晴れのちトキドキ曇り。。☆ Part2

書きたくなった時に気ままに思いをつらつらと…。

五行と感情について考え中~ < その1 >

心から身体のことを見られないか、、、。
カウンセリングの仕事で培ったものを
身体の仕事に活かしたい、、、。
というのは、ずーっと私の中にあるのですが、
なかなか上手く繋げられていません。

たとえば、
先日の鍼の勉強会のテーマの一つが問診だったのですが、
カウンセリングでは、自然にいろんな質問をする中で
病気の可能性なんかも探っているのに、
身体の方では
その辺がまだまだできていないことに気づかされ…。
カウンセリングでどのようにやっているかということを
もう少し明確にすると、
身体の方にも応用できるのかもしれないなと
思ったりしています。

タイトルの件は、最近ぼんやりと考えていることなのですが
まだつきつめて考えてないので、
ちょっと考えてみようと思います。
興味のない方には、やや意味不明かもです

五行と感情については、以前にもちらっと書いたことがあります。
今の私は、感情に焦点を当てるのが一番やりやすいので
どうしてもここに固執したくなってしまうのですねぇ

五行の説明は、ちと大変なので
興味のある方はwikiを見ながら、記事を読んでいただければと…。
ご面倒おかけします
  wiki : 五行思想

東洋医学的に、肝、心、脾、肺、腎は五行的に
木=肝  火=心  土=脾  金=肺  水=腎
と分類されています。wikiの表の中の " 五臓 " のところです。
そして、それぞれの感情は
木=肝=怒 火=心=喜 土=脾=思 金=肺=悲 水=腎=恐
となっています。wikiの表の中の " 五志 " のところです。
怒りすぎると肝を傷め、喜びすぎると心を傷め、
思いすぎると脾を傷め、、、というふうに考えます。

wikiにもありますが、
五行にはいろんな関係があるのですが、
私が最近考えているのは相克関係。
相克関係というのは、
相互制約、相互抑制する関係。
特定の相手に勝つ、抑える、支配するなどの働きのこと、
力を持ちすぎないように抑制すること ( 学校でもらったプリントより )

五行の相克関係は、、、
木克土………木は土の養分を奪う ( 木は土に克つ )
土克水………土は水を吸収する ( 土は水に克つ )
水克火………水は火を消す ( 水は火に克つ )
火克金………火は金を溶かす ( 火は金に克つ )
金克木………金は木を切る ( 金は木に克つ )

上の中から感情だけ取り出すと
木=怒 火=喜 土=思 金=悲 水=恐
となり、
感情の相克関係を見ると、、、
        
となります。
私がこのことを考えるきっかけになったのは
なのですが…。
怒りと悲しみは深い関係があるとずっと思ってきました。
悲しいから怒るのだと。
喜びと悲しみも、
悲しみが喜びに繋がっていると。
すごく嬉しい時に涙が出るのは
悲しみと繋がっているからではないかなぁと。

長くなるので " 続きを読む " 以降で
1つずつ考えてみたいと思います。



考える前に、相克について。
相克とは、
片方がもう1つの片方に " 克つ " というだけでなく
いろんな意味を含んでいるのではないかなぁと思うのです。
その辺も考慮しながら考えていこうと思います。

まずは、きっかけになったところから。

1. ( 火克金 )  " 喜びは悲しみに克つ " とは??
  まあ、そうかもねとも思いますがいってみます
  思いつくことをとりあえず挙げてみます~。
 a. 喜びすぎると悲しめない
   ( 幸せすぎると悲しみがわからないという感じもこれ? )
 b. 喜びの量に悲しみの量が左右される ( 喜びにつられる? )
 c. 上手に喜べないと、上手に悲しめない (    〃     ) 
 d. 喜びがあることで悲しみが生まれる
   ( 悲しいのは喜びを知ってるからということ? )
 e. 喜びがわかることで、悲しみが減る (   〃    )
   ( 悲しみが減ると、喜びを感じやすくなる )
 f. 喜びを否定すると、悲しみが増す
 g. 喜ぶことで悲しみから目をそらす ( 嬉しいふり? )

うーん、、、。無理やりな感じもあるし、けっこう疲れる
これ以上出てこないのでとりあえず、この辺で次に行きます。
以降はまったく同じように当てはめてみます。( ここからはラク? )

2.  ( 金克木 )  " 悲しさは怒りに克つ " とは??
 a. 悲しすぎると怒れない
   ( 悲しみに埋没すると怒りがわからなくなる? )
 b. 悲しさの量に怒りの量が左右される ( 悲しみにつられる? )
 c. 上手に悲しめないと、上手に怒れない (    〃     ) 
 d. 悲しさがあることで怒りが生まれる
   ( 怒りのモトは悲しみだから? )
 e. 悲しさがわかることで、怒りが減る
   ( 怒りが減ると、悲しみを感じやすくなる )
 f. 悲しさを否定すると、怒り ( イライラ ) が増す
 g. 悲しむことで怒りから目をそらす ( 同情とか。考えすぎ? )


3. ( 木克土 )  " 怒りは思うことに克つ " とは??
  " 怒り " はやや他罰的なイメージや要求、
  " 思うこと " は立ち止まること、クヨクヨする自罰的な感じ、
  若しくは自己責任的なイメージと捉えて
  考えてみたいと思います。
 a. 怒りすぎると自分を振り返れない
 b. 怒りの量に立ち止まる量が左右される ( 怒りにつられる? )
 c. 上手に怒れないと、上手に立ち止まれない (    〃     ) 
 d. 怒りがあることで立ち止まりが生まれる
   ( 怒りは考えるきっかけだから? )
 e. 怒りがわかることで、立ち止まりが減る
   ( 責任を取るようになると、怒りを感じやすくなる )
 f. 怒りを否定すると、クヨクヨが増す
   ( 人を責められないと自分を責めるから? )
 g. 怒ることで立ち止まることから目をそらす ( 責任をとらない? )


4. ( 土克水 )  " 思うことは恐れに克つ " とは??
  " 思うこと " は上と同じように立ち止まること、
  クヨクヨする自罰的な感じ、若しくは自己責任的なイメージ
  と捉えて考えてみたいと思います。
 a. クヨクヨしすぎると、恐れを感じることができない
 b. 立ち止まる量に恐れの量が左右される
   ( 考えるほど怖いというやつ? )
 c. 上手に立ち止まれないと、上手に恐れられない
   ( 必要な時に立ち止まれないとやたらと恐れてしまうとか? ) 
 d. 立ち止まることで恐れが生まれる
   ( 突っ走れば恐れは見えない? )
 e. 立ち止まることがわかることで、恐れが減る
   ( 恐れが減ると、責任を取るようになる )
 f. 立ち止まることを否定すると、恐れが増す
 g. 立ち止まることで恐れから目をそらす ( 変化を拒む感じ? )


5. ( 水克火 )  " 恐れは喜びに克つ " とは??
  恐れが喜びに勝つ?
  うわー、よくわからん けど、同じようにいってみます
 a. 恐れすぎると喜べない ( ああ、そういうこと? )
 b. 恐れの量に喜びの量が左右される ( 恐れにつられる? )
 c. 上手に恐れられないと、上手に喜べない (    〃     ) 
 d. 恐れがあることで喜びが生まれる
   ( 恐れを越えたところに喜びがあるから? )
 e. 恐れがわかることで、喜びが減る
   ( 喜びが減ると、恐れを感じやすくなる )
 f. 恐れを否定すると、喜びが増す
 g. 恐れることで喜びから目をそらす ( 極端な上昇志向? )


ふぅ~…、疲れました~

上のものを見ていくと、
どの状態の時にどの臓が不調かわかったりしないだろうか?
と思うのです~。

次回の記事で検討してみますが、、、。
どうなるんだ??
頭がごちゃごちゃになりそうです。

大作の予感??

☆ コ メ ン ト ☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://konekonohirune.blog41.fc2.com/tb.php/304-0c6207a6

 | HOME | 

☆ calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

☆ Monthly

  

☆ Categories

☆ BlogPet

☆ Recent Entries

☆ Recent Comments

☆ Recent Trackbacks

☆ Author

papierluftballon

papierluftballon

 心の持ち方や行動の仕方と
 体調の関係、
 体つきや動作と心の関係…。
 自分なりの
 こたえを見つけることが
 最近のテーマ?な感じ。。
 

FC2Ad