事には、何かコメントしておきたい気もしました。
そんなわけで、とりとめないことを書き込んでみました。
これからまた、いろいろ感じたことや考えたことを記事にして教えてください。もちろんあまり無理のない度に…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://konekonohirune.blog41.fc2.com/tb.php/2-46ebf1ef

 | HOME | 

☆ calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

☆ Monthly

  

☆ Categories

☆ BlogPet

☆ Recent Entries

☆ Recent Comments

☆ Recent Trackbacks

☆ Author

papierluftballon

papierluftballon

 心の持ち方や行動の仕方と
 体調の関係、
 体つきや動作と心の関係…。
 自分なりの
 こたえを見つけることが
 最近のテーマ?な感じ。。
 

FC2Ad