晴れのちトキドキ曇り。。☆ Part2

書きたくなった時に気ままに思いをつらつらと…。

悪くはなかったのかな…

お久しぶりです

久々にお仕事系の記事をば。。。

最近、ある生徒さんから
3年間ありがとうございました
というようなお礼の言葉をもらいました。

お礼の言葉をもらう機会は少なくないのですが、
今回の場合は私にとってかなり感慨深いものがありまして…。

私の相談室に来談する子どもたちの傾向は
10年くらい前 とはだいぶ変わってきています。

動から静に変化?って感じかな… ( 意味不明?

以前の方が外に見えるSOSが派手だったように思います。
深く切ってしまうリストカットや派手な反抗・反発、
わかりやすい感情の変化など。
以前は年に1人くらいは統合失調症のケースに出あっていましたが
ここ数年は全く出あっていません。

ここ数年もっとも多いのが
発達障害やそのグレーゾーン?と思えるようなケースです。
診断されて入学してくる子も増えましたが
診断されていないけれど、
子どもたちを見慣れた先生方が見ると
差がないのでは?と思えるようなケースが少なくありません。

困っているということ自体を認識することが不得手だったり、
言葉にして出すということがひどく不得手だったりで、
私と関わることで何かプラスになればと
そんな理由で先生方に紹介されてくるケースも増えました。

俗にいうカウンセリングという時間にはならないケースも多く、
これでいいのか…?という不安を抱えつつ関わっています。
以前も主体的に動く子どもたちは多くなかったので
そういう傾向はありましたが、
ここ数年、その度合いはさらに増していました。
私一人で抱えているのではなく、
先生方と協力しつつ関わっているのでそこにもだいぶ助けられていますが。

先の生徒さんは、その中でも
これでいいのか…??ということを
最も感じつつ関わっていた子だったのです。

面談の時間中もその子が自発的に話をすることは一切なかったし
こちらが話をふっても興味の範囲は極めて狭くて深まることもなく、
内容も同年代の子と比べると子どもっぽさが際立っていました。

自発的にお礼の言葉を発するということは想像できなかったので
その場では驚きが強くて、一瞬混乱しました
「 私もありがとうね。いっぱい来てくれたし、いっぱい話したね 」 と
わちゃわちゃしながら(笑)応えました。

ありがとうという気持ちをどれだけ感じて発してくれているのかは
わかりません。
こういう時にはこうするべきだと教わっていて発した言葉だったかもしれません。
でも、私にとってはとても意外でした。
このタイミングでこの言葉を相手に言おうと選択したということが
とても意外でした。

面談が終わってから、若干放心状態だった私。
ジワジワと感動が湧き上がってきて
共に今後を案じていた養護教諭の先生にウルウルしながら話しました。

私と会う時間がその子のためになっているんだろうか…と
感じ続けていた3年間でしたが
その一言に救われる思いでした。

卒業のためにやりたくないことをしなければならなかった3年間は
その子にとってかなりしんどい期間だったのではないかと思います。
今は進む方向もなんとか決まり、
心身ともにひと段落してゆったりした時間をすごしているところだと思います。
本来の自分でいられる時だったからそういう言葉を発してくれたのかもしれません。

義務教育の期間は、
比較的、無理をせずやってこられても、
その後は社会に出て、自立していくということを考えていかなければなりません。
経済的にゆとりがあったり、学ぶ気があれば、
社会に出ることを先延ばしにできますが
どちらもあまりない…という
そういう場合、今までやれてこなかったことを
急にやらなければならないという感じになることも多いです…。

どういう子どもの多く集まる学校かで差も大きいと思います。
私がいるところは学力だけでなく、
生活の中で身に着けてこられなかったものをいろいろと持っている
子どもたちが少なくありません。

この頃、子どもたちと話していて混乱することがあるのですが、
こう言った、ああ言ったと話していても
ラインやツイッターでのやりとりであることがよくあり…。
” 言った ” というより ” 書いた ” じゃないの?と思います
直接、面と向かってじゃないのね  と…。

ムカついたら、相手に言わずにネットに書くなど
面と向かっての感情の交流が
昔と比べて減っていると感じています。
どうやって人と関わるかというのを、
直接関わりながら工夫するという機会も減っているように思います。
相手がどう思っているかを
ラインやツイッターでチェックしたりして。

言葉で表現できない、赤ちゃんや小さい子どもが
本能のままに求めたり、感情を出したりするのを
感じとって関わっていくという力を育てていく機会も減っていないだろうか…?
という気もしてしまいます。

直接的なコミュニケーションをがっつりと取れる時間という点では
今の子どもたちにとっては
けっこう私と話す場は貴重な場かもしれません。
私が関わることのできる期間は短く、
課題も多い子どもたちに
次の段階に持って行ってもらえるものはどのくらいあるのかな…
とも思いますが、
少しでも次に繋がるように…と願うばかりです。



ミュージカル 『 貴婦人の訪問 』 観劇

昨年の12月、
貴婦人の訪問を観てきてすぐに感想をちょっとだけ書きましたが、
なんか、「 よかったー! 」 しか書かなかった気がして
その感想の続きを書いていたのですが、途中になってて…

広告が表示されてしまったので、UPしたいと思います。
途中までになるかもですが
そして記憶も薄れてきているので思い出せないかも…
なにしろまるっと1ヵ月経っているので…。

この感想は、いざ書こうとするとまとまらなくて、
書き進められなかったんですよね…

私はわりといつもは、作品を観に行くというよりは
役者さんどうしの相互作用とか、どんなふうに舞台で生きているのかとか、
そういうものを楽しんでいる気がします。
そこに山口さんは居ないともちろんダメですよっ(笑)

でも、今回はそういうものを楽しんできたという感じではなかったかもしれません。
役者さんの表現によって
” 人間ってこういうところがあるよね ”
っていうものをたくさん感じさせられたというか…、
自分のいろんな部分を思い出させられたというか…。

クレアが街にやってきてから、人々が変化していくのですが
その変わっていく時の感情の変化や行動の変化、
変わって行くことに無自覚な人と、自覚している人、
その中で翻弄される山口さん演じるアルフレッドも、
感情や行動が変化していきます。
この ” 変化 ” にいろんな感情が湧きました。

人は変わります。
でも、どんなふうに変わるかは人それぞれですよね。
カウンセリングの仕事をしていても相談者の変化には常に注意を払っているし、
日常でも自分や自分の周囲で変化が起こることは珍しくありません。
日常の感情とリンクすることも多かったです。

今回の私の観劇ポイントは
 1.できるだけ多く歌詞を聴き取る ( 笑 )
 2.アルフレッドが、覚悟ができたと歌うまでの心の動きを感じ取る
 3.今井さん、中山さん、今さん、禅さんのお芝居をもうちょっと良く観る
でした。
前回は全部で4回観たのですが、
涼風さんの存在感がすごくて、そこにばかり焦点が当たりがちだったので…。
そこが一番わかりやすかったっていうのもあるかな

1.の歌詞は、前回よりは多く聴き取れましたが、
4人とかで歌ったりすると辛い
どこかに焦点を当てて聴いていると別のパートは聴こえなかったりして。
聖徳太子ヘルプミー!って感じ(笑)
禅さんたちが4人で歌う、ダメだ考えてどうなるんだの歌なんか
禅さんに引っ張られてしまって、
上で他の3人がどう歌っているのかよく聞こえず
その後の市長たちを見ていく上で大事そうな部分なんだけど、
3回観て、3回とも聴き取れませんでした
禅さんの声が悲痛で、どうしてもそこに耳が行っちゃって…。
初演の時は禅さん、もうちょっと怒りが勝ってなかったっけ?と思いました。

前回は聴き取れなくて今回わかったこと。
クレアって7回も離婚してるんですね。
アルフレッドじゃないとダメだったってことなのかな…?

今井さんと今さんに関しては、今回はそんなにムカつきませんでした。
前回はムカついたのに。
この感じ方の違いはなんなんでしょうね。
今回は山口さんの感情に焦点を当てて観ていたので
アルフレッド目線だったのかもしれないです。
アルフレッドからは怒りよりも、混乱とか悲しみという形で伝わってきたので。
禅さんに引っ張られていたところもあったかもしれません。
今回は私の心を占めていた感情が、
無力感とか怒りとかではなく悲しみだったからかもしれません。

中山さんは、前回は2幕から人相変わった?って思いましたが
クレアの黒豹を捜索するあたりからだったんですね。
あれってメイクも変えているんでしょうか?
イッちゃってるような目でしたが、
普段善人な牧師なだけに、
悪い方へ行く時も思いっきりそっちへ振り切れてしまうっていう演技プラン?
狂ってるって感じがして怖かったです。
この黒豹を捜索するシーン、
人々が自分を正当化していくきっかけになっている感じがしました。
怖かったです。

今回観て思ったのですが、
アルフレッドは、校長先生には助けを求めに行かないんですよね。
教育者だからっていうのもあるのかもしれませんが、
校長は弱い…。
頼りにならないとアルフレッドは思ったのかも…。
この辺もなんか悲しいなぁと思います。
私なら校長のところに行きそうだな…。

涼風さんには今回はそんなに焦点を当てずに観ていました。
でも、相変わらずスゴかったです。。。

今回は前回感じ取れなかった山口さんの心情を感じ取る!ことが
大きな目標だったので、
山口さんをいつも以上 ( 笑 ) に
観る!観る!観る!って感じでした。


続きを読む »

昨年より全然いいー!!!

1ヵ月経って広告が表示されてしまったので、
それを消すためにちょっとだけ

今年再演のミュージカル、
『 貴婦人の訪問 』 を観てきました。
今回は名古屋だけの観劇です。
大阪も行きたかったけど、ちょっといろいろ重なっていて…。
話も重めなのがわかっていたので
チケットを取りませんでした。

昨年は、
初めて観た時はドンヨリと重い気持ちになったのですが
回数を重ねる度に、
観るポイントも増えてドンヨリ感はなくなり、
終わってしまった時はほんのり寂しさも感じたものでした。

前回は昨年の夏だったので、1年以上ぶりですが
前回より全然良かったです。
山口さんのお芝居も変わっていたし、
山口さんの喉の調子も前回より良さそうに感じました。
苦しそうに歌う箇所が減っているように感じて嬉しかったです。

数回観劇すると、
より多くの登場人物に焦点を当てられて
そうなることで、人物どうしのつながりなんかも違って見えてくる。
聞き取れなかった歌詞や、聞き逃した歌詞がわかると
感じ方も変わってくる…。
やっぱり面白いです、ミュージカル。

昼と夜の2公演、続けて観ましたがいろなことを感じました。
カンパニーの仲も良さそうなので、
お芝居でも人物どうしが上手くかみ合っているように
感じました。

人の弱さや優しさや愛。。。
ベテラン勢がすごくカッコイイです。

昨年観て、イマイチ?と思って迷ってらっしゃる方は
行かれるといいかも!!
名古屋は空席、ありそうでしたよ。

と、ちょっとだけと言いつつ
書き出すと長くなってしまいそう。

続きはまた別記事にするかも。。。

ミカンのシロップ漬け ☆

毎年、勤務している学校の先生がたくさんのみかんを下さいます
超シアワセ~
ドサドサと下さるのですが
今回のミカンは、ちょいと私には酸っぱくて

なので、甘くして食べることにしたのでした。
ハチミツ漬けとシロップ漬けにして。
ハチミツの方は洗って切って、皮ごとハチミツに漬け込むだけです。
農薬を使っていないそうなので、皮も食べちゃえます

シロップ漬けの方は
お湯に重曹を溶かしてそこにミカンを一房ずつバラしたものを入れ、
薄皮が軟らかくなったら冷水に取り、皮を洗って取ります。

                          これが洗って皮を取ったもの  

みかんシロップ漬け市販の
ミカンの缶詰めみたいで
テンション上がりました

重曹に浸けすぎると
ボロボロに
砕けてしまったりするので
お鍋から引き上げるタイミングが
難しかったです。

重曹を良く落とさないと
苦いらしいので、
一房一房丁寧に洗ったのですが
少~し骨が折れました

でも美味しく食べるため!

頑張りましたよっ



レシピはこちらを参考にしました。
  http://cookpad.com/recipe/2499887

私はカップ2のお水にカップ1のグラニュー糖を入れて火にかけ、
溶けたら、レモン汁の代わりにオレンジリキュールを投入。
あとは、みかんを入れた瓶に注いで完成!
できたてはまだ酸っぱいので、何日か冷蔵庫に入れておきます。
ちょいちょい味をみて甘くなったら食べられます。

私はそれを製氷皿に入れて冷凍してます。
凍ったらジップロックに移しかえて保存。

お弁当のデザートにするので~す。

みかんシロップ漬け


緑だー!! \(*^。^*)/

豆麹今日、中を見たら
緑色になっていましたー!!! ( 嬉 )

金曜の夜から豆麹づくりをスタート。
土曜の夜から麹カビちゃんの培養を始め、
昨日(日曜日)の夜の段階では
カビは増えているようでしたが
購入したお店で紹介しているような
緑色の状態ではなく、白い色。
いっぱい茹でちゃったのに失敗か??
と思ったけど・・・・・

良くない?
お手本のようにきれいに緑色じゃないし、ところどころハゲハゲだけど
はぜまわりっていうんだっけ?ウチの場合はハゲまくり? ( 笑 )
それがあんまりよろしくない気もするけれど、これで良いことにして
味噌を仕込んでみようと思っています。
まだ季節的に少し暖かくて雑菌が心配なので、
もうちょっと寒くなってから。

備忘録的に今回の記録を残しておこうと思います。
 使用した大豆 : 有機か減農薬な大豆1kg  520 円
           ( 職場近くの有機ものが多く置いてあるお店で購入。
            毎年購入してるお店は800円くらいだからちょいとお値打ち ) 
 使用した種麹 : 豆麹用種麹【金山寺用】20g(10kg分)-京都「菱六」特製 409 円
           ( この種麹、購入したのは2014年の12月でした  
            米麹づくりに失敗してやる気がしぼんで、
             こちらの麹は開けずじまいで冷蔵庫に入っていました。
            もうすぐ2年になってしまいますが
            冷蔵庫でちゃんと死なずに生きていてくれたようです  )

豆麹づくり
 1.金曜の夜23時くらい
   大豆を洗い、水に浸けておく

 2.土曜の晩御飯後 ( 21時くらいから? )
   大豆を茹でて、種麹をまぶす
    ・ 大豆を茹でて灰汁をとってから圧力鍋へ。
    ・ 鍋に火をかけている間に、大豆を入れる箱と温度計を準備。
    ・ 大豆にのせる布巾を煮沸消毒。
    ・ 使う道具を消毒。
    ・ テーブルにクラフトフィルムをひいて、消毒し、茹でた大豆をのせる。
    ・ 茶こしで種麹をふりかけて混ぜる。
      失敗が嫌なので 1kg あたり 2g のところを 8g くらい使ったかも。
     ( はったい粉を使う方が多いみたいですが、私は種麹だけにしました。
      購入したお店の作り方でも使ってなかったので、
      それでも可能なのならそれでいこうと思って )
 
 3.土曜日深夜 ( 25時くらいから )
   培養スタート
    30度のところで保温するようだったので、私はコタツに入れました。
   麹の温度が順調に上がってきたので、
   ちゃんとカビが増えていると安心しましたが
   寝ている間に温度が上がり過ぎるのが怖いので、コタツの布団を上げ、
   麹の箱はコタツの隅っこに置きました。
   大豆のいい香りがプンプン香っていました。

  4.日曜日19時頃
   手入れ1回目
   大豆は白いけれど菌と菌で繋がっているのか固まっていました。
   『 おおー!! 』 と感動しながらほぐしました。
   この作業までに温度がけっこう上がっていて35度を超えてしまうので
   コタツは切っていました。
   コタツを切っても36度以上まで上がって、大丈夫?とハラハラしましたが
   とりあえず、
   納豆臭さはないし変なにおいもしないし…と手入れを待っていました。
   ほぐして混ぜたらちょっとは温度が下がる?と思って様子を見ていましたが
   ぐんぐん上がってきました
   前日の記事にも書きましたが、厚みがありすぎるから上がるのか?と思い
   2つの容器に分けました。

  5.日曜日23時頃
    麹を2つに分ける
    少し、醗酵バケツに移動させる。
     ( こちらは29度から30度を保っていました )
    箱の方は分けた時は33度くらいでしたが、
    やはりだんだん上がってきました。

 6.月曜日10時頃
   出麹
   2回目の手入れはどこにいった??という感じですが
   ここで2回目の手入れをして、
   もう少し時間を置いても良かったのかもしれないと後で思いました。
   開けてみたら、緑色が見えたので 『 できたー!! \(^o^)/ 』 と
   思ってしまったのです
   ハゲてるけどいいよね?
   緑色だしいいよね?
   「 うん、いい! 」 と心の私が答えたので

 7.ジップロックに入れて冷凍庫へ
   すぐに冷凍庫に入れてもいいのか??わからん??
   と思ったのですが入れちゃいました。
   いままでヌクヌクしていた育ったばかりの麹ちゃんたち。
   「 寒っ!! 」 となって死んじゃわないかちょっと心配ですが、
   そういった細かい情報がないので、入れてしまいました。
   豆麹の重さは全部で、1907g でした。
   最初の乾燥豆の量からどのくらい増えるのか減るのかというのも
   情報が少なくわかりません。
   茹で上がりよりも減ったという人は多いみたいですが。
   大豆は茹でると2.3倍くらいに増えるそうなので、
   400g くらい減ったのかな。
   それは多いのか少ないのか???


感想&反省&いろいろ

米麹を失敗していたので、麹を培養する方法も少し変えました。
使用した箱は米麹の時に使ったものと同じです。
100均で買った組み立て式の紙の整理箱( サイズは38×26×12.5㎝ )。
この箱の中をビニールシートで覆って、大豆を直接そこに入れました。
大豆の上には固く絞った布巾、
その上は大きめに切ったシートをふわっとかぶせていました。
ビニールシートはコレを使いました いきいきファームシート
醗酵バケツを購入した会社の商品。
ガーデニングと虫よけに収納ケースに入れるために買ってあったのですが
麹の成長を促進してくれるかも?雑菌を防いでくれるかも?と思い
使ってみることにしました。
このシートの消毒は、
味噌を仕込むときに使ってうまくいった お豆の力 』 を使いました。
大豆どうしだし相性いいかもと思って。

大豆は茹でるより、蒸した方がいいみたいなのですが
灰汁はどうなるの??と思って
少し灰汁をとってから圧力鍋に入れる方法をとりました。
市販のお味噌でもエグイお味噌に出合ったことがあるので
そうなるのが怖くて。
圧力鍋の圧力が下がるのをまってから大豆を出したのですが
柔らかくしすぎだったかもと思いました。
ハゲハゲになった原因の1つかも?と。
大豆が崩れたカスもけっこうあったので途中で圧を下げた方が
良かったかもと思いました。

1回目の手入れの時、大豆が緑色になっていないことと、
温度があがりすぎることが怖くて容器を2つに分けたのですが
最終的には温度の高かった箱に入っていた方が緑色は濃かったです。
35度を超えていても大丈夫だったの?と思いました。
醗酵バケツに移動した方は、もう少し置いておけばゆっくり緑になったのかなぁ。

なんとなく、成功??と思っています。
米麹の時よりは良さげな感じがしています。

米麹、リベンジしたくなっちゃいました ( 笑 )



***** 関 連 記 事 *************

・ 生き物は簡単じゃなぁ~いっ

«  | HOME |  »

☆ calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

☆ Monthly

  

☆ Categories

☆ BlogPet

☆ Recent Entries

☆ Recent Comments

☆ Recent Trackbacks

☆ Author

papierluftballon

papierluftballon

 心の持ち方や行動の仕方と
 体調の関係、
 体つきや動作と心の関係…。
 自分なりの
 こたえを見つけることが
 最近のテーマ?な感じ。。
 

FC2Ad