2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2015.09.01 (Tue)

ミュージカル貴婦人の訪問

山口さんのことを書くカテゴリーを設けたのに、
めっきり書いていないので久しぶりに書いてみようと思います。

山口さんを知って以来、
山口さんが出演されるものは少なくとも2回以上は観に出かけています。
お金持ちじゃないので、ガンガンは通えないのですけど
2014年のレディ・ベス後はミュージカルモーツアルト!、
その後はクリエミュージカルコレクションⅡ。

そして2015年の夏は貴婦人の訪問。←日本初演っ!
 
  貴婦人の訪問

しか~し!
まだ一度しか行っていないのです。
( 「 しか 」 と言うようになっている自分がコワイですが

ここのところ気持ちが落ちていて、運転していけるだろうか…と
ちょっと出かける腰は重かったのですが
行ってしまえばこっちのもの!(?)
ストーリーは重かったですが、
楽屋入りと出の山口さんの笑顔に癒されました

行ってきたのは大阪公演、シアターBRAVA!
シアターBRAVAには初めて行きました。
調べていった駐車場が満車で、予定外の駐車場に止めたら道に迷い…。
劇場の近くの駐車場が高かったので一駅離れたところに止めたのですが
劇場までの道も、駐車場へ帰る道も迷いました…。
暑い中歩いて行くという貧乏計画のおかげで汗ダクダク

前置きが長いですが ここから本題に入ります。

今回、取っていただいた座席は
視力0.8くらいの裸眼でなんとなく表情がわかるくらいの場所でした。



【 以下続き・・・】


双眼鏡を持って行ったけど、並びに座っている方々が使われないので
若干使いづらく、控えめに使いました

初めてだったので、歌詞をちゃんと聴いてストーリーを理解したかったのですが
場所のせいか、劇場のせいか、ちょっと音響が悪かった?
歌詞が聞き取れないところがとても多くて、
おおざっぱにしかストーリーがわからず残念でした。
山口さんも、涼風さんも、石川禅さんも歌詞の聞き取れない方たちでは
ないと思うので、会場か座席の位置の関係かなぁと思っています。

聞き取れていない分、細かい部分がわかっていないかもしれませんが
感じたことや思ったことを書き残しておこうと思います。

まずはストーリーについて。
若い頃つきあっていた彼女(涼風さん演じるクレア)が
大金持ちになって故郷に帰ってくる。
財政難に陥っている故郷を救うことと引き換えに望むのは
元彼(山口さん演じるアルフレッド)の死。

アルフレッドの死と引き換えなんて、
何を言ってるんだ!とんでもない的な歌を
アルフレッドの友人4人は歌うのですが
この4人もだんだんお金に目がくらんでいってしまうんですよね。
市民たちも同様。

もう、その変わっていってしまう感じが辛くて…。
ちょっとー!友だちじゃないの?みたいな。
禅さんはずっと葛藤している役だったので、禅さん頼む!的な
思いで観ていたのですが、、、。
最後は禅さんも、、、。
『 え~っ…!禅さん… 』 と心の中で泣いていた私


全体を通してすごく印象に残ったのは涼風さん。
あの細っそい身体であんなにパワフルに声が出るってすごいですね。
すっごいなー、歌、上手だなーと。
『 うわぁ~うわぁ~ 』 って思って観てました。
涼風さん演じるクレアからは、
復讐心とか怒りよりも、私は悲しみが一番強く伝わってきました。

禅さん、今さん、今井さん、中山さんは皆さん歌がお上手で
安心して聴けました。
4人で歌うアルフレッドの死を引き換えにするなんてダメだ!の歌は
かっこいい。もっと聴きたい!おかわり!って感じ(笑)
私はこの4人の中では、禅さんと中山さんが良かったです。
こんなキャラの人っていうのがなんとなく感じられるから。
今さんと、今井さんはあまりどんな人なのかが感じられなくて
ちょっと面白みがなかったかも。

春野さん演じるマチルデは、
どんな人なのかよくわかりませんでした…。
あまり印象に残っていません。

そして山口さん。
出番が多くてまず、嬉しかったです
モーツアルトのコロレドやエリザベートのトートの時と全然違って
オーラがない(笑)
存在感に魅せられて山口さんにハマった私としては
オーラ、消せるんだーとちょっと感動。
山口さんの役の感情はあまりわかりませんでした。
でも、山口さん演じるアルフレッドという男性は
良くいえば、優しすぎるオトコ ?
なのでしょうか。
悪くいうと、主体性がないオトコ?
1幕ではフワフワとした感じの印象が強かったのですが
2幕では、死ぬ覚悟ができたと歌います。
その感情の移り変わりがよくわかりませんでした…。

うーん…、歌詞が聞き取れなかったのが残念。
次回の観劇に期待したいと思っています。

山口さんのことを ” 大根 ” だと感じる方たちがいらっしゃるみたいですが、
私はそうは思いません。
クリエミュージカルコレクションⅡで聴いた ” 彼を帰して ”
めちゃくちゃ感動しました。
なんていうか、感情的に歌えばいいというものではないと思うのです。
単語1つ1つに大げさに感情を込めて歌う方たちには私は魅力を感じません。
山口さんはそういうんじゃないと思うんですよね。

ネットで感想を見ていると、
回を重ねるごとに皆さんのお芝居も変化しているようです。
評判が良いからでしょうか?来年の再演が決定したと発表されました。
それぞれのキャラもだいぶ立ってきているかも?と期待しています。
今度はもっとアルフレッドと他の人との感情のやりとりや、
感情の移り変わりを感じ取れたらいいなぁと思っています。

話は違いますが、
今、次の公演のダンスオブヴァンパイアのCDを聴いて予習してるんですが、
貴婦人では欲望に従った人々によって追いつめられてしまうけど、
ヴァンパイアの方では、
山口さんは ” 欲望に従え ” と歌っているんですよね。
CDを聴いている時、欲望に従っていいの?
従っちゃったら大変じゃん。
なんて思っちゃったりしています (笑)



テーマ : 人生を豊かに生きる - ジャンル : 心と身体

EDIT  |  06:00  |  山口祐一郎さんとかミュージカルとか  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment


コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。