晴れのちトキドキ曇り。。☆ Part2

書きたくなった時に気ままに思いをつらつらと…。

めんどうくさい

sora  
  やる気のない
  タイトルの
  その2を
  書いてしまったので
  せめてスッキリ系の
  写真をのせてみた(笑)



めんどうくさい病?(笑)、
まだ続いています。当分続くのかも?という感じです。

どうも " 考える " ってコトを頭が拒否している。
そのめんどうくさいな気分をガマンしてちょっとだけ
考えてみたのだけど、
私の中で 「 ブツッ 」 と切れた?ことと関連があるのかも
しれない?と。。

Yahooのブログの方でちょこちょこ書いていた職場のBさん、
彼女とのつきあい方はある程度決まってきて
随分ラクにはなってきていた。
だけど、このBさんと親密?接点が増えていた?別の同僚との
関係はずっとギクシャクしていてかなりしんどかった。
この別の同僚というのは、
以前の記事 「怒りの感情に弱いので…」 の中に書いたさん。
昔はとても関係が良かったので、
うまくいかないのが最初はとても悲しくて…。
何度か不快な感情を体験して、その度に自分を振り返って
私はどう思っているのか、どう受けとめたのか、
私の行動にはどういう理由があるのか等考えて、
伝えられることは伝えてきました。
その度に
自分の行動を変えてみたり、線を引きなおしたりもしてみました。

でも、あまり関係は変わらなくて。

私のことを、こういう人だと決めてかかっているような感じで
私の話したことが間違って受け取られたり、
おかしな反応が返ってきたりしたこともありました。
私に対する批判めいた反応の中には
『 それ本当はBさんに言いたいことじゃないの? 』 と
思えるようなことも何度かありました。
Bさんと接点が増えてから、
彼女はどうも防衛的になってしまったような気もしていました。
言葉と感情が一致しなくなってしまった
と私は感じていました。もちろん全てではないのですが…。
自分の気持ちに嘘ついてるでしょ、とも思いました。
とても言えるような感じじゃなかったから言わなかったけど。
以前は自由で素直な感じの人で
私はそういうとこも好きだったのだけど…。

以前、Bさんとさんが出勤する曜日に、
別のスタッフの代わりに出勤したことがあるのだけど…。
あることの感想をさんがポンッと気軽に言ったら
Bさんがすかさず、「でもね」と解説を始めてしまった。
その説明を聞いた後、さんは気まずい気持ちを隠すような感じで、
明るく「そっか!」というような反応をしていた。
それを見て複雑な気分だった私。
確かにBさんの言ってることが " 正しかった " のだと思う。
でもね…、" そう感じた " ってことと
" 何が正しいか " ってことは別でしょう?と。
説明するなら、感想を受けとめてからにしてもいいんじゃない?と。
感想に " 間違い " も " 正しい " もないんだから…。
さんの立つ瀬がないんじゃないの?という感じがした。
私もBさんとの間でよく経験していた。
説明が始まった途端、こちらの感情がシュンとしぼんでしまうんだよね。
「私はあなたのセミナー受けに来た生徒じゃないんだから!」とか
「私はあなたのクライエントじゃないんだから!」と
私は思ったけれど、
さんはそういう反論を
心の中で出来なかったんじゃないかな…と…。
Bさんは何しろ " 正しい " と思えるし、世話をよくする
" いい人 " でもあるから…。
でも、Bさんは相手がそれを必要としていると勝手に思って
行動してしまうところがある…。(と、私は思う)


さんとうまくいかない理由をこんなふうにして
いろいろ考えたりもしてみた。

でも最近、ふと思った。
" お互いさま " と思ってるのは私だけ?と。
私が相手に嫌な思いをさせている可能性もあるから、
なるべく変えられるところは変えようとしたり、
仕事でわからないことを聞かれれば、やはりお互い様だと思うから
自分の手を止めて丁寧につき合っていた。
でもある日、気がつくと何だかおかしい気がした。
なんだかこちらばかり悪いような感じ?
仕事のことを私が聞いて、
つっけんどんな返事が返ってきた時は 『 は? 』 と思った。
私が手を止めて応じることの方がずっと多い。
私がそうするのはあたり前で、
あなたがそうするのはあたり前ではないの?と驚いた。

これまで私は、あたりまえと思ってやってきたけど、
振り返ってみたら、とても不公平だった気がした。

○○かなぁ?と訊かれるから、自分の意見を言うと、
○○じゃない?と…。
違うんじゃない?というニュアンスを含んだ反応が返ってきたりする。

わかってるならどうして訊くの?
私の意見を聞きたいのならどうして違うという反応をするの?

戸惑うことや混乱することが多くて、どうすりゃいいんだと
困ったりもしていたけれど、
私の中で何かが切れた?
『 もう知らん! 』 という感じ。
最近は、訊かれてもあまりまともに答えていない。
「知らん~」「さぁ?どうなんだろうねぇ?」とか言うことが多い。
相手に一生懸命に心を使うことをやめた感じ。
知らないなりに、わからないなりに
今までは自分が思うことを言っていたけど、
そうすると、" それが答えなんです " と言っているように
受け取られるからもう言いたくない。
私は断定的にものを言ったりすることなんてたぶん殆どない。
それをやるのはBさんだってば……。私じゃないってば……。
と言ってもたぶん認めないというのは想像できる…。
かたやカウンセラー、かたやコーチ…。
話の聴き方とか根っこに持ってる考え方とかが似てるから
一緒くたになってしまうのかな…とも思ったり…。

疲れて休憩したいのかもしれない。
最近、頭の中がカラッポになっている感じ。
少し前までは、常に何か考えていたような気がするけれど。

このカラッポな感じがどこか懐かしくて、
昔の私に戻った感じもしているのが少し不思議。
以前に聞いたことがある。本で読んだんだっけ?
昔の自分に戻った感じがしたときというのは、
同じ位置に来ているようだけど、実はらせん階段を上がっていて
前とは同じではなく、前よりも成長しているのだと。
確かに、昔のカラッポとは違う気がする。
昔はこんなふうに振り返ることはできなかったし。

「知らーん」などと言ってはいるけれど、
昔の関係に戻りたいという未練は完全にはなくなっていないから
まだしばらくは行ったり来たりするんだろうなと思う。
さんとのギクシャクした関係を
2年くらいやってきた?かも…。
こういうことは自分もシンドイ…。
これからは、もっと早く自分をラクにしてやれるように
この経験を活かせればとも思ったりする。

めんどくさいと思えることが、一つの変化なのかもしれないし。。


……………… (^_^;)。
おぉ…、めんどうくさいと言いつつ
書いてみると久々の長○だ (^_^;)

☆ コ メ ン ト ☆

いやいやいやいや……!!!


謝らないで下さ~い \(◎o◎)/ ぎんぺーさんっ!!

ぎんぺーさんのコメントを読んで、
私のとっている方法もけっこう最後の手段なとこがあったので
『 へー、そうかぁ、こういうタイプの人にはこういう対応も一つの方法なのかぁ。 』 みたいに思ったの。
それで、私は " どうしてそうしなかったのかなぁ " とか
" 職場の人もこういうタイプなら、私にはできなくてもそういう対応の可能性があったのかなぁ " とか、、。
うにゃうにゃと思ったこととか、ポコポコと浮かんできたことを思うままにコメントに書いたり、記事に書いたりしてしまいました (^_^;)。
それに、" 職場の人だからできない "
というふうにも読んでなかった… (^_^;)。

ぎんぺーさんは、最初のコメントで

> それもいくらかは気をつかうことですが

って書いて下さってるじゃないですかぁ~。
「 安直に 」 だなんて、これっぽっちも思ってないです (ToT)/~~~。
むしろ、『 おー、わかってくれてるぅ~ 』 って感じでした (ToT)。

ぎんぺーさんが目の前にいたら、
一つ一つの言葉にきっと
「 うんうん、そうなのぉー (T-T) 」 という反応をしたりするのだけど…。
私は普段、言葉よりも相槌や表情で感情を伝えてしまう方だから
書くとなると言葉が減っていかんですね。
相槌を省略してしまうらしい… (;_;)。
ぎんぺーさんのコメントからは、私を気遣ってくれる雰囲気が伝わってきて
とっても嬉しかったです。(今頃ごめんなさい~)


ヨガは、興味あるんだけど
習いに行くとなると、それなりに力を入れたい p(`^´)q ので(笑)。
そちらにエネルギーを注げるほどモチベーションが上がったら
動くことにします v-392

うわー、恐縮です・・・

たしかに僕が書いたのは、もうまともに関わるのや~めた、となった時の「最後の手段」であり、いっしょに働いている職場の人に対してできるわけないですよね。 安直に書いてすみませんでした_(._.)_

ヨガ体験記も楽しみにしています♪

ご自分で撮りました♪(笑)

褒めてくれてありがとう~ ヽ(^。^)ノ

スイカ好き、カブト虫なぎんぺーさんの季節ですね v-392
昨日、私も食べましたよー。美味しかった♪

さて…、
ぎんぺーさんのコメントを読んで、
そうか~、ありがちなのか?というようなことを思ったです。
理論的に抑えこむなんて芸当のできない私には②は到底ムリだったし、
③のようなことは、
『 こっちも嫌な思いしてるのにどうしてそんなことせないかんのじゃー 』
って感じなので、これも到底ムリ (^_^;)。
だから私は①に近い状態を選択しているのかなぁと思いました。
一生懸命聴いてしまう私のクセというか習性というか? (^_^;)
困って言葉が出てこなくて結果的に無視になってしまうことはあるけれど、
わざと無視するってことはちょっとできないですね…。

> とにかくプラスにならない負担であるなら
> さっさと切り替えた方がいいですよね。
> それもいくらかは気をつかうことですが。

今までと違う行動を私がとれば、
相手は何かを " 感じる " と思うんですよね。
何かはわからないけれど、
それは " いい感じ " ではないかもしれない…。
i-170さんのことが憎いわけでもなんでもないので、
彼女が自分の本当の感情を抑えるようにしている様子が
見えたりすると、ちょっと辛かったりします…。
相手がどう感じるかということは相手の問題で、
私に責任はないのだけれど、
防衛的になっている心の状態を想像したりすると、なんだかね…。

幸い、話を聴いてくれている人はいます。
自分の見方が偏っていないか、意見を聴いたり。
最初のうちはよく泣きながら話してました、私 (^_^;)。
ずいぶん助けてもらっています (T-T)。

きょうかぼちゃは

きょうかぼちゃは、ここまで反応♪

いい写真ですねぇ

ご自分で撮られたのですか?

関わらなくて済むのならそれでいいのでしょうけど、そういうわけにはいきませんものねぇ・・・。 pさんがいろいろ気を遣っても、のれんに腕押しなら気疲れするだけ。
たぶんこういうタイプの人には・・・①無視して聞き流す、②完璧に上をいく理論で抑えこむ、③ひたすら受け入れて褒めて気持ちよくさせる、が最後の手段だと思いますが(自分の経験上)、とにかくプラスにならない負担であるならさっさと切り替えた方がいいですよね。それもいくらかは気をつかうことですが。

pさんの気持ちを理解してくれる方が職場にいればいちばんいいのでしょうけど。

青い空。白い雲。…スイカの季節ですe-238

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://konekonohirune.blog41.fc2.com/tb.php/70-99e676af

 | HOME | 

☆ calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

☆ Monthly

  

☆ Categories

☆ BlogPet

☆ Recent Entries

☆ Recent Comments

☆ Recent Trackbacks

☆ Author

papierluftballon

papierluftballon

 心の持ち方や行動の仕方と
 体調の関係、
 体つきや動作と心の関係…。
 自分なりの
 こたえを見つけることが
 最近のテーマ?な感じ。。
 

FC2Ad