晴れのちトキドキ曇り。。☆ Part2

書きたくなった時に気ままに思いをつらつらと…。

カンゲキー!

天海さん見たさに一度、ミュージカルを見に行ったことがあります。
しかし、他の出演者の歌もイマイチだったり、
セリフも聞き取りづらかったりで魅力が感じられず…。
やっぱり四季以外は観るのはやめとこー と極端な決断をしていた私…
四季は劇場も見やすいしね。

しかし、ちょっとした興味で
ミュージカル 『 エリザベート 』 のサイトのダイジェスト動画を見て衝撃!(笑)
山口祐一郎…。この人の存在感、ナニ!?って。
すんごくナマで見てみたい~っ!!って思ってしまったのでした。
山口祐一郎、知ってますか?そこのアナタ!
私は名前は知っていたのですが、たぶんナマで見たことはなかったと思います。
劇団四季に在籍していた人だけど、私はガンガン観に行くタイプでもないし
昔は役者さんを選んで観に行くってこともしてなかったから全然記憶になく

愛知県の中日劇場で現在上演中のこの 『 エリザベート 』 。
やや衝動的にチケットを購入して行ってきました。

ストーリーを簡単にちょっと書くと、
自由な気質のパパが大好きで自由に育ったエリザベートが嫁に行く。
嫁ぎ先では自分の感情を抑え、自分を抑えることを姑にも夫にも求められ
自由がなく息苦しい。姑はこの嫁は息子に合わない!とお怒り。
夫だけが頼りだけど、夫は味方にはなってくれない。
お母さんか私かどっちか選んで!!と嫁に言われて
夫はママに背く。怒ったママは息子が浮気をするように仕組む。
浮気を知った嫁は家出。自分でいるために、子どもを放って出て行く…。
ちゃんとしたストーリーは上のリンクにあるので興味のある人は
そちらを見てね

行くと決めてからは、ネットでチェックチェック(笑)
何人かのキャストで色んな組み合わせがあるのでそれぞれの評判とかを。
だって安くないから~
私の初回の基準は、滑舌=歌>演技>ダンスって感じ。

ルドルフ役( 息子:成人 )の大野君っていう人はあんまり…
っていう感想を多く見たので除外( ゴメン )。
第一希望は平方元基さん。
エリザベート役は春野寿美礼さんより瀬奈じゅんさんの方が評判が良さげ?
な感じがしたのでそちらを希望。
フランツ( 夫 )は石川禅さんの方が歌が上手そうだし、
滑舌も良さそうと思いそちらを希望。
ゾフィー( 姑 )はどっちの人でもいいや。
パパ役の人は四季に居た人だから聞きやすそう。
子どもルドルフ( 息子:子ども時代 )は
加藤清史郎クンを見てみたかったけど贅沢は言わない。
そんな基準で、自分の行ける日時を探しました。
もう始まってしまってからだったので、あんまりいい席は取れないだろうなと思いつつ
でも、表情の見える席を!と思い、探したら
何とか、1階席の前のブロックが取れました

そして実際に見に行く前に山口祐一郎さんとは?と思い、
いろいろネットを見てみました。
アース製薬のCMをやっているんですね。
CMと上記のダイジェスト動画の彼とのギャップったら…
年齢は今年で56歳!( には全然見えない… )
ネットで
誰でもピカソという番組に出演している動画があったのでチェック!
それを見ると、なかなかの変キャラ(笑)でした。
それから、山口さんの演じるトートの感想もいくつか見ておきました。
行く前はこんな?感じ。

そして当日。
表情のわかるギリギリくらいの席だったかも。

感想は。。。



良かった~~
帰りは余韻に浸りまくり、ほわわ~~と酔っぱらってました。
しあわせでした

わりと聴き取れました。言葉。
四季と比べるとやっぱり四季の方が断然聞き取りやすいけど…。
期待値が低かったのも良かったのかもしれません。
ひとりで歌ったり喋ったりする分にはほとんど大丈夫だったので、
ストーリーを追うことができて助かりました。
ただ人数が増えると時々聞き取り辛くて残念でした。
アンサンブルは四季の方がいいなぁ。

お目当ての山口さんはとても魅力的でした。
黄泉の帝王という死神的な役なんですが
まさしく帝王という貫禄があり、とても雰囲気があるのです。
人が死ぬ時に舞台に出てくるのですが、
もうね、 ヌーッ… という感じで出てくるのですよ。
『 わっ!出た!(笑) 』 と、心の中でつい叫んでしまいました
人を死にいざなう冷酷な感じと、
大きな身体と腕を上手に使って、死によって癒されるというような温かさを
表現していたような感じがしました。
死にいざなえちゃったり、死をもてあそぶようなところがあったり、
死を温かいものと感じさせるところは
やっぱり人間ではないのだけど、そこにあんまり違和感がなくて自然なのよ。
人間が演じているのに、限りなくこの世のモノではないオーラがプンプン。
ホントにいるんじゃない?こんな黄泉の帝王… って思えちゃう。

そして、歌。
めっちゃエエ声
『 ふゅぁ~~~ 』?
声にならない声を心の中であげた私。
うまく表現できませんが、声が自分の頭の上で響いているような
魂を上に持っていかれてしまうような、そんな感じがしました。
彼の歌だけエコーをかけているので
更に別の世界からの声という感じが強まります。
ただ、ダイジェストの映像を見た時も思ったのだけど
お前にい~のち ゆ~るした た~めに 生きる意~味を 見つけてしま~った~
のあたり、苦しそうじゃない?
魂を持っていかれちゃう分、その部分で引き戻される感じがしたのは
ちょいと残念な感じがしました。
細かい音符とか休符が苦手なのかな??と思ったのだけど
買ってきたCDを聴いたら( これは2004年のもの )
こっちは苦しそうには聴こえませんでした。
2010年の上演の時はどうだったのかなぁ。

かなり山口さんに焦点を当てて見ていたので、他の人の印象は薄いです。
っていうか存在感がすごくて持っていかれちゃうの。
舞台に出てくるのを、声を聴くのを心待ちにしてしまう私がいました。
それぞれの登場人物の人生や思いも感じられて、
そこに感情移入もできたのですが、山口さんのインパクトが強すぎる
山口さんは、レ・ミゼラブルにも出演していたみたいです。
来年また上演されるようなので、もし今度も出演するようなら行っちゃいそう。

CDも買ってきました。
しばらくは車の中で聴くんだー

ミュージカルを見た後、もう少し山口さんのことが知りたくなったので
舞台以外の彼をネットでいろいろ見ました。
ミュージカルの宣伝のため?のテレビ出演の動画とか。
詳しくは探せなかったのですが、
子どもの頃、親子関係でつらい思いをした時期があったようです。
この辺りは、私の仕事的にも関心がとてもあるところなのですが
ネットではきちんと書かれているところが見つけられませんでした。
年齢のわりに少年っぽい感じがするところや、
少し不思議なコミュニケーションをするように感じられるところは
子どもの頃の体験と関連があるような気もします。
思い込みもけっこう強そうだし、
仕事の自分なりのこだわりもとても強そうに見えます。
笑う笑顔は優しげで素敵なのですが、
ちょっと寂しさも含んでいるようにも見えます。
不器用そうで純粋で繊細な感じもしたり…。
それなのにあの舞台での存在感…。
ギャップがヤバイ…。ハマりそう…

いつまで舞台に立ってくれるのかなぁ。
今後も他の作品も見てみたいです

どうでもいいのですが、最近の彼の動画を見て
ハイスクール奇面組の一堂零に似てない?と思ってしまいました( 古っ! )
ネットで検索してみたら
同じことを思った人がいたみたいで嬉しかったり


☆ コ メ ン ト ☆

見つけなくてよかったのに~ (^_^;)

私が誰かということがわからないように気をつけていつも書いてました。
だから自由にいろんなことを書けたのだけど… i-241

ブログの目的が違うので、おあいこという感じは私はしないデス…i-177

もう仕方ないケド i-202

みーつけた!!

たくさんヒントを有難う!!
やっと見つけましたぞv-91

見られるのをとても嫌がってたけど、
杏仁豆腐の作り方とか載ってて、
私的にはとても楽しかったですv-266
まぁ、私の所にも覗きに来てるのだし、あいこということで(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://konekonohirune.blog41.fc2.com/tb.php/337-ac0f58dc

 | HOME | 

☆ calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

☆ Monthly

  

☆ Categories

☆ BlogPet

☆ Recent Entries

☆ Recent Comments

☆ Recent Trackbacks

☆ Author

papierluftballon

papierluftballon

 心の持ち方や行動の仕方と
 体調の関係、
 体つきや動作と心の関係…。
 自分なりの
 こたえを見つけることが
 最近のテーマ?な感じ。。
 

FC2Ad