晴れのちトキドキ曇り。。☆ Part2

書きたくなった時に気ままに思いをつらつらと…。

動物鍼灸

先日、動物鍼灸を初めて体験しました。
うちのニャンコ がです。

ずっと便秘が酷くて、そのうち食欲も落ちて痩せてきて…。
ヤバいことになってる…?と怖くなり
家人が動物病院に連れて行くと、巨大結腸症で
かなりひどい状態と言われました。
麻酔を使わない主義の先生で、
泣き叫び嫌がる猫のお尻から指を入れ、
強引に便を掻き出すということをされたそうです。

家に帰ってきた後はなんだかグッタリし、お尻からは血が垂れて…。
次の日が休みだからということで、一日に二度連れて行ったのですが
連れて行った家人も辛くてグッタリ…。
休み明けにまた連れて行かなければいけないけど、行く気が起きないと…。

私もニャンコの流血を見たのと、話を聞いたのとで怖くなって…。

鍼の専門学校に行っている時にチェックしていた鍼灸をやっている獣医さんに
お願いしてみようと思ったのです。
ホームページの印象はあまり良くなかったので、
普通の獣医さんで何とかなるのなら多分依頼することはなかったと思います…。
でも…、もし激しいやり方でなく改善するのなら…と、
そして、先生が使うツボをチェックしておいて、
効きそうなら家で何かできないかな…と、
そんなことも考えていました。

初診の日のこと、
先生は、 巨大結腸症は知らないけどネットで調べたと…。

それって患者さんに言っちゃマズイのでは…??
やっぱり良くなかったかもしれない…と不安になった私。
コミュニケーションをとった印象も、悪い人ではなさそうだけど、
ちょっと独特でキャッチボールがうまくいかない感じ…。
鍼灸師もけっこう変わった人は少なくないし、
獣医の中でこんな方向を選んだ人なので変わった人でも不思議はない…。

そんなに刺激量が多くなければ
効きはしなくても悪くなることはそんなにないだろうと
腹を括りました

いろいろネットで事前に見ていたのですが、
椎間板ヘルニアなどで立てなくなった動物に鍼が効いたという例が
多かったように感じていました。
どのツボを使うのだろう?と思って見ていたら
百会と環跳。( と言いながらカルテに記載していました )
猫の百会は腰椎と仙椎の間のくぼみのところ。
猫の環跳は尻の後ろのくぼみの中。
  All About 「 猫の身体のつぼ 」

うーん……、その選穴?
と思った私。
百会はいろんな経絡は通っているかもしれないけれど…。
場所だけだといかにも、足腰の異常に用いる場所っぽい…。
そこしか使ったことないのでは?と勘繰りたくなってしまいました…。
そして、鍼も使い捨ての鍼ではなく、なんだかな…という感じも…。

拾ってきた時に猫ウイルス性鼻気管炎という病気を持っていたこと、
その時も便秘をしていたこと、
避妊手術をしてから部分的に脱毛してしまっていることなども
伝えました。
人間だと肺と毛と大腸は関連があるので
拾ってきた時の、気管支炎の影響で
もともと肺と大腸の連携が悪いんじゃないかとか、私は思っていたんですよね。
あとは避妊後のホルモンバランスの影響とか…。
それに関連した選穴がなされるのかな…と期待していたんですが…。

獣医さんの世界でもやはり鍼といえば
肩こり、腰痛など ( 動物にそんなのがあるかは不明ですけど
運動器へのアプローチが主になってしまうんでしょうか…。
うちの子の場合は、内科的なものだと思うので、
ネットで調べるならアプローチの仕方を調べておいて欲しかったな…。

とりあえず、もう一回くらいはと思ったので
2度施術してもらったのですが、選穴は二度目も同じでした
うちのニャンコが拘束されるのを異常に嫌がるので
今回はちょっと口出しして、鍼は一か所だけにしてもらいました。
だって、刺さっている状態のときに暴れるんだもの…。
痛いでしょ…。
「 人間でも刺さっている時に動くと痛いですよね、私、鍼師です 」 と

脱毛の原因をどう捉えているのか尋ねてみると、
脱毛が心配なら漢方の塗り薬があるからあげると…。
漢方っていったって、合う合わないはあるでしょ…と思った私。
うちの子に合うかどうかも考えていない感じで
円形脱毛の動物に使ったということを言われる先生…。
様子をみますと遠まわしに断りました…。

のびて広がってしまった腸は戻らないとネットで見ていたので
それって西洋医学的にはってことだよね?と思って
鍼灸に期待したんですが、なかなか難しいですね…。
人間でも鍼灸を治療手段として選ぶ人は多くありませんが、
動物は更に少なくて、施術する側もとても少なくて…。

キャットフードを変えることで何とかならないかと探していしたら
こんなものが見つかったので、鍼灸治療の少し前から試していました。
ロイヤルカナン 「 消化器サポート(可溶性繊維) ドライ 」
楽天でのコメントを見ると、獣医さんに勧められたとか、
巨大結腸症の子でも が出たとあったので。

この頃は、このご飯のおかげか毎日 が出ています。
最初のうちは、血が混じっていたからか黒かったのですが
病院で摘便されてから10日くらいから茶色い色になってきました。

たぶん腸は元には戻っていないんだろうな…と。
とりあえず、今のところは出てくれているし、
食欲も戻ったので少し安心しています。

効果があるかどうかはわからないのですが、
ほぼ毎日、ほんの短い時間、刺さない鍼をしてみています。
凹んで元気のなさそうなところに接触させる感じ。
暴れることもなく、嫌がらずにおとなしくしてくれています。
たまにちょっと気持ちよさそうな気も。。。
脱毛してしまっている毛に変化が出てきたら見込みありかな?
と期待しています。


☆ コ メ ン ト ☆

 
v-352 ぎんぺーさんお久しぶりです v-352
返信おそくなってごめんなさい v-435

猫の調子は今のところ安定している感じですが、
「 出た? 」 と必ず毎日確認してしまいます。
出ていないと落ち着かないです v-292
心配して下さってありがとうございます v-409

e-283 が出てくれているのは
ご飯のおかげなのか、鍼のおかげなのかわからないので
鍼をしないで様子をみたりもしているのですが
出ないと、待ちきれず鍼しちゃいます e-351
脱毛している毛は一向に増えてくれていないので
やはりご飯のおかげかなぁと e-351

良くなるということは難しいのかな…。
良くなってほしいです i-241

猫に小鍼

pさん、お久しぶりです。
猫ちゃんの具合はいかがですか?
鍼灸で治れば、体への負担も少ない(だろう)し、いいですよね!
彼らの訴えに耳を傾けるのは大変な作業でしょうが...。
やっぱり飼い主pさんの愛情鍼がいちばんですよね👍

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://konekonohirune.blog41.fc2.com/tb.php/484-2e9072ce

 | HOME | 

☆ calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

☆ Monthly

  

☆ Categories

☆ BlogPet

☆ Recent Entries

☆ Recent Comments

☆ Recent Trackbacks

☆ Author

papierluftballon

papierluftballon

 心の持ち方や行動の仕方と
 体調の関係、
 体つきや動作と心の関係…。
 自分なりの
 こたえを見つけることが
 最近のテーマ?な感じ。。
 

FC2Ad