晴れのちトキドキ曇り。。☆ Part2

書きたくなった時に気ままに思いをつらつらと…。

またまた最近…

心惹かれるものが。。。

それは、、、、、、。

パワーストーン

どんどんオカルトチック?という印象ですか?
きっかけは治療してもらっている先生から、
卒業のお祝いにと三眼天珠のネックレスをもらったこと。
チベットのお守りとのことでした。

それと同じ頃、
近所のスーパーにパワーストーン屋さん?がやってきて
石を組み合わせてブレスレットを作っていました。
このスーパーにはよく行くのですが、
今までは来てなかったんじゃないかな?
なんだか、似たようなめぐり合わせが重なって
不思議な感じもしました。

『 へー 』 と見に行くと、
そこには、先生からもらったようなものとは少し違いましたが
やはり天珠も売られていました。
お店の人は、私が身に着けている天珠を見て、
「 大丈夫? 」 と言うのです。
「 ??どうして?? 」 と尋ねると、
パワーが強すぎて、
ネックレスにすると動悸がしたりしてしんどくなって
ブレスレットに変えて欲しいと言われたりすることもあるとのこと。

それを聞いてドキッ、、、。
動悸、、したんです。
身に着けて間もない頃。
今まで動悸なんてしたことがなかったので
どうしたんだろうとは思ってたんですけど…。

ちょうどその頃は東北の地震が起こったばかりの時で
テレビの映像を見てかなり辛かったから、
そのせいと考えるしかなかったので、そう判断していました。
ずっとではなかったので、
弱ってたから余計にという感じだったのかもしれません。

結構いるんですね、手にブレスレットをした人。
今までは興味がなかったのであまり気づきませんでした。
私たちのような援助の仕事をしている人の中にも
お客さんや患者さんから良くないものを
もらってしまうからということで
そういうものを身につけている人は知っていましたが
私自身は、『 ふーん 』 程度で、
その効果はあまり信用していませんでした。

今もそんなにすごい威力があるとは思っていませんが、
少し考え方が変わってきました。
先日、またその石屋さんがスーパーに来ていたので、
" さざれ石 " というのを買ってみました。
そこでその店員さんとおしゃべりしていたのですが、けっこう面白くて。
いろんな石があるので、気になったものを尋ねてみました。
これは何?
どんな効果があるの?
って。
お店のお姉さんがわからないものが出てきたときに、
本を出して教えてくれたのですが、その時に見ていた本がこの本↓

amazonへ

 堀田 忠弘 (著)
 『 医師がすすめるパワーストーン
  ―病気を治し魂を癒す「石」の医力 』




気になる石やいいなぁと思う石の意味を聞くと、
調子の悪いところに効果があるものだったり、
『 お
と思うものだったり。
これいいなぁと思った色の石の示すものは
" 心と体の調和 " でした。

願いを叶えてくれるとか、運命を変えてくれるとか
石がどうにかしてくれるというふうには思わないのですが、
このいろんな色のきれいな石は、ちゃんとしたものなら
天然の鉱物なんですよね?
自然が作ったもので、
それぞれが違ったいろんな成分からできているんですよね。
それと身体が反応することはあるんじゃないかなぁと
思うんです。
漢方とかハーブとかと近い発想というか。。。
自分の身体を構成しているものに不足している元素?気?
そういうものに惹かれたりするのかもしれないなぁって。
こんな本↓を読むと、ちょっと胡散臭さ軽減に役立つかも?

amazonへ

 八川 シズエ (著)
 『 鉱物図鑑 パワーストーン百科全書331
  ―先達が語る鉱物にまつわる叡智 』



誰かに、" これを身に着けると幸運になるから "
などと言われて身に着けたり、
誰でもこれさえあれば的にうたってあるのはどうか…と
思いますが、
自分の感覚で、惹かれるものを選んだ場合
それなりの効果はあるかもしれないなぁと思いました。
プラセボだけでなく。



石を身に着けるだけで効力があるかということに
繋がりそうなのがこの本↓



 傳田 光洋 (著)
 『 皮膚は考える (岩波科学ライブラリー 112) 』




この本は、
刺さない鍼の勉強会で使用しているテキストでも
紹介されていました。
皮膚は受精卵が分化する時、
神経と同じ外胚葉から分化するとか、
皮膚はいろんなことをしているんじゃないかということが
書かれている本のようです。
揉まずに、触れて身体を緩める時、
最近はお客さんにこの " 外肺葉由来 " の話をしています。
皮膚から神経にちゃんと信号が送られているんじゃないかと。
今、読んでみたい一冊です。

著者の傳田光洋さんへの
インタビュー記事の一部です↓
 『 皮膚は喜び、傷つき、人を求める 』

鍼灸師の方でも、
どこかのツボにマジックで色をつけて、
つける前と比較して身体の硬さが変わったと言われる方がいたり、
LEDの光をツボに当てるということを
治療に取り入れている方もいらっしゃるということを聞きました。

治療してもらっている先生の
治療院の待合室には、キラキラ光る小物や、
いわゆるパワーストーン?鉱物も置かれています。
先日、受付近くにアメジストのさざれ石が置かれているのに
気づいて、「 こんなの、置いてあったんですね~ 」 なんて
話してたんですが、先生は
「 光がどんなに人を癒すか 」 と。

amazonを見ていたら、こんな本↓もあり、、、。



 ジェイコブ リバーマン (著),
 Jacob Liberman (原著), 飯村 大助 (翻訳)
 光の医学―光と色がもたらす癒しのメカニズム


光が身体を癒すというと、
太陽の効果くらいしか浮かばなかったんですが、
人は、キラキラしているモノだけではなく、
キラキラしているヒトとか、目とかにも惹かれますよね。
" 希望の光 " なんて言ったりもするし。

なぁんかまとまりませんが
私たちに力をくれるものや方法、
いろいろあるんだなぁ、
いろいろ使えるといいなぁ
なんて思ったりもします。
こんなことをしているうちに、
自分の視野と方法、人との出会いもまた
広がって増えていくと面白いなぁと思います。


☆ コ メ ン ト ☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://konekonohirune.blog41.fc2.com/tb.php/291-f4e1cade

 | HOME | 

☆ calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

☆ Monthly

  

☆ Categories

☆ BlogPet

☆ Recent Entries

☆ Recent Comments

☆ Recent Trackbacks

☆ Author

papierluftballon

papierluftballon

 心の持ち方や行動の仕方と
 体調の関係、
 体つきや動作と心の関係…。
 自分なりの
 こたえを見つけることが
 最近のテーマ?な感じ。。
 

FC2Ad