晴れのちトキドキ曇り。。☆ Part2

書きたくなった時に気ままに思いをつらつらと…。

また苗を買ってしまった (^_^;)

 
購入した苗は3つ。

コモンタイム オカムラサキ コモンタイム ( 左 ) と ラベンダー ( オカムラサキ )( 右 )

エルダーベリー
  エルダーベリー
  昔から「万能の薬箱」と言われているらしい。
  花、茎、根の全てに薬効があるらしく、
  主にハーブティーや
  シロップなどに利用するのは
  花の部分のようですが
  実はジャムやフルーツソースにできるらしい。
  盛りだくさん~
  10mくらいの大きさにまで育つことも
  あるようですが、そんなスペースはないので
  鉢で小さく育てられないかと。。。
  無理かなぁ。。。
  とりあえず、チャレンジってことで



こちらは種から育てたカレンデュラ。
カレンデュラ
花は切って冷蔵庫で乾燥中。
カレンデュラ カレンデュラ

実ができるのを待ってる苺。左からワイルドストロベリー、とちおとめ、レッドパール
イチゴ

苺は他にも前から植えっぱなしの苗が5個くらいと、
新しめの宝交早生が2つあります。
イチゴだらけだけど、1つの苗にできる数は少ないから

マリ子ちゃんは、その後もますます成長しております
   ローズマリー


ミュージカル『 マディソン郡の橋 』4/1 大千穐楽 ② /シアター・ドラマシティ

前記事、
ミュージカル『 マディソン郡の橋 』4/1 大千穐楽 ① /シアター・ドラマシティ
の続きです。

ロバートがフランチェスカにカメラを持たせて
シャッターチャンスを待つ場面。
今だ、さあ!さあ!って言ってる時のロバートの目がキラキラしていて、
あの場面も好きでした。

バドに関しては、
支配的な人物の設定だったみたいですけど
結構いそうなタイプではないかなという気がしました。
アイスクリームを買いに行くあたりとか、
2幕のバドはわりと怖めでしたが
1幕から妻を愛しているという感じはあったし、
思春期の子どもと親の間ではあんなやりとりは、
わりとありそうだよなぁと思って観ていました。
禅さんが演じていたからあんまり支配的に見えなかったのかな

フランチェスカに関しては、あまりいい印象がなく…。
支配的な夫と暮らしていることや
感情を抑えてきたこととかで、
正常な感覚が鈍ってるんじゃないかと…。
夫と電話をした後とか、
ロバートが帰った方がいいかな…と言った時とか他にも…。
ロバート目線で見ていたからか
ロバートの気持ちを考えてるんかいっ!!
と感じたことが何度か
フランチェスカにもう少し焦点を当てて観ると
感じ方は変わっていたかもしれませんけど…

様々な山口さんを感じられるという点ではとっても幸せな舞台なので
また再演があったらいいなぁと思います。
全体ももう少し細かく観られるんじゃないかなとも思うし。

千秋楽だったので、挨拶を楽しみにしていました。
カーテンコールはとても素敵で、帰り道、思い出しながらウルウル
島田さんの挨拶にもらい泣きし、
禅さんの腕立て伏せに大笑い。
山口さんが舞台に登場したとき、あんなに手をグルグル動かして
嬉しそうに登場するのを初めて見たかも。
それを見ただけでも胸いっぱいになりました。
その後の挨拶でも、落ち着いた感じで思いを語ってくれて大感激。
挨拶のあとは、舞台の袖で
腕立て伏せを開始してビックリさせてくれたり(笑)
それもすごい回数で。
おじいちゃんとか、絶対に言わないで!って感じデスヨ。

今回の作品には、
山口さんにもいろんな思いがあったのでしょうか…?
千穐楽だけでなく、カーテンコールの時、
舞台袖で何度も何度も頭を下げて手を振ってくれたり
ろっくりばーのお便りには、
とっても嬉しいお知らせがあったり…。
温かい気持ちになって、単純に幸せを感じていたのですけど
某掲示板で一言、「降板とか」って言葉を見つけて
急に不安になった私。
なに??何のこと??
前後の話題との繋がり、無いように感じるんだけど…と。
山口さんのことじゃないかもしれないけど…。
レ・ミゼラブルの時の不安が蘇り…。
あの時もファンクラブのイベント前に、
降板する的な書き込みがチラッとなかったっけ…と。

この後、何かあるなんてことないよね…。
大丈夫だよね…。

***** 関 連 記 事 *************
・ ミュージカル『 マディソン郡の橋 』観劇 3/29 マチネ /シアター・ドラマシティ
・ ミュージカル『 マディソン郡の橋 』3/30 マチネ /シアター・ドラマシティ
・ ミュージカル『 マディソン郡の橋 』3/31 マチネ&ソワレ /シアター・ドラマシティ
・ ミュージカル『 マディソン郡の橋 』4/1 大千穐楽 ① /シアター・ドラマシティ

ミュージカル『 マディソン郡の橋 』4/1 大千穐楽 ① /シアター・ドラマシティ

( この感想はスマホにメモしたものをもとに書いているので
  日付がズレています


マディソン郡の橋、大阪4日目観劇。
座席は、超後方のセンターブロック。
こんなに連続での観劇なんて、超贅沢…
初演だから、何回か観ないとわからないまま終わっちゃいそうだから
贅沢しちゃったんだよね…。

過ぎてみるとあっという間の最終日。
これだけ連続で観るとさすがにメロディーはだいぶ入りました。
歌詞は意味はだいぶ入ったんですが、歌えるかっていうと無理ですね
CDが欲しいデス…。

さて、千穐楽ということもあったからか、
キャストの方々もそれまでとちょっとノリが違っていたように感じました。
お客さんも観慣れた方たちが多い感じで
客席も最後を楽しんでいるという感じがあってホノボノしました。

山口さんはどんな気持ちだったのかな。
初めの方の歌で歌詞が飛んでしまったみたいで
歌が一瞬止まっちゃって…。
私はこういう山口さんを見るのは初めてで、
びっくりしたしハラハラしました

休憩の時間に、隣の席の人に歌詞のことを話したら
その人は今回が初めてだったから気づかなかったと。
焦った顔もせず、( 当たり前か? ) 神妙な表情のまま
歌を続けていたから初めての人にはわからなかったみたい。
スゴイね。
30日の公演でも、
一部作詞をして歌った部分があったようですが
こちらは私は気づきませんでした
こんなハプニングも生の舞台ならではだなぁ。。。
と不謹慎ながらも珍しい瞬間に出あえたことが嬉しかったりもしました

私の今回の鑑賞ポイントは、
ロバートの " 行こう一緒に " の歌と " 色褪せて~ " の歌になってました。
もちろんそこに至るまでの過程にも注目してましたけど。

この日の 行こう一緒に~の歌は
これまでとはまたまた違って…。

伴奏のない部分で
勇気と力に二人は満たされると歌っていますが、
この勇気と力の部分が強めに出ているように感じました。
簡単なんだ! 運命なんだ! 知り合う前には戻れない! など。。。
フランチェスカに思いを熱く伝えている感じがとても印象的でした。

それにしても、この歌の
" 聞いてほしいフランチェスカ 行こう一緒に "
の部分の山口さんの声…。
もう、この声が何て言ったらいいのやら…。
離れたくない、離したくないという思いがドッと出ているというか…。
毎回、この部分では心がキュッとなって固まっていた私
この声は演技じゃなくて、
内側からあふれ出てくる感情という感じがしました。
山口さん自身の体験とどこかで重ねているような感じがしました。
苦しいんだけど、
こんなことができる山口さんに同時に感動もしてて。。。

千穐楽の色褪せて~の歌もやはり、それまでと違っていたように感じました。
ジニーと話している時はちょっと元気がなさそうなのに
フランチェスカのことを思いながら歌っているこの歌の時は
話している時よりも元気に見えました。
幸せそうとか、嬉しそうとか、
そんなふうに見えたわけではないのですが
なんか、強さを感じたというか…。
フランチェスカと離れていても
今も近くに居るかのように心は彼女と繋がっている
ということがロバートに力を与えている
っていう感じ?かな…?
うまく表せないや

長くなってますが
この日、私はロバートの手紙をフランチェスカが読む場面で
涙がポロポロと
この日のロバートの愛は、相手を求める愛じゃなくて
ただ愛し続けたという感じがして…。
そのことをフランチェスカはずっと知らなかったんだよね…
と思うと切なくて。
この日初見だと言っていた隣の席のお客さんも
鼻をすすって涙を拭っていたようでした。

もうちょっとだけその他の感想を。。。
と思いましたが、長くなりすぎたので記事を分けたいと思います

続き、ミュージカル『 マディソン郡の橋 』4/1 大千穐楽 ② /シアター・ドラマシティ へ

***** 関 連 記 事 *************
・ ミュージカル『 マディソン郡の橋 』観劇 3/29 マチネ /シアター・ドラマシティ
・ ミュージカル『 マディソン郡の橋 』3/30 マチネ /シアター・ドラマシティ
・ ミュージカル『 マディソン郡の橋 』3/31 マチネ&ソワレ /シアター・ドラマシティ
・ ミュージカル『 マディソン郡の橋 』4/1 大千穐楽 ② /シアター・ドラマシティ

ミュージカル『 マディソン郡の橋 』3/31 マチネ&ソワレ /シアター・ドラマシティ

( この感想はスマホにメモしたものをもとに書いているので
  日付がズレています


マディソン郡の橋、大阪3日目観劇。
この日はマチソワ。
座席は、昼公演は下手サイドブロック前方、
夜公演は下手サイドブロック中ほどの列中央寄り。

前方席は、非常によく見えて感動
ロバートが客席にカメラを向けた時、
『 私を撮った? 』 と一瞬固まりつつドキドキしたり(笑)
( 私の席の周囲数人が同じ勘違いをしたハズです

またしても座席の違いかもですが
よく見える前方席で観た3回目は、
それまでのロバートと少し違って見えました。
行こう一緒に~という感じも、最後の色褪せて~の歌の感じも。
あれ?と混乱しました
行こう一緒に~が、聴いていて前よりも苦しくなく、
最後の歌も前より悲しくしなく、あれ??という感じ

夜の公演は前日と同じくらいの席の位置だったのですが
やはり前日とは違って聞こえました。
切実な感じで悲しくはあったのですが、
フランチェスカに語っているロバートが少し力強く見えて…。

父親に追い出され、独りになったことを
「 良かったのよ 」 と言うようなやり取りがありましたが、
そのフランチェスカの言葉にロバートは同意します。
でも、私には
このフランチェスカのセリフが無神経に聞こえてしまいました。
フランチェスカのちょっとした表情にも敏感なロバートと
対照的だなとも思いました。

ロバートは孤独も、その寂しさも抑圧しておらず、
その感情と共に生きてきた?だから普通に同意した?
辛い感情は見ないようにして生きてきたのかと
感じていたけれど、
この日のロバートはそういう感じじゃない気がしました。
謎……

最後の色褪せて~の歌も、
前日のように悲しみが強く感じられるという感じじゃなく、
別の感情が伝わってきた感じがして…。
特に、夜の公演の時。
( フランチェスカと ) 出会えた喜びとも
ちょっと違う気がしました。
探していた光に巡り合えた奇跡、
共に生きた感動を噛みしめている、
そんな感じ?がしました。

初回はフランチェスカにも結構焦点が当たっていたのですが
2回目からは、ついロバート中心に見てしまった私。
山口さんの声は、所々ですごく私の心を持っていくので…。
持っていかれたまま聴いていると、その時によって
声の響き方が違う場所があり、
それによって伝わってくる感情も違って感じられる。
" 色褪せて " の "あー" の音なんか、
身体がキュッと締まった感じで歌っていると
辛そうな感情に聞こえるし、
身体が解放されているような感じで歌っていると
嬉しそうな感情に聞こえる…。
違いに新鮮に惹きつけられてしまうんですよね。。。

***** 関 連 記 事 *************
・ ミュージカル『 マディソン郡の橋 』観劇 3/29 マチネ /シアター・ドラマシティ
・ ミュージカル『 マディソン郡の橋 』3/30 マチネ /シアター・ドラマシティ
・ ミュージカル『 マディソン郡の橋 』4/1 大千穐楽 ① /シアター・ドラマシティ
・ ミュージカル『 マディソン郡の橋 』4/1 大千穐楽 ② /シアター・ドラマシティ

ミュージカル『 マディソン郡の橋 』3/30 マチネ /シアター・ドラマシティ

( この感想はスマホにメモしたものをもとに書いているので
  日付がズレています


マディソン郡の橋、大阪2日目観劇。
座席は中ほどの列、下手サイドブロック中央寄り。

2回目になってようやく歌詞が歌詞として聞こえてくるらしい私。
1回目もストーリーを追うために必死で歌詞を聴いているつもりなのに
どうも歌詞よりも感情に焦点が当たってしまうらしい…

前回の記事にも書きましたが、
キアラが姉だということを聞き逃したり…。
どんだけ重要ワードを聴けていないのかと

” 生まれて初めて ” というロバートの歌詞も…。
聴いてなかったわけではないのですが、
生まれて初めてどうだったかということよりも
そのことをどのように感じているんだろう…
ということがより気になってしまったらしく…。
2回目にやっと
○○が生まれて初めてなんだーとわかるという

私の耳の使い方のクセなんだろうなと思いました。
言葉はあまり重視せず、言葉を使う人の感情に焦点を当てるクセ。
初めて聴く時は特にそうするクセがあるかも…と。
仕事をする時や人の話を聴く時の私のクセなんですよね

ロバートのこの 、 生まれて初めて~ の歌、
聴き方の違いもあるのかもしれませんが、
伴奏無しの導入の部分の
" 行こう一緒に " の前あたりから
この日は切ないを通り越して、聴いててすごく苦しくて…。
生まれて初めて共に生きる感覚…。
生まれて初めて心通じ合い…。
ロバートを追い出したという父親。
どうして?その時お母さんは?兄弟は?と思って観ていたからか
ロバートの声が
寂しいと哭く、子どもの哭き声のようにも感じられて…。

人生終盤のロバートの歌、
最後の思いを知りたいと一生懸命聴いていましたが
悲しみばかりが強く感じられてしまいました…。
フランチェスカには家族がいたけど、ロバートの傍には誰もいない…。
悲しいけど、フランチェスカと通じ合えた喜びも
確実にロバートの心に刻まれている…。
それは救いなのかもしれない…。

ロバート以外の部分では
バドがお酒を飲みながら
フランチェスカに電話をする場面が可笑しくて。
あとは、マージ。
人のことが気になって、人情があって。。。
なんか、私の友人とちょっと似てて(笑)

今回は演奏にピアノの音がたくさん出てきて新鮮。
結構好きです。

そんなこんな2回目の観劇でした。

2回では、まだまだ歌詞が入りません

***** 関 連 記 事 *************
・ ミュージカル『 マディソン郡の橋 』観劇 3/29 マチネ /シアター・ドラマシティ
・ ミュージカル『 マディソン郡の橋 』3/31 マチネ&ソワレ /シアター・ドラマシティ
・ ミュージカル『 マディソン郡の橋 』4/1 大千穐楽 ① /シアター・ドラマシティ
・ ミュージカル『 マディソン郡の橋 』4/1 大千穐楽 ② /シアター・ドラマシティ

 | HOME |  »

☆ Calendar

« | 2018-04 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

☆ Monthly

  

☆ Categories

☆ BlogPet

☆ Recent Entries

☆ Recent Comments

☆ Recent Trackbacks

☆ Author

papierluftballon

papierluftballon

 心の持ち方や行動の仕方と
 体調の関係、
 体つきや動作と心の関係…。
 自分なりの
 こたえを見つけることが
 最近のテーマ?な感じ。。
 

FC2Ad