晴れのちトキドキ曇り。。☆ Part2

書きたくなった時に気ままに思いをつらつらと…。

年賀状が繋ぐもの。

中学3年の時の音楽の先生から今年も年賀状が届いた。

裏?(文面の側)を見ると、全て手書きで書かれていて。。
わぁ とワクワクしながら読んだ。

私の方は毎年、近況報告だったり、
何らかのコメントを書いて出していたのだけど、
先生の方からは、裏面は印刷されたものだけで
何のコメントも書かれていない年賀状がここ何年もの間届いていて、
実はちょっと寂しい思いをしていた。
先生の方は、お義理なんだろうか? (ToT)って。。
でも、私が関係を繋いでおきたい、
おしまいにしたくないという気持ちなのだから…と、そう思って出し続けてた。

もう、先生に年賀状を20年以上出し続けているんだなぁ、と
ふと思った。
おぉ!長い!と、改めてちょっとびっくり。

今年の年賀状に書かれていたことを読んでいたら
ちょっと泣きそうになり、
そして中学3年生の頃のあたたかさがよみがえってきた。

私が通っていた学校はあまりガラが良くなく、先生にとっては苦しかったそうです。
でも、私のいたクラスの授業は私に会えるのが楽しみだった、と。
笑顔を見ていると勇気がわいた、と。
今年も周りの人たちに微笑んで明るい気持ちにさせてあげて下さい、と。

そんなふうに書いてくれていて (ToT)。

学校生活の中で一番楽しかったのが、私にとってはこの時。
一番大事な友だちができたのもこの時。
彼女はとっても素直でかわいらしくって優しくてあたたかくて。でも、シンは強くて。。
今でも大好きです。
(あ、ちなみに彼女は同じ部活でフルートでした。と誰に言ってる?私 笑)
自然に彼女は私を私らしくさせてくれて、大事にしてくれた。
そういう経験を初めてさせてくれたのがたぶん彼女。
(あぁ…、書きながら泣けてきた (ToT))

引っ込み思案っぽい私を職員室のその先生のところに
引っ張って連れて行ってくれたのも彼女で、
彼女とよく職員室の先生のところに遊びに行ってた。。

私は自分の好きな教科の先生はわりと好きになっちゃう方だったんだけど、
先生は、ふんわりと笑顔が優しくて。。
行くとニコニコと歓迎してくれて。。
顔を見るだけで、ふっとこちらも優しい気持ちになるような
そんな感じの先生で。。
年齢は20代後半くらいだったんじゃないかな?
(あ、女性の先生です。
  男の先生と思って読まれてた方、、ごめんなさい (^_^;))

この時は、気づいていなかったけど、
この友だちと先生は、肩に力が入りがちな私の力をふっと抜かせてくれた
最初の存在だったんだと思う。

短大を卒業して就職するくらいまで、時々手紙も出してた。
高校の時、
自分はどんなふうに手紙を書いたか覚えてないのだけど、
先生から進路について、
先生(幼稚園や保育園、小中学校)なんかいいんじゃないか、
人に好かれる感じをもっているから
人と顔をあわせるサービス業みたいなのがいいんじゃないかと
何枚かの学校の募集要項のコピーが同封された手紙のお返事をいただいた。

高校の頃、
嬉しくはあったけれど、
先生が書いてくれたような自分だとは全然思えなかった。
でも、どの方向に進んだらいいのかわからなくて
ピアノをいかせる保育科に進んだのだけど…。

まあ、進路はその後むにゃむにゃむにゃ…… (^_^;)。

ずっと先生が書いてくれたような私だとは思わなかったし、
今もそうなのかはわからないけど(そうだといいなぁとは思うけれど)、
現在、そういう仕事についているのが不思議。
あの頃から私はそういう方向に進む雰囲気だったんだろうか…??

懐かしくなって、
以前に貰った手紙をいくつか読み返してみた。
人と接する仕事の良さがつづられていたりして、
読んであらためてジーン (ToT) としたり。。

今年の手書きのメッセージの雰囲気が昔とあまり変わっていなかったのも
何だか嬉しかった。

最後に「またいつか会いたいです」と。。
私も会えたらな。。と思う。

☆ コ メ ン ト ☆

おぉ♪

ありがとうございます v-238
コメントしにお邪魔しますね~。

そんなわけで

TBさせていただきました!pさんの記事とも「繋がる」ことができて嬉しいですv-10pさんのような美談ではありませんが、「繋ぐ」という言葉をいただけて、それをまた自分の言葉にしてブログに書けたこと、とっても嬉しく思っています。
これからも、pさんからいっぱい色んなこと盗ませてもらう予定にしておりますが(笑)よろしくお願いしますv-254

えへ☆ ←真似 v(^_^)v

もう、turtleさんてばっ♪
私が嬉しくなっちゃうツボをぐいぐい指圧するんだからぁ(笑)
あぁ、嬉しい (ToT)。 ←しみじみ。。

「すごく大きい」 に超期待♪

トラックバック楽しみにしていま~す。
turtleさんの記事と「繋がれる」のも楽しみにしていまーす ヽ(^。^)ノ

えへ☆

私にとっても、年賀状というものの存在って、すごく大きいんですよ。
今回のpさんの「繋ぐ」って言葉が、すごくしっくりきて嬉しかったんです。
近いうちに、年賀状について、自分のブログにも書きたいと思っているんですが、その時はトラックバックさせてもらってもいいでしょうか…?pさんのこの記事とも「繋がっていたい」感じがするのかも…。

turtleさん、こんにちは♪

pさんのルーツ、見えちゃった? きゃぁ、えっち♡(笑)

turtleさんは人との関係をとても大切にされてる方なんじゃないかなぁというイメージを(私も勝手に 笑)持っています。
もらった年賀状を1枚1枚ちゃぁんと見て、
『 どうしてるのかなぁ 』 と嬉しそうにしながら、、
自分を振り返って。。
なんていうのをイメージしちゃいます。

私はいろいろと書いて下さってる人の年賀状を読むのは
とっても嬉しかったり、懐かしかったり、元気をもらったりもするんですが、
PCで印刷されただけの年賀状でも
「お!元気か」「お!今年も来たね」という感じで
けっこう淡白に流してしまえるところもあって (^_^;)。

ずっと会っていない人の顔を思い浮かべながら、、
一人一人と会話しながら?書いたり、読んだり、、
というのが本当なんでしょうけど
年末ギリギリにばたばたと出していては
そんなふうに書いている人はほんの一部だったり、、、
するんですよねぇ (^_^;)。
そのほんの一部の人からそっけない年賀状が届くと寂しいの。
勝手だね~ (^_^;)。

>“変わらない”ものを見つけた時に、あたたかい気持ちになるのかな…。

「変わらない」という言葉から連想される言葉とかいろいろと考えちゃいました。
 『 なじみのある 』 
 『 動かない → どっしりした, 落ち着いた, 安定した , そこにずっとある』
 
うん、
なんかホッとする。
(そういう言葉しか浮かばなかっただけかな?)

いつも

いつもpapierluftballonさんのブログから、あたたかーい気持ちや、せつなーい気持ちを、いただいているのですが…そんなpさんのルーツが、ほんの少し見えたような気分に、勝手になっています^^
私も中学時代の先生と、年賀状だけでつながっていますが、年に1度、そうやって昔を振り返られる“年賀状”というしきたり(?)は、私にとってはとてもありがたいものです。
時が経って、変わるものがあり、でも、変わらないものがあり…。あーだから、“変わらない”ものを見つけた時に、あたたかい気持ちになるのかな…。何だか色々と考えさせられます。

ネットであたたか気持ちと、気持ちや、大きい文面とかを印刷したかったの♪


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://konekonohirune.blog41.fc2.com/tb.php/9-4c282f1f

年賀状が繋ぐもの。

papierluftballonさんが、ご自身のブログで「年賀状が繋ぐもの。」という記事を書かれていたのですが、私自身にもぴったり来るタイトルだったので、真似させていただきました{/face_warai/}(いつもありがとうございます{/dogeza/})振り返ってみれば、私は、子どもの頃から

 | HOME | 

☆ calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

☆ Monthly

  

☆ Categories

☆ BlogPet

☆ Recent Entries

☆ Recent Comments

☆ Recent Trackbacks

☆ Author

papierluftballon

papierluftballon

 心の持ち方や行動の仕方と
 体調の関係、
 体つきや動作と心の関係…。
 自分なりの
 こたえを見つけることが
 最近のテーマ?な感じ。。
 

FC2Ad