晴れのちトキドキ曇り。。☆ Part2

書きたくなった時に気ままに思いをつらつらと…。

人をバカにする気持ち

風折留亭さんからコメントをいただいたのをきっかけに
もう少し考えてみました。
またまとまりのない書き方になってしまうかもしれませんが…。

" バカ " っていう言葉は、
その人の一部を表すのではなくて
全部を表してしまうようで、私には抵抗があるのだと思います。
だから、 " バカにする " っていうことは
その人をまるっと " バカ " の枠にはめてしまう気がするんですね。

知らないこと、間違うこと、
バカなことをしてしまうということと、
" バカ " ってことはイコールじゃないよなぁ、と。。

知らないことがある自分や、間違う自分、
バカなことをしてしまう自分とどのようにつきあっているかで
人に対する態度も変わるのではないか?と思ったりしました。

自分には足りない部分は全くないと見ているのか、
少しずつでも自分を育てていこうと思っているのか、
自分を " バカ " の枠にはめて卑下しているのか、とか……。

自分を育てていこうとしていたり、人から学ぼうとしている人は
人をバカにはしないんじゃないかと思うんです。
それと、自分を全くの " バカ " と思ってしまっている人も、
他人をバカにする気力がわいてこなくて
バカにしたりできないのではないか?と…。

バカにしてしまう時というのは、
そのどちらにもなれない状態の時なんだろうか?
と思ったりしました。

例えば、
親からいつも " お前はバカだ " と言われている
子どもがいたとします。
親に対する反発心はあったとしても、
子どもからすると、確かに自分は親よりもバカで、
親に自分がバカでないことを証明するのはとっても難しい…。
そんなことを言われ続けた子どもは、
自分は親よりも経験が少ないだけだということや、
知らないことが多いだけということに目を向けるということは
とても難しくなってしまう。
自分がバカでないことを確認することや
自分の自信を取り戻すことに焦ってしまうと、
自分よりバカに見える手近な人に自分がされたことと同じ事をして、
自分が親と同じ立場に立つことによって、
バカでない自分を確認できたような気持ちになったり
バカでないことを証明できるような気がしたり…。
そんなことがあるのではないかと…。

大人になっても子どもの頃からの状態をそのまま引きずっていて、
確認を続けていることもあるかもしれないけれど、
そうでなくても、
似たような状態になることはあるのではないか…?と思います。
お前はバカだと言われていないとしても、
自信を失って自分を見失ってしまっている時というのは
あると思います。
そういう時に、
いかにも正しそうな人から、何度も間違いを修正されたり
指導されたりしたら…。
(カウンセラーはこれをやっちゃまずいと思いますが…)
反発を感じながらも、それを覆すことが難しかったら…。
手っ取り早く、自分と似た人を見つけて自分がされたことと
同じようなことをする…。
そうやってバランスをとろうとすることもあるのではないか…。

自分はバカではないと確認することにとらわれていて
自分がバカなのではないということも、
自分を育てていく力があるということも見えない状態?

私が今気にしている人は、
私に対していつも言い方が疑問調な気がします。
私に対してはっきりと、それは違うとあまり言わないし、
同意を求められることも多い気がしています。
やっぱり " 確認 " をしたいんでしょうか…?

う~ん…、、、
書いているうちに、やっぱりちょっと怒れてきた…。
" そういう態度は不愉快 " と伝えたくなってきました。
嵐になるかな… (^_^;)

☆ コ メ ン ト ☆

風邪は治りました?

風折留亭さん。
私もここ一週間ほど風邪ひきさんになってて…。
微熱っぽく、咳もゴホゴホ~、夜も寝た気がしない~ (^_^;)。
ここのところ、" ○○休み " にひくっていうのが
パターンだったんだけど。
職場の風邪ひきさんが「 もう食べられない~ 」って言った
ソフトクリームを横からもらったのがマズかった。
絶対にうつらない自信があったんだけどなぁ~ (^_^;)。

> 「ははははやめてよ!社長!触らないで!こら!」
> なんかどんどんわかりにくいたとえ話になっている気がする。

あは。なんか笑っちゃいました。
でも、風折留亭さんの気持ち、ちょっと嬉しかったです。
ありがとうございます (^-^)。

> そんなことが気がついているってことは大切なことだとは思いますが相手が
> そのことで寛容なんで救われてるんでしょう。
> まそれもトータルでは素敵な社長だから?はははは。

そうですね☆ きっと素敵な社長さんだからですよー v-415
そして人間関係において、 " 気づいている " っていうのは
確かに大切なことでなんしょうね。

ワンピースって漫画、むかし弟が持っていて途中まで読みました。
内容はほとんど覚えてないのだけど、
次から次へと続きが読みたくなったことと、
チョッパーがたくさん出てくるところ、出会いのあたり??だっけ?
ウルウル (ToT) しながら読んだ覚えがあります。
" 仲間 " " 人との出会い " の素晴らしさが描かれたようなマンガは
私も大好きです。

Sailing day、うたまっぷで歌詞、見てみました。

たった一度 笑えるなら 何度でも 泣いたっていいや
たった一つ 掴む為に 幾つでも 失うんだ


こういう境地?には至れていないpです (^_^;)
自分で舵をとっているつもりではいるのですが、
あまり舵取りはうまくないかも?
別の船がドーンとぶつかってきたら、
自分の舵取りの下手さをたなにあげて
『 ちょっとぉ!ぶつかってこないでよ i-180 』 と思ったり?(^_^;)
まあ、頑張ります i-229

>ていうか、敵は自分だったりするのか?とか思っちゃったりする (^_^;)。

ははははまあ突き詰めれば、自分がそんなこと気にしないで生きていければ問題ないんで、そうとはいえますが、そこがこころというもののよわいところ。

体だったら、自分の不得意の部分はわかるけど心はなかなか自分では計れないですよね。
そのぐらい現代は複雑多様になっているんでそれはそれは苦しい展開。
だから居直って、他へぶつけて良いんですよ。
女の人なら強い人にぶつけるってできません?

「ははははやめてよ!社長!触らないで!こら!」
なんかどんどんわかりにくいたとえ話になっている気がする。
ちょっと今風邪で頭痛いんでごめん!。


弱いものいじめの件ですが僕もそうおもいます。
自分の思いどおりにならないと、機嫌がわるくなるってだれしもがそうなんでぼくもいまだに優しい人にはついえらそうに言ってしまったりします。

そんなことが気がついているってことは大切なことだとは思いますが相手がそのことで寛容なんで救われてるんでしょう。まそれもトータルでは素敵な社長だから?はははは。

僕は「人は人と過ごす・・それ以外に選択肢はない」ってのが口癖のようによく書きます。そしてそれはある漫画の底流に潜む謎と重なります。

ワンピースって漫画ですけど、なぜ「ワンピース」って名かというとストーリーの中では大海賊が残した「ひとつながりの大秘宝」を探す大航海活劇ですよね。「ひとつながり」が「ワンピース」ってのは直訳でわかりますけど「ひとつながりの大秘宝」ってのが何なのかはまだわからずにもう長い長い連載が続いてます。

僕はその意味を「人つながりの大秘法」と推理しています、仲間をあつめて大冒険活劇の航海を続けているのですが最後に到達したときその宝物はその仲間だったって・・それなら僕は理解できるんですよ。
だからその映画版のBUMP OF CHIKEN のテーマ曲Sailing dayは僕は心が震えるほど感じ入ります。

あーー風邪で薬が効いていたりしてなんか僕変?・・・・はははは。

風折留亭さんへ <その2>


二つ目のコメントを読んで、
この前私がふと思ったことを思い出しました。
風折留亭さんのコメントと
もしかしたらズレてるかもしれないけれど。

世の中には、しんどい環境に育たざるを得ない
子どもが間違いなくいて…。
子どもっていうのは
子どものうちは自分ではきちんと責任がとれなかったりする。
親としての責任をとれる親なら
その辺はうまくカバーできるのだけど、それができないと
その親の責任はどこへいくのだろう…?
いろんなところへ責任を転嫁…?
責任をとる代わりに別のことに逃げる?
子どもの周囲の大人が自分のことばかり考えていたら
子どもはどこで守ってもらえるんだろう…、と…。

そんな大人をモデルに子どもが育つって…と…。
もちろんそんな大人ばかりではないけれど…。

カウンセリングの仕事をしていれば、
あたりまえに出合う思いかもしれないけれど
先日、自分のことしか考えていない内容の話を
当然のように話しているのを目の当たりにして、
さすがに残念な思いになりました…。

誰かを責めれば解決することではないですよね…。
弱いものの立場にたって協力しあうっていうことが
難しい世の中なのかなぁ…。
風折留亭さんのコメントから考えてみると、
「 弱いものいじめ 」 されないように誰もが必死?で
実際にいじめられている者は見えない?

" 協力する " っていうことも
少なくなってきているような気がするのは
気のせいでしょうか?
私がそういうものの近くにいるだけなのかなぁ…。

風折留亭さんへ <その1>


「 今日も 」 雨ですね。お返事遅くてごめんなさいです (^_^;)。

>ならよく政治の世界でやる手ですよ、
>他に敵を作ってそこを悪者にして攻撃する。
>周囲は自分に帰ってこないように注意するようになるって感じ。

せっかくのご提案ですが (^_^;)、私には向いてない作戦かもです…。
敵がわからない。
ていうか、敵は自分だったりするのか?とか思っちゃったりする (^_^;)。

>時には強いとこも見せておかねばいけないこともありますよね。

う~ん…、これに関してはそうなんですよねぇ~と思います。
先日、クライエントさんの話を聴きながら、
『 それじゃあ、あなたばかりが辛いでしょう… 』 と思ったのですが、
ふと、私も似たようなことをしているじゃないかと思ったです (^_^;)。
その反省?をもとに?
その後、この記事の相手に一歩踏み込んでみました。
記事に書いたように言ったのではなく、
「あなたは私にどうしてほしいの?」という感じのことを…。
あまり深まりもせず、雰囲気もやはり微妙になりました (^_^;)。
まあ、またしばらく様子を見ます…。

>まあ相手は弱い納入業者とか、セールスマン、
>やめてもらってもいい従業員。
>はははは、僕はいじめっ子かなあ(笑)

ぎゃあぁぁぁ~~~っ!\(◎o◎)/!
世間ってコワイですね…(笑)

分析については

今の、時代を表す事件の大部分は分析のように起っていると僕も思っています。
枝葉をとれば「弱いものいじめ」ですよね。

弱いものというのは、やさしすぎて相手が見くびってしまうってこともふくめてですよね。

だから今子供が不幸な事件に巻き込まれてしまうんですよね。
悲しいですね。
意識しているかしていないかはべつとしてそれに気がつかないで親になったためそのこどもはもっとわけわからなく育っていくしかない・・・・・・・
なんか取り留めない書き込みになってしまったんですが、なんか20年計画ぐらいで教育について今から取り組まないと苦しい時代がやってくるような気がして仕方ないんです。
若い方お願いしますね(笑)

今日は雨ですねえ

今日は従業員への給料日なのに店長が二人休みで銀行行ったり、2店の仕込みしたり走り回っていました。そんで雨なので暇・・。

時には強いとこも見せておかねばいけないこともありますよね。
直接言うとあとの仕事に影響してしまうことで辛抱してしまうんでしょうけど。

ならよく政治の世界でやる手ですよ、他に敵を作ってそこを悪者にして攻撃する。周囲は自分に帰ってこないように注意するようになるって感じ。
まあ僕がよくやる手ですけど(笑)

まあ相手は弱い納入業者とか、セールスマン、やめてもらってもいい従業員。
はははは、僕はいじめっ子かなあ(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://konekonohirune.blog41.fc2.com/tb.php/58-56c5dfe8

 | HOME | 

☆ calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

☆ Monthly

  

☆ Categories

☆ BlogPet

☆ Recent Entries

☆ Recent Comments

☆ Recent Trackbacks

☆ Author

papierluftballon

papierluftballon

 心の持ち方や行動の仕方と
 体調の関係、
 体つきや動作と心の関係…。
 自分なりの
 こたえを見つけることが
 最近のテーマ?な感じ。。
 

FC2Ad