晴れのちトキドキ曇り。。☆ Part2

書きたくなった時に気ままに思いをつらつらと…。

遠慮しあう鍼?

先日の鍼の勉強会での先生のお話。

ケガで炎症を起こしている患者さんの例を挙げながら話していたのですが、
炎症を起こしいる時は、身体のその部分でケンカのような状態になっていると。
そこに第三者 ( 鍼灸師 ) が介入して、ケンカではなくて
遠慮しあうような状態にするといいと。

話の内容をきちんと説明しようとすると難しくなるので
詳しくは書きませんが、
ケガをした時に、治そうとして働く身体の2つの部分の反応を説明するために
先生はそんな話をしました。
患者さんにとっては炎症が起こっていれば痛みとして感じられる場所。
その2者が遠慮しあうようになれば
その場所の痛みが軽くなっていくということなのですが…。

「遠慮しあうような鍼をそれぞれが研究して下さい ( ニコニコ ) 」
と…。

鍼灸師は2者に話し合いをさせるのだけれどその場所は
どちらも文句の出ない場所でなければならないとか、
どちらかに肩入れして味方してもいけないとか…。
けっこう抽象的…

先生が感じてほしいことや、
伝えたいことをやや無視してるかもなんですが、
『 人間関係に似ているなぁ。置き換えられる? 』
と、そちらへ考えを広げていってしまった私

遠慮しあっていたら、" 痛み " という問題は起こりにくいかも?と。
でも、私は " 遠慮しあう " って言葉がしっくりこなくて
" 活かしあう " がいいなぁと。
そっちじゃダメ?なんて思っていました。

「 遠慮しあうっていうことは、
活かしあうっていうことでもあるんじゃないかと思うんですけど? 」
と先生に言ってみると、先生はニコニコして頷いて。。。

私はこの言葉の方が好きなので同じ考えるのなら
こちらの方向から考えたいなぁと思ってしまいました。
でも、参加しているメンバーの中には " 遠慮しあう " という言葉の方が
しっくりくる人もいました。嫁と姑のことを例に挙げたりして。

うーん…、そうなのかぁという感じ。

こんなことを考えていたら、もう1つ言葉が出てきました。

" 邪魔をしない "

遠慮しあい、活かしあい、お互いの邪魔をしなかったら
問題って起こりにくいだろうなぁって。

この3つの言葉、似たような意味合いなのに
感情が違ってきそうです。
遠慮は消極的な感じ、活かしあうは能動的な感じ、
邪魔をしないというのは消極的でもあり能動的でもある感じがします。

" 遠慮 " というのは本来は優しいものであると思うのですが
私にとっては、断りたい時にはっきり断れないから遠慮という
言葉を使ったりすることが多い印象があって、
あまりいいイメージではなかったんですよね…。

" 遠慮しあう鍼 " とは?というところから
ハズれてしまったんですけど
身体の状態をどう捉えるかというところに、
その人の鍼のやり方の特徴が表れるかもしれないなぁと
いう気がするのです。

この3つの言葉のどれを好むかというのにも
その人の好む関わり方が現れるような気がしました。

私としては、" 活かしあう " が好きなのですが
" しあう " というのはけっこう難しいかもと…。
それぞれが " 活きる " ように鍼で働きかけるということが
私にできるかな?と…
" 邪魔をしない " というのを目指して、
邪魔されなくなれば、結果、活かしあえるのかなぁ。。。

まあ、どれでもいいか。。。
とりあえず、この3つの言葉、
しばらく頭の片隅に置いておきたいと思います。

施術中に、ピンと来る反応に出あえるといいなぁと思います。

☆ コ メ ン ト ☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://konekonohirune.blog41.fc2.com/tb.php/350-243ecc79

 | HOME | 

☆ calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

☆ Monthly

  

☆ Categories

☆ BlogPet

☆ Recent Entries

☆ Recent Comments

☆ Recent Trackbacks

☆ Author

papierluftballon

papierluftballon

 心の持ち方や行動の仕方と
 体調の関係、
 体つきや動作と心の関係…。
 自分なりの
 こたえを見つけることが
 最近のテーマ?な感じ。。
 

FC2Ad