晴れのちトキドキ曇り。。☆ Part2

書きたくなった時に気ままに思いをつらつらと…。

心屋さんのところのホームページに載っていないこと

こちらに何度かコメントを下さった re810 さんが
心屋さんのところへ疑問に感じていたことを問い合わせされ、
同じように疑問に思われる方がいらっしゃるかもということで
こちらにコメントの形で書き込んで下さいました。

こちらの記事のコメント欄に書いて下さいました。
  わかりにくい… (^_^;) ( 心屋さんの責任はどこまで? )

今回、こちらに書いて下さったのは
マスターコースに関連したことのみですが
講師の方がカウンセラーとしての資質があるかどうかということは
やはりあまり考慮されていない感じですね。
受講料の設定の理由が、私には意味がよくわかりませんでした。
心屋さんがよく言われる、存在給的なものでしょうか…。
こういうのを、消費生活センターに相談すると
どういう回答をしてくれるのかなと、思ったりします。
相談しませんが (^_^;)

今回、この記事を書くにあたって確認したいことがあり
心屋さんのところのホームページを見に行ったのですが
よくある質問の一つ一つがクリックしても開きませんでした。
どうしたんだ??と思い、他のところも見てみたのですが
表記が変更されていました。
マスターコースの後に、
カウンセラー養成コース という文字が新たに加わっています。
講師の方はカウンセラーとして資質があるかどうか
あまり考慮されていないのでは?? (^_^;)
そのように心屋さんは回答されたのでは?? (^_^;)
それなのに、カウンセラーを養成するコースだという言葉を
わざわざ新たに加えたっていうのは…。
意味不明です…。

よくある質問の一つ一つが開かないのは、
書き換えの途中なのかもしれません。

re810 さんがこちらに寄せて下さったコメントは
全てではないかもしれませんし、
質問の内容もマスターコースに関することのみです。
受講を検討中の方は、
くれぐれも、わからないこと、心配なことはご自身で確認の上
ご判断くださいね。

***** 関 連 記 事 *************
・わかりにくい… (^_^;) ( 心屋さんの責任はどこまで? )
・心屋流を利用する ( セルフヘルプの一方策として )
・カウンセラーの選び方… ( 私の場合 )< その1 >
・カウンセラーの選び方… ( 私の場合 )< その2>
・愛情を感じる?
・心屋仁之助さんが気持ち悪いわけ
・カテゴリの編集をしました
・ナイナイアンサーの心屋さん < その1 >
・ナイナイアンサーの心屋さん < その2 >


☆ コ メ ン ト ☆

re810 さん

拍手コメントの方にメッセージ、ありがとうございました。
ご理解いただけたようで安心しました。

re810 さんが、
心屋さんとのやり取りを教えて下さったおかげで
ちょっとわかりかけたことがあります。
自分の中でまだまとまらないのですが… (^_^;)

どの言葉に私が 『 ん?? 』 となったかというと、
それは、「 場 」、「 場の提供 」 という言葉です。
サービスの提供ではないということですよね。
自分と向き合うための時間、体験、鏡となる様々な人物、
なんていうか、環境?
そういうものに対してお金を払って下さい
という感じなのだろうか?と思ったりしました。
そういうことは普段の生活の中でもできるし、
身近にあふれています。
わざわざ高いお金を出さなくても。

でも、普段と同じ環境の中で普段と違うことをするのは
案外ラクではなかったりします。
それを高額のお金を払うことと、
一緒に学ぶ仲間がいる場に行くことで集中的に取り組める、
そんな感じでしょうか。

場の提供というのは、まあ、わかるような気はします…。

でも、講師と受講生のどちらが上とか下とかはない、
ということならば、
なぜ講師にそんな高額のお金を支払う必要が
あるのかなと思います。
未熟で、技量不足の講師にとってもその場は、
学びの場だろうと思います。
受講生がいることで成り立つ 「 場 」 のはずですよね。

場を提供してあげているから高額?
受講生がいなければ場も成り立たないのに?

受講する立場からだと、結果がよければ
高くなかったと思うかもしれません。
でも、講座を開く側がどうしてあんなに高額の値段を
設定できるのかは、やはりわかりません。
高額のお金を払わせてあげているという感覚?
そうまでしなきゃバンジーできないんでしょ的な?

なんだかまだ、わかるようなわからないような…… (一_一;)




P様
今回も私のコメントから記事にしていただいて、ありがとうございます。
過去記事も改めて読んで、Pさんの見解や考察に深く共感しました。


マスターコースを途中でやめたのも、今回カウンセラーの資質について質問したのも、カウンセラーと名乗っていて、さらにカウンセラーを養成する講座で担当した女性の講師が一般人でもしないような言動をしていたからでした。


・相手のことが何ひとつわからないのに、質問も対話もしないで憶測で
私の性格や人物像を決めつける。

・自分が作り上げた私の人物像に対して、それが恐れや不安からきているから自分を見つめなおすようにと言う。

・私の考えで選んだり、その意見が尊重される場でも、講師の考えを押し付けられる。
それもまたなんの対話も、私への質問もなく・・・

相手に気持ちを聞いたりコミュニケーションとらずに、決めつけと押し付け!常に一方的!な状況でした。

ですが、カウンセリング手法を学ぶ場では、傾聴が大切。まずは、クライアントと信頼関係を築けるように相手に共感したり、相手の話を親身に聞くことが大切!カウンセラーとしての心構えをこちらの講師から習いました。(正確には心屋さんの作った資料を講師が読み上げただけですが)

心屋さんの返答にはこのような説明もありました。
講師の「未熟」さも、「技量不足も」含めてマスターコース。
マスターコースは「教える場」ではなくて「学びの場」。
だから、講師が上でも下でもなく「もみあいの場の提供」。
だから、受講料も「サービスの提供」ではない。
だから、心屋の講師は、未熟でいいんです。
だから、基準は設けてないんです。
心屋さんのブログにも似たようなことがかいていました。

今回の件で、HPのマスターコースの案内に上記のような内容も合わせて書いてほしいなとつくづく思いました。HPを見る限りでは、書いている内容と高額のセミナーにもの凄く期待してしまうからです。

Pさんがおっしゃるように、高額なセミナー料金、心屋流カウンセラーの方の高額なセッション代は私も「存在給」という設定で設けたのでは?と思っています。
一般社会での高額=高い質の内容・サービスの提供とはちがう意味で高額料金の設定なのではないかな?と心屋さんの返答で感じました。

こちらのコメントを読まれる方には、私の意見は、絶対てきな真実ではありません。
大切なお金を納得し使うための情報の一つとしていただけたらと思います。

意見を伝えあったり考察できるPさんが創ってくださったこの場に感謝申し上げます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://konekonohirune.blog41.fc2.com/tb.php/571-790d3f31

 | HOME | 

☆ calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

☆ Monthly

  

☆ Categories

☆ BlogPet

☆ Recent Entries

☆ Recent Comments

☆ Recent Trackbacks

☆ Author

papierluftballon

papierluftballon

 心の持ち方や行動の仕方と
 体調の関係、
 体つきや動作と心の関係…。
 自分なりの
 こたえを見つけることが
 最近のテーマ?な感じ。。
 

FC2Ad