晴れのちトキドキ曇り。。☆ Part2

書きたくなった時に気ままに思いをつらつらと…。

愛情を感じる?

心屋仁之助さんに関する記事 へいくつかのコメントをいただきました。
ありがとうございます。。。
私が一番最近返信したコメントに、
心屋さんにのやり方にはあまり愛情が感じられない…っていうことを
書いたのですが…。

その返信を書いた感覚が残っているつい今日、
録画していた、
土曜日放送の 『 炎の体育会TV 』 2時間スペシャルを観ました。
内容は松岡修造さんの熱血テニス合宿。

自分を信じることができない子ども、
すぐに泣いてしまう子ども、
すぐにふてくされてしまう子どもなど…。
自分を変えたいという子どもたち6人の合宿。

松岡さんは 『 一所懸命 』 と書かれたウェアーを着て登場 ( 笑 )
そして子どもたちに向かって
「 ここはテニスが上手になるだけでなく、心が強くなる場所だ! 」
と熱く語りかけます。

やや暑苦しくて、押しつけがましさも結構すごいのですが、
” 一所懸命 ” に矛盾しない言動、
子どもを見る時の目はいつも真剣でまっすぐ。
テニスを上達させるためのアイデアは面白くて、
でも効果的で、プロだなぁ~と感動しました。
近藤真彦のスニーカーぶるーすを使っても、子どもたちにはわからんだろ~
と思いましたが、本人はノリノリで指導 ( 笑 )
でもシューズにシールを貼らせて、そこを意識させるという方法は
素晴らしいなぁーと思いました。

子どもたち一人ひとりのことをとても良く見ている松岡さん。
叱る時も、褒める時も一生懸命。
そして、自分も子供たちと一緒に動いて汗をかき、傍観者にならない。

涙あり、笑いありの2時間。
子どもたちがプレッシャーを与えられたり、
体力と精神力の限界まで打たされたりされているのを見るのは
ちょっと苦しかったですが、
でも、子どもたちは最後は皆、とても良い顔になっていました。
えらかったね

ここで、最初の話に戻るのですが ( 長い…
松岡さんからは愛情が感じられるなぁ。。。と思ったのでした。
子どもたちの感覚と、松岡さんの感覚は恐らく違いすぎるので
松岡さんの愛情が子どもたちに伝わっているのかはわかりませんが、
感覚の違いは、彼の一生懸命さが埋めてくれているような気がします。

カウンセリングとテニスのコーチは同じではないのですが、
一人の人と向き合う姿勢っていうんでしょうか…、
それは共通する部分があるのではないかなと思うのです。

たった3日間の合宿。
子どもたちは皆、初めより上達しました。
せっかく良い体験ができたのだから、
先にうまくつなげていってもらえるといいなぁと思います。
その後の子どもたちの様子もいつか見られるといいなぁ。。。


***** 関 連 記 事 *************
・心屋さんのところのホームページに載っていないこと
・わかりにくい… (^_^;) ( 心屋さんの責任はどこまで? )
・心屋流を利用する ( セルフヘルプの一方策として )
・カウンセラーの選び方… ( 私の場合 )< その1 >
・カウンセラーの選び方… ( 私の場合 )< その2 >
・心屋仁之助さんが気持ち悪いわけ
・カテゴリの編集をしました
・ナイナイアンサーの心屋さん < その1 >
・ナイナイアンサーの心屋さん < その2 >

☆ コ メ ン ト ☆

良いところも、悪いところも。

返答ありがとうございます。

防衛って、ある程度は必要だし無意識にでると思いますが、防衛を強化するあまりに防衛の皮をかぶった攻撃になってないかなーと感じることがあります。

あきらかな攻撃でないと人は避けたり、止めて!と言いづらかったりするので、遠回しな否定はとても複雑で心のパワーを吸い取られますね。

本当の気持ちと、表現の手法。なんて課題があたまに浮かびました。少し勉強したくなりました。ありがとうございます(^^)

内緒でコメントを下さった ひまわりさん へ

ふたたびのコメント、ありがとうございます (*^。^*)

松岡さんは、まっすぐで正直でステキですよね。
以前にどこかの記事に書いた記憶があるのですけど、
私は綾小路きみまろさんのネタが苦手です。

自虐的な言い方をする人って、傷つかないように
傷つけられる前に自分で傷つけるという感じがして
防衛的な感じがするんですよね。
他人が自分を否定することを想定しているって、
人を信じていない感じがします。
そんなことを前提にして言葉を選んで楽しいのかなぁ?
幸せなのかなぁ?
ちょっと歪んでるんじゃないかなぁ?と思います。

自分のダメな部分、嫌な部分は素直に悲しんだり
残念がったりしたらいいんじゃないのかなぁと…。
そういう部分だけでできているわけじゃないんだから。

以前は心屋さんのブログはコメントできたんですよね。
私はその頃のことは知らないのですが、
いろいろあったのですね。

忙しい中、コメントに返信するのは大変だろうとは思うので、
忙しくて丁寧な対応ができなくなったのなら
自分の限界を認めて
途中からでも返信しないでおいたら良かったのに…と思います。
ある程度有名になると、
コメント欄があっても、返信されない方も少なくないですよね。
コメントされた方も、
忙しいことくらい、察することはできたと思うのです。
心屋さんは、
ご自分を客観的に振り返るということをされる時間がないのでしょうか。
どういう可能性があるか、想像することはできなかったのかなぁ…。

あなたはすべて素晴らしいなんて反応ばかりなのは
却って気持ちが悪いと思います。
疑問を持つ人もいて不思議はありません。
選ぶ側としては、
そういう両方の意見なり感想なりを知って判断すれば
後悔も少なくてすむのではないかなぁと思うのですけど…。

心屋さんが、疑問に向き合い、答えるという姿を
見てみたかったなと思います。

自分に都合のいいメールをブログで紹介するのではなく、
ありのままのコメント欄を見せて欲しかったなと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://konekonohirune.blog41.fc2.com/tb.php/491-e2bd7940

 | HOME | 

☆ calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

☆ Monthly

  

☆ Categories

☆ BlogPet

☆ Recent Entries

☆ Recent Comments

☆ Recent Trackbacks

☆ Author

papierluftballon

papierluftballon

 心の持ち方や行動の仕方と
 体調の関係、
 体つきや動作と心の関係…。
 自分なりの
 こたえを見つけることが
 最近のテーマ?な感じ。。
 

FC2Ad