晴れのちトキドキ曇り。。☆ Part2

書きたくなった時に気ままに思いをつらつらと…。

菅井先生が好きだ !

   

上の動画の番組、
『 今夜、誕生! 音楽チャンプ 』 が好きで見ています。
放送しない週もあるのか、始まる時間が変な時間のことがあるのか
気がつくと 『 あ、やってる…! 』 ということも多いのですが

私のこの番組を見る目的は審査員の菅井先生。
カッコイイのです ( ※注 カッコイイのは顔ではありません (笑) )
そしてけっこうコワイのです。
でも心惹かれるのです。こういう趣味はキケンかな…

菅井先生はオペラ歌手であり、ボイストレーナーでもあります。
出演者の歌を聴いた後のコメントに
いちいち 『 うおぉ! 』 と感動しています。
プロってスゴイなと感動しています。

出演者がとんな心の状態か
感じ取って聴いているようなコメントをされることもあって、
よく人を見ているなと、
勝手に私の仕事 ( カウンセリング ) と
重なる部分があるのではないかなと楽しみに見ています。

きっと歌うということや、聴かせるということと
じっくり向き合ってきた人なんだろうなぁと
思って見ています。

菅井秀憲で検索すると動画がひっかかってくるので
いくつか見てみましたが、なかなか独特なレッスン
でも、身体で覚えられて身につきそうです。
それに、やっぱりコワイけど (笑)、
愛が感じられてあたたかい気持ちになります。

上の動画は今日の予告動画。
菅井先生が泣いてる…
何が起こるのか超楽しみです。

この番組、3月で打ち切りになってしまうようです。すごく残念…
菅井先生の怖さがしんどかった視聴者も
少なくなかったみたいてす。

表面的なものはすぐに見抜かれるような怖さがあるけど
愛があって、
納得できるコメントも多かったと私は思うけどな。

感じ方はホント、いろいろですね。




乾燥野菜

広告出てたのに放置しちゃった

新年 あけましておめでとうございます。
ボチボチ更新のブログですが
本年もよろしくお願いいたします

種から栽培した小松菜と、
買ったものから根を出させて土に植えた金時草 ( 再生野菜ってやつです )、
冷蔵庫でハーブの時と同じように
キッチンペーパーに包んで乾燥させてみました。

 小松菜&金時草

やっぱりけっこうキレイな色で仕上がりました~。
でも栄養価的にはどうなのかな
太陽に当てて乾燥させた方が良さそうですが。。。
まあ、いいや。

これを小さく切って、
自家製味噌で作った味噌玉に混ぜ込みたいとワクワクしています
昨年、作った味噌玉が美味しくて冬のお弁当に持っていくと
ホッコリしたのです。
昨年は、
自家製味噌に昆布と鰹と椎茸を粉末にしたものを混ぜ、
そこに切り干し大根や、切干人参、油揚げなどを
ごま油で炒めたもの、乾燥ワカメ、いりゴマを加えて丸めました。
青いものが、ちょっと欲しいと思ってたんですよねー。

昨年カメで仕込んだお味噌、
2月に仕込んだものを1つ開けてみましたが成功していました
記事はUPしませんでしたが、昨年は昆布を直接入れるのはやめました。
チロシンという結晶ができてしまい、カメを洗う時も大変だったので。
昨年は大豆を煮る水分に昆布と鰹を投入してみました。
それでお味噌の味が変わるのか?チロシンは防げるのか?
と思ったのですが、開けたものにはチロシンはなく、
味はいつもより上品に仕上がっていた気がしました。
いつもより塩の味が目立つようにも思ったのですが
開けたものは、" 海の精 " でなく " とみしろ塩 " を使ったもの。
お塩の違いかも??とも思うので、
今後の開けたものがどうなのか楽しみにしたいと思います。




小さな幸せ

記事連投 (笑)

嬉しくて嬉しくて~

本日、月曜日にネットで注文したモノが到着
深夜、さんざんネット検索して迷いに迷ったのです。

実物を見ない状態での色選びはドキドキしますね。
パソコンの画面で見る色と実物がどのくらい違うのかわからないけど
パソコンの画面上で、何度も色合わせをして迷いました。
布を二色、合わせて 9.5 メートル も購入したの。

生地の名前って呪文みたいじゃないですかー(笑)
知識がないので、
実際どういう質感で、どういう性質のものなのかということも
ネットで調べてイメージするという手さぐり加減
車のシートカバーを自作するためなのだけど
なんか色々悩んじゃって。

結構な量を購入するのであまり高くない方がいいと思って
最初に選んだ生地は シーチング って綿の生地だったのだけど
いろいろ調べてみると色落ちすることがあるなんて書いてあったりして
それっていかほど??雨で濡れたりするとシートや洋服に移っちゃうの??
想像できん…、怖いからパス!
とか、
日に焼けると色褪せするから濃い色がいいかなと思ったけど
車内が暗い感じになるかな…
とか、
私はチェック柄が好きなのですが、
欲しい色はけっこう人気で在庫がなかったり…、合成繊維だったり…。

最後にたどり着いたサイトには
天然繊維で、しかも欲しい色のチェック柄が二種類あり
無地の柄とどちらを合わせるか画像を拡大して隣に並べて比較。
グレー ベージュ グレー ベージュ と交互に表示して迷いました。
無地の方の布地の色が
画面で見るとちょっと青みがかっているように見えたので
グレーの方が合いそうだったのですが、
ベージュ色、好きなんですよねー。
それにグレーが思ったより濃い色だったりすると暗くなっちゃいそうで。
もう、最悪合わなかったらチェックの方を別のものに買いなおそうと決め
好きな色のベージュを選びました。
シートカバーに使えなくても他のものを作ってもいいしと思って。

宅急便が届いたら即、開封。
祈る思いで見たら
どちらも自分のとても好きな感じの色で
安堵感と幸せ感でいっぱいになりました

なんかね、ちょいちょい袋の中を見ちゃうの。
画面で見た感じよりもずっと好みの感じだったから
その色を見るだけでホッコリしちゃうのです。
さんざん迷った苦労が報われたのも嬉しくてー。
この色の車内も落ち着けそうで、それを想像するのも幸せ。

これからカバーを作るという大仕事が待っています
シーチング生地をやめたので、
最初の予定の倍近くにお値段がアップしてしまいました
失敗したら大分カナシイデス……。
この幸せ感が崩れないよう
それなりのものを作れるといいなぁと思っています。

がんばるぞー !!


広告出ちゃった \(◎o◎)/

もう1ヵ月経ってしまったのね、うぅ…
書こうかなと思いつつ、まとまらないうちに
まぁいいかになり。。。
広告の表示を消すためにつらつらと書いてみます。

今クールは楽しみに見ているドラマがあるんです。
スクールカウンセラーが主人公の 「 明日の約束 」、
櫻井翔くん主演の 「 先に生まれただけの僕 」 。
録画して見られる時に見ているので
放送には追いつけていないのですけど。

明日の約束は、見ていてしんどいですねー…。
仲間さんも手塚さんもなかなかスゴイお母さんだし
生徒さんにああいうことが起こると、
学校側もどんなに苦しいかということも想像できるし…。
いろんな場面で、いろんな人の感情に焦点を合わせてしまい、
つ…疲れる…… と思いつつ見ています。
学校や家族、カウンセラーなどが
どのように描かれているのか気になるし、
見てしまった以上、どうなっていくのかも気になるので

ドラマなので突っ込んでも仕方ないかなとも思うのですが
養護教諭の先生はいないのか!?と
いつか登場する?と思いつつ見ていますが、
養護教諭の先生が出てくると主役のカウンセラーがボヤけてしまうから
出てこないかな?とも思ったりしています。
私が一番職場で連携しているのは養護教諭の先生だから
いずこに~??って最初に気になってしまいました。
ドラマのカウンセラーは毎日出勤しているし、
私とはいろいろ状況は違うとは思うけれどね。
真央ちゃんの生徒さんと話している雰囲気はイイ感じですね。
私はけっこう喋りすぎてしまうところがあるので
あのあまり邪魔をしないで聴く感じを見ると、ちょっと反省します

先に生まれただけの僕は、
私が働いている職場とちょっと似た部分があるので
こちらもどんな感じで描かれるのか楽しみに見ています。
こちらは学校が少しずつ良い方に変化していくのが感じられて
安心して見ていられます。
人間っていいな。。。と思えるような展開も好きです。
このドラマの脚本、救命病棟24時の福田靖さんなんですね。
なんか、納得~。
この学校には養護教諭の先生がちゃんと居て、大活躍ですね。
逆に、こちらにはカウンセラーは?と思ったり(笑)

もう一つ、とても楽しみにしているドラマがありました。
この前もう終わってしまったのですけど
この声をきみに 」 NHKのドラマです。
このドラマの前に 「 ブランケット・キャッツ 」 という
ニャンコがたくさん出てくるドラマが放送されていて
それが終わって、なんとなく次のものも見てみようかなという感じでした。

人の気持ちに鈍感で、偏屈な男が朗読教室と出あうことで
少しずつ少しずつ変わっていくんです。
最終回まで見ても、ちゃんとまだ主人公の不器用さや
考えの偏りなんかは残っていて変わりすぎない感じもホッとします。
1話目を見た時は、なんか地味?という気もしたのですが
面白くなっていく予感がしたので続けて見てみたのですがハマりました。

朗読教室では、同じ本を自分とは違う数人と聴きます。
当たり前だけど、それぞれがそれぞれのことを感じている…。
同じ題材でも、読み方 ( 伝え方 ) が違えば
受け取るものも変わります。
同じような出来事に出あっても
みんな感じることは違うということを
朗読教室では自然に体感できるのかもしれません。
一緒に学んでいる生徒役の杉本哲太さんが
主人公に積極的に関わってくれて温かくて大好きでした
最後は友情のようなものがうまれたりして。。。

このドラマに惹かれる理由は
私がミュージカルが好きな理由ともちょっと重なるかも
な気がします。
声を聴いて自分や人を感じるというところ。

主人公を演じている竹野内さんが
自分の感情に素直になっていく様子がとても魅力的でした。
「 ボクの心の中には埋めようのないポッカリがある 」
と1話目から言っていた主人公が最終話で
子どもの頃の自分に言ってやりたいと語ります。

「 心のポッカリがなくなることは永遠にない。
でもふいに心が熱くなる瞬間があって人生は悪くないよ、
そう思えるよ。むしろポッカリがあるからこそ、
そういう瞬間が訪れるのかもしれない 」 と。。。

すごーくステキなドラマでした。

モヤモヤ、イライラするのは……

久々にメンタル系?の記事を書いてみようかと。。。

私自身が
関わっていてモヤモヤ、イライラする人がいます。
また、他人とトラブルを起こしがちな人がいます。

そういう人に共通していることがあるかも…と
最近思ったことを書いてみたいと思います。

大雑把に言ってしまうと、
自分が動かずに、周りを動かそうとする傾向があるなということ。
それは自分の身体を使わなかったり、
使えなかったりするからというのもあるかな…と思うのです。
こちらが知らないだけで、
目に見えない障害がある方も中にはいらっしゃるかもしれませんが。

「 聞く 」 と 「 聴く 」
「 見る 」 と 「 視る 」

どちらも 「 みる 」 だし、どちらも 「 きく 」 です。
人の話をちゃんと 「 きく 」 という時は
後者を使うことがふさわしいと言われますね。
「 みる 」 は、明確には区別されないようですが
後者の場合、注視する・凝視するという熟語もあるように
より注意して視線を注ぐ、といった意味合いで使われることが多いようです。

なぜ、聴くと視るを例に挙げたかというと、
先に書いた
私がモヤモヤ、イライラしやすい人、
他人とトラブルを起こしがちな人に共通することの1つだと思ったからです。

障害がなければ
目も耳も使うことができて、見えるし、聞こえます。
見えるのに視ていない、聞こえるのに聴いていないと感じることが多く、
ちゃんとみた?
ちゃんときいた?
と問いたくなるのです。
見えると視るを混同していたり、
聞こえると聴くを混同していることが少なくないように感じます。

その人に何らかのしみ込んだ 「思い込み 」 がある場合、
視るや聴くを放棄してる?ようにさえ感じることもあります。

人はもともと備わっている、
見える機能、聞こえる機能を使いながら
視て、聴いて、受動性から能動性へと、
受動的であったり能動的であったり選ぶことができるようにと
成長していくものなのではないかなぁと思うのです。
子どもは親を見て、親から聞き、
親以外の人と出会うにつれ、
視ることや聴くことを育てていくのだと思うのです。
また、そういう機会が増えることで
自分が親以外にも、様々な人から支えられていることに
気づいていくのではないかなぁと思うのです。

視る、聴くというのは
知るということとの繋がりも大きいのではないかなぁ。

大人である私の周囲にいるのは大人がほとんどです。
視よう、聴こうということを普通にしている方には
私はあまり、モヤモヤしたりイライラしたりしていない気がします。
イラッとか、モヤッとか、瞬間的なものは当然ありますけど
私がモヤモヤしたりイライラしたりするのは、
その相手の中にあるモヤモヤしたりイライラしたりしている感情が
感染するからなのかもしれません。

視て、聴く機会が増えるほどに
見える範囲も広がります。
視野が広くなります。
よく見えれば、つまづいて転んで大けがをすることも少なくなります。
そういう実感を重ねている人は
危険を回避することに必死でもないから、
ゆとりがあるし、自然に周囲を思いやる気持ちを持っているように感じます。

視て、聴くということをしないで年齢だけ重ねると
見える範囲が狭く、不安ではないでしょうか。
モヤモヤしたり、イライラしたりすることも少なくないのではないでしょうか。
年齢を重ねていくほど、周囲との差を感じて
見えない自分と向き合うことがしんどくなるのではないかとも思います。
視る、聴くことに取り組まず
周囲を操作しようとしたり、
攻撃したりして自分の身を守ろうとすることもあるのではないかと思います。

今回の記事は、障害のある方のことは考えずに書いたのですが
注意深く視ることや聴くことが苦手だといわれる障害があります。
注意深く視られなくなる、聴くことができなくなることは
ゆとりがなくなれば誰にでもありうるし、
成長の過程でその部分を意識して過ごしてきた人も少なくないと思います。
障害のある方のことを説明するときに
今回記事にしたことを思い出すことは役に立つかもしれないな…と
思ったりもしました。



 | HOME |  »

☆ calendar

« | 2018-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

☆ Monthly

  

☆ Categories

☆ Recent Entries

☆ Recent Comments

☆ Recent Trackbacks

☆ Author

papierluftballon

papierluftballon

 心の持ち方や行動の仕方と
 体調の関係、
 体つきや動作と心の関係…。
 自分なりの
 こたえを見つけることが
 最近のテーマ?な感じ。。
 

FC2Ad