晴れのちトキドキ曇り。。☆ Part2

書きたくなった時に気ままに思いをつらつらと…。

美容鍼

私が働いているところでも美容鍼を取り入れています。

ネットをしていて、ふと画面右横を見たら
男の人の顔に鍼がザクザクと刺さっている写真が…。
最近ではネットでもよく見かけますが、なかなか慣れません
男の人でも美容鍼かぁ…と思いつつ、その写真をクリックしてみました。

100本の鍼が刺さっているようです
リンクはこちら
男のメンテナンス A to Z 「あぁ、刺・激・的! 100本の鍼でむくみ顔を解消!」

BeforeとAfterの写真が載っていますが
それほどの違いが感じられない気が…。

私は職場では美容鍼の施術メンバーからはずしてもらっています。
取り入れる時に 「 どうする? 」 と聞いてもらったので断りました。

学生の頃、バイト先で鍼灸師の人に美容鍼の練習をさせて
って言われたけど、ぶるぶる と首を振り拒否
あんな針山みたいなのヤダ!コワイ!って
身体に鍼を刺すのも刺されるのも、そんなに好きじゃなかったし。
顔でしょ?
顔はオンナのイノチよっ!(笑)
学校でも美容鍼の講座が希望で受けられたのですが、行きませんでした。

怖がりと言ってしまえばそうです
だけど、他者から顔にそんなに鍼を刺されること自体、
自然から大きくかけ離れたことだと思うのです。
そうでしょう?

私は今は全然刺さないでやっているので
もう刺すことそのものにも抵抗が出ちゃってるのですが

私個人としては、顔は身体の一部分だから…。
そこに集中的に焦点を当てて改善しようということに
違和感を感じています。
シミやシワ、たるみなどが顔そのものの問題ではないということは
少し考えればわかることだと思うのです。
化粧品で何とかするということに慣れすぎて
そのことを忘れてしまっているのかもしれません。
肌は内臓の鏡って言いますよね。
そちらを整える方がいいんじゃないの?と思うのです。
急がば回れ的な?

鍼で身体を整えることが先、
その過程で顔もキレイになってくるのを期待したい
っていう順番の方が良いと私は思います。
そうでないと、一回一回の施術に一喜一憂することに
なるんじゃないかなぁ。
顔に出ている状態は、一定の時間を経てそうなっているので
短期間にどうにかできるものではないと考えた方が良いと思うのです。

私が働いているところで施術にあたっているスタッフも
常に身体全体を視野に入れて施術していると思いますが、
恐らく、葛藤を抱えながらではないかなぁと思っています。
身体を整える必要を理解してもらいたいという思いはあっても
そういう意識で来られている方はそれほど多くはないので…。
私のいるところでは、
鍼の良さを感じてもらえる入り口となれば、
という思いもあって取り入れているという部分もあります。

まだまだ、鍼は一般的ではありません。
効くの?
痛いんじゃないの?
衛生面が心配…とか。

効くとか効かないとかは、
本人の満足感なんかもあるのでなかなか難しいところでも
あると思うのですが、鍼は効く!と私は思っています。
痛い鍼をするところは、今はそんなにないと思います。
みんな注射鍼をイメージしてしまうようですが、
全然太さが違います。
鍼もものすごく細いものを使っているところがほとんどです。
鍼は、使い捨てのものを使っているところがほとんどです。

また、鍼治療はおじいちゃんやおばあちゃんが行くところとか、
スポーツなどでケガをした時に行くところとか、
ひどい腰痛や肩が動かない時に行くところとか、
西洋医学で治療法がない時に行くところとか。
………そんなものだと思っている人も多いように思います。

しょっちゅうマッサージに行ってもすぐに戻ってしまうとか、
慢性的なだるさや、不快感を持っている人は少なくないと思います。
病気として診断されるほどではなくても、
そのちょっと手前にいる人は少なくないと思うのですよね。
便秘やむくみだって長く続けば心配です。
そんな人がちょっと行ってみようと、
気軽に行ってみてもかまわないところなのですが、
そういうふうには思われていないように感じています。

プチ整形とか美容整形とかも。
肯定的にとらえる人も昔より増えてますよね…?

整形は私は、身体に負荷がかかると思うので反対です…。
自然にさからって身体を変えると、
気血の流れが悪くなるのではないかと思います。
一時、美しくなっても身体のバランスが悪くなれば、
肌の状態も悪くなりかねません。
そして、また整形…ということになりはしないかと…。
その人の身体を維持するのに自然な形というのがあると思うのです。
整形に限らずですが、
手術痕が身体のバランスを変えてしまうという考えもあります。
その周囲の気血の流れが手術前とは変わってしまうから。
鍼灸の業界に足を踏み入れる前は、
こういうことは考えられなかったし、
実感としてもわかりませんでしたが、
昔々のケガがのちの身体のバランスに影響したりしているのを見たりしていると
納得します。

手術はなるべくしない方がいいと思っています。
予防が大事!
やむを得ず手術をした場合は、
その後は、定期的に身体を整えることをお勧めしたいと思います。
そうしていれば歪みを広げていくことを防げるから。

話があっちこっちへそれましたが
身体の健康とか、心の健康とか…。
そちらに重点を置いて考えていくのが大事だと思うのですが
なかなか難しいのかなぁと…。

☆ コ メ ン ト ☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://konekonohirune.blog41.fc2.com/tb.php/361-b490e72d

 | HOME | 

☆ calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

☆ Monthly

  

☆ Categories

☆ BlogPet

☆ Recent Entries

☆ Recent Comments

☆ Recent Trackbacks

☆ Author

papierluftballon

papierluftballon

 心の持ち方や行動の仕方と
 体調の関係、
 体つきや動作と心の関係…。
 自分なりの
 こたえを見つけることが
 最近のテーマ?な感じ。。
 

FC2Ad