晴れのちトキドキ曇り。。☆ Part2

書きたくなった時に気ままに思いをつらつらと…。

まだ中途半端ですが。

主観とか客観とか、共通のものさしとか。。。
ごちゃごちゃ考えておりました。
前に書いていた記事と矛盾するかもしれないけど、、、。
前に書いていた記事と重複するかもしれないけど、、、。
再びちょっと思いつくままにつらつらと書いてみます。

『 そうそう…! 』 と思ったんです。
私が客観的に見ていると思っていたもの。
それは < 感情 > 。

人として誰もが持っているもの。

どのような時に、どんな強さで感じるかというのは
人それぞれ様々ですが、

嬉しい、悲しい、楽しい、辛い、腹立たしい、怖い、驚きなどなど…。
これは誰もが持っている。
一つ一つの感情が人の体に知らせる感覚は皆同じだと私は考えています。
人は良く生きるために、感情を使っている。
それは誰もが同じはず。
自分にとって必要なものは感情が教えてくれる。
それも誰もが同じだと思っています。

「客観」についてですが、辞書で調べました。(大辞泉より)
1 観察・認識などの精神活動の対象となるもの。かっかん。⇔主観。
2 主観から独立して存在する外界の事物。客体。かっかん。⇔主観。
3 当事者ではなく、第三者の立場から観察し、考えること。また、その考え。かっかん。

私がやっているのはたぶん「3」に近いと思います。
「 感じている私に気づく私 」
これを仕事では 「 感じているあなたに気づく私 」 にしている。

自分の欲求がわかるのは感情があるからだと思います。
泣いている私に気づいた私が
「どうしたの?」と自分に尋ねる。
○○が辛いから悲しい…、○○が寂しいから悲しい…、
○○したかった…。
「○○したかったのは何を求めていたから?」
そんなふうに尋ねていくと、
自分を満足させるために自分がすることが見えてくる。
自分で自分を満たしてあげることができるということが見えてくることで
自分の力や希望や明るい感情がわいてくる。。

ここに生きている人として、どう生きていきたいか。
どこで生きているかということや立場が違っていても
それは誰にでも関心のあることではないかと思います。
それこそ、カウンセリングに来られる人はそういうことを考えるために
来られるんだと私は思っています。(というか?私はそういう視点で関わっています)

誰でも感情は持っていて、でも、その人によって
感じている感情のバランスが違うような気が私はしています。
いつも楽しい人、(うらやましいかも? 笑)
いつも悲しい人、いつも苦しい人、いつも恐れている人、
いつも不安な人などなど。
こんな極端なことはめったにないとは思うのですが、
基本になっている感情っていうのはあるような?気がしています。
う~ん…、基本になっているというより、
どの感情をより強く意識しているかという感じかもしれません。

辛いとか苦しいとか、そういう感情が大部分を占めてしまっている
というのはしんどいことだと思います。
その感情に自分のスペースを奪われてしまえば奪われてしまうほど、
別の明るい感情は見えにくくなってしまう気がします。

私が客観的に見ようとしているのは、
クライエントさんの現在の感情や、そのバランス、
明るい感情が見えてくる過程なのかもしれません。
それは、自分の感情やその変化を
ものさしにしているのではないかな?という気がします。

う~ん…、などなどちょっと思いついたことを書いてみました。
文章がバラバラな感じがするし、
まとまってない気もしますが、書いておきたかったのでとりあえず。。

☆ コ メ ン ト ☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://konekonohirune.blog41.fc2.com/tb.php/26-bb5faee5

 | HOME | 

☆ calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

☆ Monthly

  

☆ Categories

☆ BlogPet

☆ Recent Entries

☆ Recent Comments

☆ Recent Trackbacks

☆ Author

papierluftballon

papierluftballon

 心の持ち方や行動の仕方と
 体調の関係、
 体つきや動作と心の関係…。
 自分なりの
 こたえを見つけることが
 最近のテーマ?な感じ。。
 

FC2Ad