晴れのちトキドキ曇り。。☆ Part2

書きたくなった時に気ままに思いをつらつらと…。

しあわせ?

治療、今日で何回目なんだろうと思って数えてみました。
16回目。
結構行ってますね。
めまいが起こってからほぼ毎週行ってるからなぁ。

早めに終わっていることが多いんですけど、
今日は、珍しくまだ前の人が治療中でした。
そして、珍しく時間オーバー。
こんなこともあるんですね。

女性が治療中。
何となく、会話に耳を傾けてしまいました。
他の患者さんとはどんな感じなんだろうと。
話を聞いていると、患者さんが先生っぽかった。
先生をやっていそうな患者さんという意味じゃないですよ。
先生と同じ世界にいる?っていうような感じというか
先生の世界で会話をしている感じなのです。

誰々さんと一緒に居たことで影響を受けて
それが体調を崩した原因ではないかというような話。

先生の不思議さをその人は不思議と感じていない気がしました。
江原さんや美輪さんを疑わずに相談できる感じっていうのかなぁ?

うーん……。
微妙に違和感……。
そういうことはあるとは思うけれど、
それだけでもないかもよ…。
自分の気持ちは?考えは?行動は?
とか思っちゃったりして…。
人のことだから別にいいんですけどね…。

今日の治療では久しぶりに
" 何か " が出たようです
おもしろかったです

私は、自動車事故の後からずっと左足の股関節のところに
違和感があるのです。
ちょっとずれている感じで、そっち側だけその部分に
脂肪が余分についている感じがするんですよね。

「 この辺に違和感があるんです 」
と言うと、
「 一つだけいい方法があるわよ 」
と。

「 一つだけ?? 」
「 そう 」

左足の膝と股関節を曲げて立て、
腸骨の脇から鼠蹊部に左手を軽く当てるように言われました。

「 まごころをこめてね 」 と。

そうした瞬間、
いつものクセでそこに意識を向けてしまい…。
すると、その余分な脂肪のあたりがグルグルと動き出し、
『 お♪ 』 と内心喜ぶ私。
今までも家でやっているとき、
そこに意識を向けたことはあったのですが、
硬くて、なかなか動かなかったんですよね。
そっか、曲げてやった方が動いたのかぁ と思いました。

グルグルと動き出した瞬間に先生が
「 わぉ! 」 と言い、治療スペースの窓を慌てて開け…。

どうして動いたのがわかったんでしょう!?

「 結構そこに溜まっていたものはすごかったんですね 」 と。
「 だって、かなり私もう…… 」 と。

私が発したものにやられちゃったらしいです。

「 先生、私が出したものではなくて、
私とシンクロしていればいいんじゃないですか?
それなら、出て行く分ラクになっていくんでは? 」

と言ってみたんですが、そういうものじゃないらしいです。
よくわかんないです

一部分が動くと、その影響で動きが他の部分に移動していくんですが、
それを先生に報告。
ここに来てますって。

「 真ん中に集めて、頭の上から出しちゃって。上から煙が出るように。
私、それを見てるから 」 と。
「 えー!? 」 と言いつつ、試みる私。
自分で家でできたらいいなぁと思って ( 笑 ) 。
でもよくわかりません。
すると、「 じゃあ、鍼で誘導するから。 」 と。
頭に鍼を刺し、「 ここに刺さってるのわかる? 」 と。
そこに向かって集めてきてそこから出してと。

『 おー 』 と思い、 再度チャレンジ。

でもあちこちでひっかかるんですよね。
真ん中に集まらないの。
「 うーん…、うまくいかないです。分散しちゃって 」
と言うと、
「 上から出て行かなくても、他から出てるわよ 」と。

私には堂々巡りのような感じがしたんですけどねー。
しかし……。
" 一つだけ " なんて言う必要があったのか???
ない気がする……

それをした後、うつ伏せになって先生が治療をしたんですけど
仰向けでやっていて詰まった箇所が、
一ヵ所だけちょっと動きました。
私が訴えたところと関連したところからアプローチしてくれて
いた感じ
『 おや? 』 と思っているところが一致するっていうのは嬉しいです。

先生が発する言葉を全部、スルッと受け入れることが難しい私
まあ、仕方ないですよね、
私には先生が思いこみが強い人のように見えているから。

今日、先生に言われたんです。
「 最近、pさんきれいになったわよ 」 って。



「 えー、変わらないですよ~
「 人に言われない? 」
「 言われないですよ~
「 そう?最近キラキラして輝いてるわよ

『 先生ってば… 』 と思った私は、

「 体重、減ったかな??最近乗ってないから 」 と。

私の言葉を聞いた先生は苦笑い。

だってさ。
ホントに特に心境の変化もないしさ。
先生の心境の変化としか思えない私がいるんだな。
きっと、めまいが良くなって
私の気分が良くなっているに違いないって
思い込んでいるんじゃないだろうかって。
先生が思っているほどには深く思い悩んでいないんですもん、私。
いつか、伝えなければ ( 必要ないんだろうか

自分の感覚を一番に優先しているから…。
それと先生の言葉が一致すれば喜ぶけれど…。
自分よりも早く、自分の心の変化に他人が気づくということを
私はあまり受け入れられません。
だって、ちゃんと見てるもんっ!って思ってるから
先生は不思議な力を持っていて、
私よりも早く感じているのかもしれないとは
ちょっと思いたくないんですね。

でも、普段、いつも私の気持ちに
先生がついてきてくれているなという感覚を持っていたら
もっと、違って聞こえたのかもしれないなとも思います。

帰り際、
先生の治療を受けても、何が良くなったという感じはしない
と言うと、
「 そうよ 」 と。

「オステに行っていた時より、
家で緩めていると緩みやすくなった " 気がする " から
続けてるんです 」 と。
「 すごく優しい治療なのかもしれないと思って 」 と。

「 そんなことないわよ。すごく動いているわよ 」 と。
「 そっか。
じゃあ、先生からすると、他の治療は乱暴な感じがするんですよね? 」
「 そうね、私は他で治療を受けられないもの。
でも、その人にとって必要な治療を受ければいいと思うんです。
これもご縁ですから 」と。
「 そうですね。ご縁ですね

帰り、隣に停まっていた車が大きくて、
出て行くのに四苦八苦していたら、気づいて先生が出てきてくれました。
雨が降っているのに、カサもささないで誘導してくれて。

治療院を出て、走り出したら
何だかまた涙がポロポロ出てきて。。。

私は先生が時々見せる
濁りのない笑顔にやられてしまうようです。
" 治療者 " の顔ではない、素の笑顔。
すごくピュアで。。。
治療や治療者としての先生の言葉よりも、
先生の素の笑顔に癒されている気がします。
斜に構えて、やさぐれて生きていくのはイヤだなと思っている私。
こんなにピュアな笑顔ができる生き方をしていくことができるんだな、
と勇気をもらえる気がするのかもしれません。

一緒に話している時には涙は出てこないのに、
なんだか不思議です。
話しているときに癒されていた自分が思い出されて
泣けてくるのかな。

この先生の笑顔はとても好き。
この笑顔に触れたり、思い出したりすると
幸せな気持ちになるのかもしれません。
先生もこの笑顔の時、幸せを感じているのかなぁ。

今日、治療院の待合室で待っているとき、
テーブルの上に飾られていた花があんまり可愛いかったので
写真に撮ってしまいました。
「 すっごい可愛いですよね。つい写真に撮っちゃいました 」
「 その音だったのね。家の外に何となく咲いてたの 」

hana  花に向かって
  「 誉めてもらって良かったね
  って話しかけてました。
 
  帰りの車の中で
  このお花と先生のイメージが
  重なりました。

  先生の笑顔は
  このお花みたいだな。。。

  と思いました。


☆ コ メ ン ト ☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://konekonohirune.blog41.fc2.com/tb.php/247-19c2d101

 | HOME | 

☆ calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

☆ Monthly

  

☆ Categories

☆ BlogPet

☆ Recent Entries

☆ Recent Comments

☆ Recent Trackbacks

☆ Author

papierluftballon

papierluftballon

 心の持ち方や行動の仕方と
 体調の関係、
 体つきや動作と心の関係…。
 自分なりの
 こたえを見つけることが
 最近のテーマ?な感じ。。
 

FC2Ad